飛距離とスコアを底上げする!秘技・右手一本打ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.08.01
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

「片手打ち」

これは、ツアープロも
試合直前に必ず組み込む
効果抜群な練習の一つ

今日のメールはとても短い。

でも、もしあなたが今、
ドライバーの飛距離をもう少しだけ
伸ばしたいと思うのなら、、、

それも、できるだけ早く、
飛距離を伸ばしたいと思うのなら、、、

今日のメールでお伝えするドリルは、
あなたにきっと役立つことでしょう。

飛距離アップ、ミス解消の特効薬

どんなに筋トレをするよりも。
どんなに高額なレッスンを受けるよりも。
どんなに最新クラブへ買い替えるよりも。

最短で確実に飛距離を伸ばす、
そしてミスを減らしてスコアを縮める、
効果抜群なドリルが「片手打ち」です。

アイアンやウェッジの
片手打ちドリルならよく目にしますが、

とはいえ、実践されている方は、
それほど多くない印象なのですが…

今回は、
ドライバー飛距離を伸ばしたいということで、
ドライバーで片手打ちを実践して
もらおうと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


正直言うと、
ドライバーの片手打ちドリルは
かなり難易度が高いです。

最初はボールを上げるどころか、
まともにヒットさせることすら難しいでしょう。

ゴルフクラブの中で、
もっとも長いのがドライバーですから、
その分コントロールも難しくなってきます。

でも、当たらないなら
当たらないままで良いのです。

当たらないなら当たらないなりに
新しい発見ができるはずです。

 なぜ当たらないのか?

 いつも両手で打っているときと
 違う部分はどこなのか?

 しっかり当てるには
 一体どうすればいいのか?

片手打ちは、特にドライバーでは
腕だけで振っても絶対にボールは飛びません。

腕から肩、肩から上半身、
そして上半身から下半身まで同調したスイングが
出来たときに初めてボールが上がります。

片手でも飛ばせるように練習をするのですが、
その過程として、ボールが飛ばない状態に「気付き」、
なぜ飛ばないか考えることが大きな成長につながります。

今まで両手のドライバーショットでは気付かなかった
あなたのスイングの “問題点” を教えてくれるとても
効果的な練習ですのでぜひ試してみてください。

服部コースケ




<本日のオススメ>

アイアンを変えるだけで1番手アップ?
しかも今までのアイアンより簡単に打てる!?

このアイアンを使って練習をするだけで、

・振るだけで飛距離が伸びる
・ミート率アップそして方向性の向上
・ミスが減りスイングの再現性が高まる

という、スコアアップのために欠かせない
スイングスキルを身につけることができます。

気になる方は早めに確認してみてください。

https://g-live.info/click/docusiron_2007/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

飛距離とスコアを底上げする!秘技・右手一本打ち」への2件のフィードバック

  1. 松ちゃん

    アイアンの片手打ちを最近始め 少しですが、インパクトの時 今までのスイングとシャフト及びフェイの位置のずれを理解した気がします。
    明日からは、ドライバーの片手打ちに挑戦しようと思います、今から楽しみです。

    返信
  2. ライオンプレイヤー

    飛距離アップドリルを大変興味深く拝見しております。
    今回紹介頂いた右手片手打ちなんですが
    左手は行う必要は無いと理解して良いですか?
    左手が必要無い理由等もお聞かせ戴けたら嬉しいです。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。