パターで苦手なラインがある方へ…克服法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.08.18
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「パターで苦手なラインがある方へ…克服法は」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

突然ですが、あなたはパッティングで
苦手なラインがありますか?

もしあなたに、そういう「苦手」があるのであれば
今日の話は、ぜひ読んでいただきたい内容です。

パターの50%が「苦手」!?

苦手なラインとは、たとえば
 

 ・昔からスライスラインはなかなか入る気がしない。。。
 

とか、
 

 ・フックラインは全然イメージがわかない。。。
 

といったものです。
 

あなたはそんな苦手なラインはありませんか?
 

確かに、大きく曲がるような
難しいラインというのは、確かに存在します。

ですがそもそも、完全にまっすぐなラインというのは
ほとんどないわけです。

100%まっすぐというのはありませんし、
打った球というのは少なからず
どちらかに曲がるわけですから。。。

苦手なラインがあると、パッティングの半分を
「苦手」にしてしまっているとも言えるわけです。

なぜ、苦手なラインができるのか?

ではここで、あなたに質問です。

なぜ、そんな「苦手なライン」が
できてしまうのでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(なぜ、同じパッティングであるはずなのに、
 苦手ができるのか? ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

いかがでしょうか?
 

苦手なラインがあるということはすなわち、
 

 あなたのパッティングに
 何かしらの「クセ」が存在する

 

と言えます。
 

ではここでスライスとフック、それぞれの苦手意識を
「クセ別」に解説していきましょう。

スライス、フックが苦手な人の傾向

それぞれ、このような傾向が考えられます。
 

1.スライスラインが苦手になる傾向の人

 ・右を向いて構える人

 ・フェースが右を向いている人

 ・軌道がインサイドアウトの人

 ・打点がトウ寄りの人

 ・ボールポジションが右寄りの人

 ・球を押し出す癖のある人

  など
 

2.フックラインが苦手になる傾向の人

 ・左を向いて構える人

 ・フェースがかぶっている人

 ・軌道がアウトサイドインの人

 ・打点がヒール寄りの人

 ・ボールポジションが左寄りの人

 ・球をひっかけやすい人

  など
 

また、さらに言えば。。。

こうしたスライスライン、フックラインが苦手な方は、
いわゆる本当のまっすぐ、完璧なストレートラインも
得意とは言えない(苦手な)ことが多いです。
 

もちろん、誰しも人間なので、
クセというものは存在します。

だからこそ、
 

 ・ラインに対してまっすぐ構えて

 ・まっすぐストロークして

 ・パターの芯で打つ
  

まずは大前提として、これが出来る練習を
怠らないようにしたいものですね。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

【まもなく終了…】大森コーチ大絶賛の
伝説のオートマチック型パターが復活!

再入荷を心待ちにしてくださっているあなたへ…
大変お待たせしました。

前回販売と同時に大反響をいただいた
「構えて、振るだけのオートマチック型パター」
バイオメック・アキュロック・エース…

本数限定で入荷しました。
すでに一部、品切れとなっており、
まもなく終了が予想されますので… お急ぎ下さい。

コチラをクリック

なくなり次第終了
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

パターで苦手なラインがある方へ…克服法は」への1件のフィードバック

  1. サト

    コロナの事もありなかなか宮古島に行けないでいますが…
    今日はパットについて教えて下さい。
    プロはホールを超えるパットではほとんど3パットしませんがアマはこれが多いです。
    距離を合わせるパットと強めに入れにいくパットの打ち分け教えて下さい。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。