【ビデオ】どっちのクラブが飛ぶ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.03.03
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

突然ですが、質問です。

昔のクラブと現代のクラブ、
どちらが飛ぶと思いますか?




答えは、
断然、現代のクラブのほうが飛びます。

パター、ドライバー、アイアン全てにおいて
クラブは進化しています。

アイアンに限っては40年前のクラブと比べると
3番手ほど違ってきます。

40年前に4番アイアンで飛んでた距離が、
今では7番アイアンで飛んでしまうのです。

では、昔と今のクラブでは
どのような違いがあるのでしょうか。




クラブの重量、長さ、ロフト角、素材
そしてボールとの相性。

様々な違いがあります。

簡単にまとめると、

昔のクラブは
シャフトが重くて、ヘッドが小さい

パワーがある人のほうが
飛距離が出やすいクラブでした。

しかし今のクラブは
シャフトが軽くなり
ヘッドも大型化してきています。

ゴルフクラブが進化しているんですから

使う側の私たちも
進化しなければなりませんね。



昔に比べて現代のクラブは、軽くなっているので
スイングしていく上で

スピードを出すことが非常に重要になります

スピードと聞くと
ヘッドスピードが思い浮かぶと思います。

確かにヘッドスピードが速いと
飛距離も出やすくなります。

しかし
闇雲にヘッドスピードを上げようと努力しても

体の使い方を間違えれば
飛距離アップどころか
ミスショットにつながってしまいます。

そこで今回の動画では
自宅でも簡単にできる
「スピードトレーニング」
を紹介しています。

ポイントは音です。

ヘッドスピードをあげて
体のスピードをあげるための
素振りです。

手首の使い方と、体の連動を意識して
精一杯のスピードで振っていきましょう。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。





服部コースケ


<本日のオススメ>
2018年最も売れたドライバーがこちら…

ドライバーの常識が変わるかも?
今年はどうやって飛距離を伸ばしますか

http://g-live.info/click/edu1w_1903/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】どっちのクラブが飛ぶ?」への1件のフィードバック

  1. YAYASU

    手首がうまくいきません。ゆるゆるのグリップにしてもです。先生の次のご指導メルマガで手首使用方法をスローモーションで
    お願いいたします。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。