【おまけアリ】ゴルフを制したゴルファーも続けています…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.09.14
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

先日ミーティングのため
久しぶりに事務局へ行ったのですが、

自粛期間が明けてから
会うタイミングがなかったスタッフと
久しぶりに会えたので

少しお話をしました。

「自粛期間中はなにしてたの?」

と、聞くと…

「ベランダで家庭菜園してました!
日照不足でまったく育たなかったんですけどね…」

とか、

「運動不足気味だったんで
バランスボールに乗りながら在宅ワークしてました!」

とか…

「あ、あと自宅に籠るしかなかったので
ずっとパター練習してました!」



上2つはただの雑談なんですが…(笑)

たしかに先日実施したアンケートでも

長い自粛期間でゴルフの練習時間が増えた、

という結果がありました。

彼も自粛期間中は
室内で極めることのできる
パター練習に力を入れていたそうです。

パターの練習って
傍から見たら単一的な動作の繰り返しだし、

ラウンド中のパッティングとは違って
あまり盛り上がりがない…

毎日パッティングをやっている、という方も
あまり多くないのではないのでしょうか…?

パターを制するものはゴルフを制する

パターが占める
スコアの割合はご存知でしょうか…?

なんとその割合…

40%

パット数を減らしていくことが
100切りの近道になるのですが、

はたしてどれほどのゴルファーが
パターの練習に十分な時間を費やしているでしょうか?

「パット イズ マネー」

という言葉があるほど
プロの中ではパターの1打1打が
重要とされています。

まさに

パターを制するものがゴルフを制する

といっても
まったく過言ではないんです。

パター攻略のための練習法

では、そんなスコアで重要なパターですが
どうしたらいいのか…

①正確な距離感を養う

②まっすぐ打てる技術力を培う

聞くだけだと簡単そうに見えますが

実際にグリーンで難しいんですよね…

実際に芝上で練習できるのが一番ですが、
練習できるのであればパターマットでも、
カーペットでも…

どこでも構いません。

実際のゴルフ場と
条件は違うかもしれませんが

まずは日々の練習の積み重ねが
なによりも重要です。

そして

正しい距離感で真っ直ぐ打てるようになるために
におすすめしたいのは…

ショルダーストローク

手や腕の小さな筋肉を使うのではなく

背中の大きな筋肉を使って
パッティングを行うことで

安定したパッティングが実現します。

長めの棒1本を
みぞおちの高さに両脇で挟んでください。

その状態でパッティングを行うだけ。

ただ、
肘が縦回転するようにスイングを
行ってみてください。

肩の上下運動で打っていくような
形ですね。

こうすることで
方向性が安定し

パット数が減り
スコアアップに結びつきます。

正しいフォームを身に着け
パッティングを克服していってくださいね。

ここまで読んでいただいたあなたへおまけ…

今回のメルマガを書いているとき、
以前配信した動画を発見しました。

なんと配信日は2015年(笑)

今回のメルマガのテーマに即していたので
ちょっと載せてみますね。

ぜひご覧になってみてください。

いかがでしたか?

動画の中の私は5年分若いですが、

このときよりも筋肉量が増え、

日々の体作りの成果が
出ているのと感じました。

体作りやゴルフの練習は
日々の成果を実感しにくいものですが、

コツコツ、コツコツ
時間をかけてしっかりと取り組むことで

きちんと成果に現れます。
地道な練習も
日々の積み重ねによって

時間がかかっても
必ずあなたのスコアに現れます。

ゴルフ上達を目指して…

これからも一緒に
頑張っていきましょうね!

そのために、
メルマガで取り上げてほしいことや質問があれば
ぜひコメントに残してください。

また動画でお話させていただきますね。

〈本日のおすすめ〉

小原プロがベストスコアを更新した
一本のクラブ…

ご存知でしょうか?

徳嵩フィッターと
パター作りの鉄人・松本宏幸氏が
手を組み、

ついに完成した

「頭脳をもったパター」

これによって
ストロークを変えずとも

あなたは確実に
カップを捉えることができるようになります。

創業以来一度も
他社とのコラボ製品の製造をしてこなかった
「ヒロ。マツモト」ブランドが

今回初めて
「TKパター」とコラボし、
ついに完成した最新クラブ…

限定20本のみ
今回入荷することができました。

このパターが
あなたのゴルフ人生にどれだけの影響を与えるのか…

まずはこちらをチェックしてみてください。

https://g-live.info/click/tk_hm2009/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スコアアップ, ビデオ, 動画, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【おまけアリ】ゴルフを制したゴルファーも続けています…」への1件のフィードバック

  1. boxer777

    5年も継続して筋トレで鍛えると違いが物凄く分かって継続の大切さが分かります。最近飛ばしに力を入れているので是非筋トレについてもupして頂き参考にしたいです。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。