ヘッドアップを確実に防ぐ方法

2020.02.29
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

ここ1週間でコロナの話題が、
さらに大きくなってきましたね。

全国の小中高校が
臨時休業という異例の対応。

テーマパークが次々と、
2週間以上の休業を発表。

「日本は安全」という
私たちの常識がくつがえり、
とんでもない緊張感が漂ってきました。

こんな状況でオリンピックはもちろん、
あちこちで開催されるゴルフコンペは
どうなってしまうのでしょうか。

私もかなり心配です。

本日のメルマガは、
動画で送らせて頂いたのですが、
いつものように体を動かす話ではありません。

この動画は知識として
覚えておいてほしいものです。

体を動かすとなると
練習場や庭や、ベランダなど
室内からでないといけませんよね。

ですが、
こんなにもコロナが騒がれていると
なかなか外に出る気が起きません。

ですので今日のレッスンは
家のソファでくつろぎながら見れるものを
準備させていただきました。

だからと言って
効果が薄いレッスンではありませんよ。

知っているか知っていないかで
スコアが大きく変わってくるので、
しっかりと覚えておいてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


動画内でも説明していますが、
ヘッドアップはアドレスの前傾角度を
インパクトまでキープできずに起こってしまいます。

ボールを目で追って起こることもありますが、
これは意識すればすぐに直るでしょう。

簡単に直せないのが
前傾角度をキープできないパターンです。

ヘッドアップは、ゴルフスイング中に
上半身が起き上がっているわけですから

クラブの軌道が不安定になり
ダフリやトップ、スライス、フックなどの
あらゆるミスショットにつながってしまいます。

ですので、
前傾を保とうとするのもいいですが、

動画でご紹介している通りに一つ
考え方を変えて、確実にヘッドアップを
防いでみてはいかがでしょうか。

とてもオススメです。



服部コースケ




追伸:

これまでレッスンには通ったことがない。
ゴルフ雑誌やゴルフのレッスン動画は見るけど
なかなか飛距離が伸びない…

ゴルフ仲間からアドバイスを貰うけど
みんな言ってることが違って混乱する…

今あなたがこんな状況だと
将来あなたのスイングに悪いクセが
付いてしまうかもしれません。

自分のスイングに変なクセがある
こんなことを少しでも感じたら…

このリセットプログラムを
試してみてください。

詳しくはこちら

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

ヘッドアップを確実に防ぐ方法」への1件のフィードバック

  1. やっちゃん

      服部先生有難うございます。
      ハンドアップが悪いと思い込んでおりました。しかし、柔軟性がない(硬いくて筋肉が衰えている)ので
     今回のご指導は、大変役立ちます。前傾姿勢を確立して春のラウンドに備えます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。