練習場でのスイング練習でやってはいけないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.07.03
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

本日、配信のメールにつきまして
メールのリンクから
記事に正しく移動しない不具合が生じておりました。

配信システムを点検し、
現在は正常に復旧しております。

メールを楽しみにされている皆様におかれましては
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

今後はこのようなことのないよう、
保守点検を徹底してまいります。

5月から6月にかけて
志賀プロと撮影した動画をお送りしてきましたが、

今週は、レッスン動画をお送りさせて頂きます。

以前レッスンをしていた生徒さんの中に、
20代で、ゴルフを始めたばかりの生徒さんがいました。

会社でも若手社員とのことで、仕事が相当忙しそうでしたが、
そんな中で練習時間もしっかり確保して練習場に通ったりと
とても熱心に上達を目指していました。

でも、そんな熱心さが
悪い方向作用してしまうことがありました。

彼はスイングで力んでしまうという悩みを抱えていて、
それが様々なミスの原因になっていました。

力んだスイングを長時間、
高頻度で続けていたので、
背中を疲労骨折してしまいました。

聞けば、その週は痛みで仰向けに寝れないほど
状態が悪化していたそうです。

練習頻度を確保することは一番大切で、
もちろん良いことです。

しかし、練習方法に気をつけないと
体を壊してしまったり、

上達の速度をかえって遅くしてしまいます。

そこで今日は
「練習場での心得や、練習プランのきめ方」
動画でお伝えしていきます。

それでは、
御覧ください。


 

冒頭でお伝えした生徒さんは怪我を体験し、
力みを抑えるというポイントに
より注力して練習するようにしたそうです。

そこから目に見えてスイングが柔らかくなり、
ミスの頻度もどんどん減っていきました。

あなたも、
練習場での動きを振り返る癖をつけてみてください。

それだけで、気持ちが落ち着いて
1打1打に意思を込めて打てるようになるでしょう。

小原大二郎
 


追伸

今日のメールに登場した男性ゴルファーが
力みを取るために何をしたか?

実は、あるアイアンを使って練習をしただけでした。

このアイアンを使って力みが取れることで

・振るだけで飛距離が伸びる
・ミート率アップそして方向性の向上
・ミスが減りスイングの再現性が高まる

という、スコアアップのために欠かせない
スイングスキルを身につけることができます。

とても人気毎回売り切れてしまうので、
気になる方は早めに確認してみてください。

詳細はこちら

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スコアアップ, ビデオ, 動画, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

練習場でのスイング練習でやってはいけないこと」への1件のフィードバック

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。