【ビデオ】ダウンスイングは案外インサイドに落ちる

2018.10.07
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ダウンスイングは案外インサイドに落ちる」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ダウンスイングではついつい手元が浮いてしまうものです。

その原因はトップから上半身の力で
打ちに行こうとすることはもちろんですが、
実は腰を回そうとしても手元は浮きます。

トップの形から体幹を左にターンさせたら、
手元はボール方向へ出ます。

そして、99%以上の方は。。。

(続きはビデオにて)

季節限定… 大森ワンデーレッスンのお誘い

と、本題に入る前に。。。

まる一日、レッスン漬けで上達を目指す私のレッスン

 「大森睦弘の脱力み飛ばし・ワンデーレッスン会」

大阪と岐阜のみ、各日程お一人ずつなら
まだお受けできるようです。

ワンデーレッスン会 in 大阪
日程:10月11日(木)/10月12日(金)/10月13日(土)
場所:井高野ゴルフセンター(大阪府)

http://g-live.info/click/ohmlg181011/

ワンデーレッスン会 in 岐阜
日程:10月19日(金)/10月20日(土)
場所:ニッケゴルフセンター(岐阜県)

http://g-live.info/click/ohmlg181019/

詳細についてはページの方をご確認ください。
少人数限定のレッスンとなっています。

定員に達し次第、受付終了となります。どうぞお早めに。
 

では、話を戻します。

ダウンスイングは案外インサイドに落ちる

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf181007/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

ほとんどが手元の浮いたダウンスイングに

99%以上の方はトップから打ちに行ったり、
腰を回そうとしています。

そのため、ほとんどのゴルファーでは、
手元が浮いたダウンスイングとなっています。

ダウンスイングでは手元をインサイドに落とすつもりでも、
インサイドすぎることはまずありません。

まさにトップからは手元を真下に落とすつもりにするほど、
スイングは簡単になります。

手元が浮くことの詳細

手元が浮くことの詳細を見てみます。

ヘッドスピードが高速になるボールヒット近辺では、
できるだけヘッドを走らせたいところが、
手元が浮くほどボールに合わせにいく作業が必要となります。

それでは、気持ちよく振り切れず、飛ばず曲がるショットになります。

ダウンスイングのできるだけ早い段階で
ヘッドを加速すれば良いだけの状態にすることで、
スイングは簡単で再現性も高く、思いっきりボールを叩くことができます。

クラブを振るだけのポジションとは、
インパクト面に乗った状態のことになります。

インパクトの面はボールに対して斜めになった面です。

ストレートのインパクト面とは、ストレートボールを打つときの
ボールにおけるターゲット方向とインパクトでのシャフトでできる面です。

ダウンスイングではインパクト面にできるだけ早く乗るほど、
ストレートを打つ場合のスイングは簡単になります。

なぜなら、ヘッドスピードが遅いタイミングで、
ヘッドを走らせれば良いだけの軌道に乗せることができるからです。

だいたい胸の高さあたりで、
インパクト面にクラブが乗ると理想的です。

ところが、手元が腰の高さになっても、
手元がインパクト面に乗っていないケースは多いです。

そして、ヘッドもまだインパクト面の上にあるなら、
上から下に抜けるアウトサイド・イン軌道でフェースの向きが
軌道より右を向いてヒットすればスライスです。

手元が浮かなくなると、スイングは急激にやさしくなります。

ダウンスイングでは、手元をインサイドに落とすつもりで
ショットしてみましよう。

ヘッドが垂れる

しかし、もしヘッドがインパクト面の下に出ていたら、
これは大変なことになります。

手元が上でヘッドが下ということは、まさにフェースを開いている状態で
これを「ヘッドが垂れる」と呼びます。

「ヘッドが垂れる」と、ボールヒットに向かっては
フェースを閉じる動きを行う必要があり、さらにそれは
ヘッドスピードがかなり早くなったタイミングでの動きとなります。

ボールは打つまで左右どっちに飛んでいくかわからないショットになります。

腰を回す

下半身を使ったほうが良いと思うと、
だいたいダウンスイングでいきなり腰を力で回そうとするものです。

そして、その場合はほぼ100%腰を水平に回そうとして、
右脚を引きつける力を出して無理やり腰の右サイドを回しています。

そうすると右膝外回りと呼ばれる、
右脚を引きつける力を出そうとすることで右腰をボール方向へ
出そうとするため、右腰と同時に右膝もボール方向へ出ます。

まさに、振り出し後方から見たら、
右膝が外を大きく回ってきて両腿の間に隙間が見えます。

ところが、腰を力で水平に回そうとすることで、
手元は浮いてしまいました。

そうなると思ったよりもインサイドに手元を落としてくる感じにするほど
インパクト面に早く乗ることができます。

ゆっくりシャドースイング

以前、何人か集まった中で
ゆっくりシャドースイングをご紹介したことがありました。

そして、同じメンバーで何回か集まったのですが、
最初に手元が案外インサイドに落ちることをお伝えしたのでした。

そうしたら、次回から全員がうまくインパクト面に
胸の高さ辺りまでに乗るようになっていて
驚いたことがありました。

1回のスイングを20秒以上かけて行うゆっくりシャドースイングなら、
誰でも簡単に手元を正しく落とすことを経験することができます。

ガラス窓などシルエットだけでも映せる物の前で、
クラブを持って前傾します。

そして、ヘッドに対するシャフトの付け根と
右肘の下を結ぶラインを窓ガラスなどに印をつけておきます。

このラインのことをライトエルボーラインと呼びます。

後は、バックスイングしてダウンスイングするときに、
このライトエルボーラインにできるだけ早く
シャフトを乗せようとすれば良いです。

手元は真下で、シャフトは垂直に立てて
落としてくるつもりでちょうど良く
ライトエルボーラインに乗せることができます。

ダウンスイングで腰は左にターンしてくるので
特に実際のショットではヘッドが置いていかれ気味になります。

そうすると、シャフトは垂直にしているつもりでも、
ちょうどライトエルボーラインにクラブが乗ります。

「グリップエンド柱ずりおろし」ドリル

もうひとつ手元を落としてくるイメージを
体験できるドリルがあります。

それは「グリップエンド柱ずりおろし」ドリルです。

柱など、できるだけ細い支えに沿って、
グリップエンドを押し当てたままダウンスイングします。

右足のくるぶし辺りを柱などに合わせで立って、
トップの形をつくってからグリップエンドを柱などに当てて、
そこからダウンスイングをゆっくり行います。

柱などに当てたグリップエンドが真っ直ぐ真下に
降りてくるようにすれば良いです。

極端にやるとすると、
グリップエンドが膝の高さぐらいまで降ろしてきてみることも
良い体験になります。

実際のショットでもダウンスイングでは
グリップエンドはできるだけ振り出し後方へ向けたまま
手元を真下に落とそうとしましょう。

「グリップエンド柱ずりおろし」で下半身の動きも習得

この「グリップエンド柱ずりおろし」では上半身の動きだけではなく、
腰を力で回そうとしないで股関節を重力で入れる動きも体験できます。

腰は力で回そうとしなくても、
トップに向かう切り返しから両脚で地面を踏もうとすれば、
勝手に腰は左にターンしてセットアップの向きまで戻ります。

まさに、バックスイングでは
セットアップでの上半身の前傾角度を維持して
体幹は背骨を中心に右にターンします。

そうすると、背骨の前側の重い内臓や両腕は
右斜め上にあがってきます。

内臓と両腕の重さを足したら
体重の3分の1ぐらいにもなります。

頭の高さはセットアップのまま上にあがっていなくても、
重心としては体重の3分の1が20cmぐらいは
上にあがっているのがトップです。

その右斜め上にあがった重心を下に落とそうとするだけで、
腰はセットアップのポジションまで戻ってくれます。

重力に任せて下半身をターンさせ、
下半身のターンに連動して体幹がターンしてくること以外に
力を入れて腰を回そうとしないほど、手元は下に落とすことができます。

インサイドに落そうとすると右肘が心配?

インサイドに落そうとすると
右肘が体幹の右外に外れることが心配になったりします。

ところが、セットアップでひとつのことを守れば、
右肘はまず外れることはありません。

それは、セットアップで右肘の内側である
えくぼを上に向けておくことです。

肘が向いた方向へ腕は動きやすいものですが、
えくぼを上に向けることで肘は下を向いてくれます。

右肘が右を向いていると、
腕は簡単に体幹に対して右に動いてしまいます。

たったこれだけのことですが、かなり強力なコツですから、
セットアップで右肘のえくぼの向きをしっかりチェックしましょう。

セットアップで右肘のえくぼさえ上を向いていれば、
ダウンスイングでは手元をインサイドに落とすつもりでも、
インサイドすぎることはありません。

どんどん手元をインサイドに落として
簡単なスイングで気持ち良くボールを飛ばしましょう。

「脱力み飛ばし・ワンデーレッスン会」へのお誘い

繰り返しになりますが、
まる一日、レッスン漬けで上達を目指す私のレッスン

 「大森睦弘の脱力み飛ばし・ワンデーレッスン会」

大阪と岐阜のみ、各日程お一人ずつなら
まだお受けできるようです。

ワンデーレッスン会 in 大阪
日程:10月11日(木)/10月12日(金)/10月13日(土)
場所:井高野ゴルフセンター(大阪府)

http://g-live.info/click/ohmlg181011/

ワンデーレッスン会 in 岐阜
日程:10月19日(金)/10月20日(土)
場所:ニッケゴルフセンター(岐阜県)

http://g-live.info/click/ohmlg181019/

詳細についてはページの方をご確認ください。
少人数限定のレッスンとなっています。

定員に達し次第、受付終了となります。どうぞお早めに。
 
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

「ゴルフにはトッププロも必ず立ち返る型がある…」

もしあなたが、

・長年更新出来なかったベストを更新したい
・1ステージ上のゴルフがしたい
・確実に飛距離を伸ばしたい

これらのうち、1つでも思い当たることがあるのなら…

数々の名選手を一流ゴルファーにしたコーチが、
「困った時はこのスイングに戻れ」とまで言わしめる
最高のスイングをココで学んで下さい。

http://g-live.info/click/edbh_1810/

ゴルフライブ限定公開。他では手に入りません

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: アウトサイドイン, インサイドアウト, インパクト, シャドースイング, ダウンスイング, ドリル, ビデオ, 下半身, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】ダウンスイングは案外インサイドに落ちる」への5件のフィードバック

  1. ftr463

    今回の先生のレッスンは、自分がうまくできなくてモヤモヤしているところをわかりやすく丁寧に解説いただいているので大変助かります。
    映像上のシャフトのラインをイメージしながらラインに乗せるようにゆっくりとスイングするなどして何とか自分のものにしようと努力しております。
    今後もよろしくお願いします。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「映像上のシャフトのラインをイメージしながらラインに乗せるようにゆっくりとスイング」

      ゆっくりシャドーで本来のインパクト面を感じることは、非常に良い練習ですので、飽きないで続けましょう。

      ついでながら、シャフトラインとは振り出し後方から見てセットアップでのシャフトの延長線ですが、インパクト面はこのラインよりも少し上になるのが効率の良いインパクトになります。それは、ライトエルボーラインです。ライトエルボーラインは、振り出し後方から見てセットアップでのシャフトの付け根と右肘の下を結んだラインです。遠心力で引っ張られて少しだけ手元が浮いた状態が最良のインパクト面ですので、このライトエルボーラインを意識してダウンスイングでこのラインに乗せるようにしましょう。

      返信
      1. ftr463

        ご丁寧にありがとうございます。
        ライトエルボーラインについて以前の動画「ボールヒットでこのラインを外すな(2018.1.28)」を確認させていただきました。しかし先生のスイングは見事にラインに乗っていて凄いですね。自分もこのようなスイングを目指して頑張ってみます。

        返信
  2. Kimitsu

    大森コーチ、いつも分かりやすい解説をありがとうございございます。切り返しで腕を真下にストンと落としてクラブをスイングプレーンに乗せる動きは多くのプロのスイング動画に共通する動きであることに少し前から気づいていました。この動きは腰から腰のビジネスゾーンからドライバーのフルショットまで同じなので、小さなスイング練習でフルショットのフォームを作る為にも非常に重要なポイントであると注目していましたが、今回大森コーチに詳しく解説して戴いたことで大変理解が深まり、やっぱりそうだったんだ!と言う確信が持てました。クラブがスイングプレーンに乗ってしまえば下半身リードで思い切りスイングしてもミート率を損なわずにインパクトからフォローに打ち抜けるので飛距離アップのためにも最重要なゴルフの真理(ちょっと大袈裟でしょうか)と考えています。
    また、これを行うに当たって陥りがちな2つのエラーである、腕が体の右に外れることと、ヘッドが垂れることにも言及されていて、その対処方法も解説されていることに感動しました。ちなみに私は両方のエラーにはまって、ダフリ、右プッシュアウト、強烈なスライスを経験し、この2つを回避することの重要性を身をもって学びました。今回のビデオとPDFは、永久保存版として繰り返し参考にさせて戴きたいと思います。どうもありがとうございました。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      応援、ありがとうございます。

      読み返す度に新たな発見があるような、論理の飛躍や説明が足りないことの無いように、私も努力させていただいています。そのことをしっかり噛み締めて理解していただけることは、私にとって何よりの心の支えとなります。

      読んで考え脳神経回路のつなぎ変えが発生すると、以前は読み飛ばしていたり、理解に至らなかったことにふと目が止まる事もあります。

      更に練習していて疑問が出てきたときに、もう一度読み返してみたら実はそこに答えが書いてあったりします。

      ただし、そのために文章が冗長になってしまい、色々お叱りのコメントも頂くこともありますが、一人でも多くの方に私が重要だとか正しいと信じる内容をお伝えしていこうと思っています。

      このメリマガの主旨からするなら、本来はもっと軽いノリの内容がより多くの読者の方々に見ていただけるのかもしれません。しかし、まずは私にしかできないことを私なりにお伝えすることに、できる限りのエネルギーを割きたいと思っています。今後も応援、よろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。