【ビデオ】上半身の問題はこれで一発解決

2018.08.05
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「上半身の問題はこれで一発解決」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ゴルフスイング全体の動きの中で
スイングを無駄に難しくしていることはいくつかありますが、
その中でも筆頭格となるのが右肘の横移動です。

そして、バックスイングだけを見ても、
右肘の横移動で誘発されている
やってはいけない動きがいくつかあります。

例えば。。。

(続きはビデオにて)

上半身の問題はこれで一発解決

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf180805/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

右肘を背中側へ引く&前腕を右に力で捻る

やってはいけない動き、それは例えば
右肘を背中側へ引く力を入れることでクラブをインサイドに引くとか、
前腕を右に力で捻る動きでフェースを開く問題です。

フェースを開くことは右肘のシフトとは関係なさそうに見えますが、
実は密接な関係があります。

フェースを開こうとすると、右肘は右に動かしたほうが楽に開けます。

また、今ではすべてのドライバーが大型ヘッドになったと言えますが、
大型ヘッドを力で開閉すると遅延が発生してコントロールが難しくなります。

特にバックスイングでヘッドが腰の高さで開きすぎていると、
ボールヒットでフェースはセットアップの向きより開きやすくなります。

そのため、スライスやプッシュアウト、
さらには力で閉じすぎてフックや引っ掛けにもなり、
左右どっちに行くか打つまで分からないショットになります。

それでは戦略を練ったラウンドなどできるはずはありません。

ちなみみにヘッドの下側のラインであるリーディングエッジが、
上半身の前傾角度と垂直の中間より立っていたら開きすぎです。

ところでよく勘違いされることですが、
フルショットの様に手元が腰の高さよりも上にあがる場合は、
右肘が浮く動きは問題ありません。

ただし腕とクラブを力で上に押しあげようとすると問題となります。

バックスイングで脚を使って
動いてきたヘッドの勢いで右肘が上に持ちあげられて浮くことは、
ヘッドの動きに対する自然な動きです。

ドリルで解決

そこで、今回はスイングの要となる腰から下程度の範囲で、
本来の右肘のあるべき姿を習得するドリルを見てみようと思います。

スタンスの幅が腰の幅で脚を使い切ったら、
手元は腰の高さぐらいになります。

そして、腰から下程度のスイングとなると、
サンド・ウエッジで15yキャリーさせるSW15yCです。

脚を使い切るまでは右肘は体幹に対して動かないほど、
様々な問題も発生せずスイングは簡単になります。

そこでドリルとして「長い靴べら両腕挟みSW15yC」をやってみましょう。

長い靴べらを両腕の間に挟んでSW15yCを行うことで、
右肘が横に動かないことを体験できます。

「長い靴べら両腕挟みSW15yC」のやり方

100円ショップでも売っている、長めの靴べらを用意します。

と言うか、ほとんどの練習場には各打席に置いてあったりします。

特に靴べらである必然的な理由がある訳ではありません。

胸と両腕の幅を足した分より長くて、
腕や胸が押されても痛くない程度の面があれば良いです。

とりあえず今は靴べらを手にしているので、
靴べらでSW15yCをやってみます。

普段のスイングで右肘を体幹に対して
横に動かしながクラブを振っていたなら、かなり窮屈に感じます。

しかし、普段から正しく下半身の動きを原動力としてスイング出来ていたなら、
それほど違和感もなくショットできます。

さらなるメリット

「長い靴べら両腕挟みSW15yC」では、
肘が左右に動かなくなることで色々な問題を解消できること以外にも
さまざまなメリットがあります。

例えばセットアップで右腕が突っ張っているために
右腕の力でフェースを閉じる動きを行ったり、
ハンドダウンすぎることなども修正できます。

ここでハンドダウン問題を詳しく見てみましょう。

本来はセットアップで
シャフトがおへその高さの左股関節前を向くことが自然な構えです。

ここで自然と言った理由は、
ボールヒットに向かって出来るだけ無駄なコントロールをしなくても
良いと言う意味での自然です。

ゴルフのグリップでは、左右の手の前後差があります。

両手の前後差があり、
クラブが遠心力で引っ張られたときに一番楽に支えられるポジションは、
シャフトがおへその少し上で左股関節前を向いた形です。

もし両手の前後差がなければ、肩のラインで首の付け根辺りを向きます。

そこで極端に両手の間を離してクラブを持ってみるとわかりますが、
楽にクラブを支えようとするとシャフトは右斜め前を向きます。

このときにシャフトを体の正面にセットしようとしたら、
左手首には甲側に折る余計な力を入れなければなりません。

そして、セットアップで左手首に力を入れてヘッドを体に近づけていると、
ボールヒットに向かって遠心力でクラブが引っ張られるとダフリます。

最初から遠心力で引っ張られたような形にしておいても、
多少は腕が伸びたりヘッドのトウ側が垂れるトウ・ダウンで
ヘッドは体から離れます。

そのためボールヒットではセットアップよりもしなった状態でなければ、
ダフることになります。

そして、グリップがウィークだと、ボールが捕まらないのでハンドダウンにして
ロフトでフェースを左に向けようとするようになります。

グリップなども含めてスライスする要因を抱えていたり、
手首でコントロールしようとするとハンドダウンになりやすいです。

ハンドダウンにするとロフトでフェースが右を向くので
ボールは捕まりやすくなります。

そのためフェースが開いてスライスなどになったり、
ボールの曲がりやバックスピン、打ち出し角度などを
ハンドダウンの程度で調整できます。

ボールコントロールのためのハンドダウンは、
手に中でグリップを右に回してスタンスを広げながら
ボールから離れて調整します。

スタンスを広げて手元を落とすなら、
シャフトはおへその高さを向いたままにできるので、
番手をあげてショットする形となりスイングは変わりません。

しかし、ノーマルショットで恒常的にハンドダウンでは
ノーマルショットが不安定となるばかりか、
ダフリやすく、パワーも出しきれません。

ノーマルショットでハンドダウンではなく自然な構えにすれば、
最高のパフォーマンスを出せるとともに、
さまざまなバリエーションにも対応できます。

理想との違いもある

ここで、実際の理想的な動きと
「長い靴べら両腕挟みSW15yC」の違いを確認しておきます。

セットアップしてバックスイングを開始する直前での
グリップエンドと体の距離は理想的には拳2個分です。

お腹が出ているとかとなると判定が難しくなりますが、
骨盤と肋骨の下を結んだラインとグリップエンドの距離を確認できれば良いです。

ところが両腕と胸の間に物を挟むと、
胸や腕の贅肉でこの手元と体の距離が遠すぎになる場合があります。

しかし、100金の靴べらぐらい薄いと、腕が太くなる分その重さでしなって、
そこそこちょうど良いぐらいになります。

あまりにも手元が体から離れすぎるなら、
右肘と左腰辺りのベルト通しをひもや自転車のゴムチューブで結んで
ショットしても靴べらの代用となります。

小さな振り幅での練習のメリット

SW15yCではスタンスの幅を腰の幅にセットして、
そのスタンスの幅の中で下半身を使い切ります。

そうすると、SW15yCでの動きはスタンスの幅を広げて
下半身の可動域が広がることに連動して、
より振り幅が大きなショットでも出来るようになります。

いきなりフルショットではなかなか修正できなかったり、
代償動作で余計な動きを行なってしまいます。

しかし、小さな振り幅の中で
スタンスの幅だけが狭くなった状況で練習することは、
動きを習得するには最高です。

第一に、短い距離ではボールはあまり曲がりません。

スイングをつくっているときにボールフライトを気にしすぎると、
悪い動きを誤魔化すさらに悪い動きを付け足してしまうものです。

ボールフライトを見てスイングを調整するのは、
小さな振り幅の中で修正しようとしていたことが
出来たかも知れないと感じたときです。

ようするに、最後の微調整がボールフライトでの調整です。

例えばスライス病から脱却したいと思ったなら、
スライスの根本原因を明らかにしておいて
それを小さな振りのショットで修正します。

グリップを見直すとか、打ち急ぎしないことや
切り返しの「間」をつくるなど色々あります。

それを、もしいきなりフルショットで修正しようとすると、
右腕を左に捻る力を入れるなどの悪い動きをたくさん積み重ねてしまうものです。

長い靴べらを先生にして、SW15yCですばやく上手くなりましょう。
 
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

アイアンを完璧に打ちたいのなら、

・なぜ、たくさんボールを
 打ってはいけないのか、知っていますか?

・なぜ、ダウンブローに打とうと思うほど、
 逆にダフリやトップが増えるか、知っていますか?

・なぜ、スイングが完璧でもミスショットが
 頻繁に出てしまうの、知っていますか?

小原大二郎プロによると、
「アイアンは苦労しないとダウンブローで打てない」
これは勘違いだと言います。

その勘違いを解消する方法はコチラ

http://g-live.info/click/odb_1808/

※8/8(水)までの期間限定

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: ショット基礎アプローチ, セットアップ, ドリル, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。