【ビデオ】本当はおススメしたいグリップの持ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.09.20
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「本当はおススメしたいグリップの持ち方」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

私のコーチングではグリップの向きについては
かなり厳しくお伝えしています。

しかし、グリップの持ち方の種類であるインターロックとか、
オーバーラップに関しては放任主義です。

なんですが。。。

(続きはビデオにて)

本当はおススメしたいグリップの持ち方

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf200920/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

グリップの向きではなく

おススメのグリップについて、お客様がご質問されたときには、
私の考えていることを真摯にお答えするようにしています。

そこで、私が普段お答えしていることは何かと言うと。。。

テンフィンガーグリップがおすすめ

それは、本当はテンフィンガーグリップが
一番良いと言うことです。

テンフィンガーグリップは、
単に両手の指を絡めないだけの形です。

まさに、左手の親指以外は
野球のバットを持つ感じでしょうか。

例えばオーバーラップからテンフィンガーにするには、
左手人差し指の上に被せていた右手小指を外して
直接グリップに落とすだけです。

さらに、両手の間はくっつけないで、
少し離すほどテンフィンガーグリップの特徴が出せます。

私の大好きなコーチである今はなきハービーぺニックさんは、
両手はくっつけておくようにとしていますが、
無理な力を使っていなければ問題ありません。

テンフィンガーグリップの特徴

テンフィンガーグリップの特徴は、
前腕を捻りにくいことです。

一番捻りやすいのが、インターロックで
次がオーバーラップになります。

手先の器用さを利用したいとか指が短いなら、
インターロックが良いとも言われます。

タイガー・ウッズ選手がこのインターロックなので、
それを真似して多くのジュニアは
インターロックから始めることが多い傾向にあります。

そして、腕力がないほど
テンフィンガーグリップが向いています。

それはそうです、前腕を捻る力を入れなくなるからです。

腕の力がないのにボールヒットに向かって
前腕を自ら出そうとする力で捻ることは、
ゴルフを難しくしている最大の原因です。

さらに捻る動きは故障を誘発しやすいものです。

テニス肘などとも言われますが、
ゴルフでも同じ故障を起こす原因は
前腕を力づくで捻る無理な動きです。

高齢者や女性は、本当は
テンフィンガーグリップが向いています。

さらには、ゴルフをはじめるときから
テンフィンガーグリップにするべきだと、
私は心の底から思っています。

私のテンフィンガーグリップ奮闘記

ところで、私はテンフィンガーグリップにしていますが、
もともとゴルフをはじめたときはオーバーラップでした。

しかし、ハービーぺニックさんの本に書いてあった
テンフィンガーグリップのメリットを試してみたら、
驚きの結果だったのでそのまま定着させました。

その驚きとは、ボールが曲がりにくいことです。

オーバーラップからテンフィンガーに持ち替えて、
試しにいきなりドライバーのフルショットをやってみました。

それが、かなりいい感じでボールが飛んだことで、
その魅力にハマったのです。

しかし、実際にラウンドで使えるようになるには、
その興奮のときから約2年がかかりました。

その理由は、アプローチショットがなかなか
合わなかったからです。

逆に、それまで微妙な手先の動きでアプローチしていたことが、
そのことで実感できました。

そこで、アプローチを本能ではなくもっと明確な動きで行うように
色々工夫した結果、アプローチも合うようになってきて
私のテンフィンガーグリップが完成したのです。

そのアプローチの明確な動きとは、
肩甲骨のスライドか下半身の動きだけにすることでした。

いずれにしても、まだ100を切れていないなら、
アプローチも上手くはいっていないはずですから、
今のうちにグリップを変えるなら私のような苦労はありません。

また、上級者であっても本能に任せたアプローチではなく、
自分の動きをしっかり認識できる動きでのショットにすれば、
今まで以上のタッチも出せます。

正直なところ、全てのゴルファーが、
一度テンフィンガーグリップに挑戦していただけると
良いのではないかと思います。

アプローチショットの方法

先ほどお伝えしたように、
私がテンフィンガーグリップにしたことで
悩んだ一番のことはアプローチでした。

それで、テンフィンガーグリップに挑戦するにあたり、
出来るだけ素早く慣れていただけるために、
私がどんな風に克服したのかをお伝えしておこうと思います。

基本的な考え方は、それまで感覚でアプローチしていたことで、
たくさん練習を積んでその感覚を維持していたことからの脱却です。

手先は器用なのでたくさん練習できるのなら、
手を使ったほうが究極のタッチが出せる可能性は高くなります。

しかし、そのためには毎日芝と戯れる環境とか、
最低でも週に二日ぐらいは芝からのアプローチを
練習しなければなりません。

さらに、筋力を維持することは難しく、
年齢とともに衰えたりトレーニングで強くなったりします。

その筋力の変化は、感覚の違いとして表面化します。

そのために、しょっちゅう感覚と実際の動きの調整を行うために
芝からアプローチする練習が必要となります。

こんなことから脱却することができれば、
それほど練習しなくても究極とは言わないまでも
シングルプレーヤーを維持できる程度のアプローチは手に入ります。

100切りならまさに手の無意識的な動きを封じたほうが、
再現性の良いタッチを得ることができます。

パッティング風ショット

そこで、私がまずやってみたのが、
パッティング風ショットです。

まさに、ボールヒットまでは下半身を固定して、
9番アイアンとかサンド・ウェッジ、ユーティリティなどのクラブを
パターと同じように使うショットです。

パッティングでの動きとほぼ同じですから、
意外と簡単な割にクラブ選択で転がしたり、
うまくボールも上にあげることもできて実践で役立ちます。

使うクラブは状況に応じて選べば良いですが、
私は基本は9番アイアンとサンド・ウェッジの2本を
使い分けることをオススメします。

パッティング風にショットするならパッティングと同じで
ダフリやトップはほぼゼロですし、
タッチも含めて簡単でミスは劇的に少ないショットです。

ただし、上手くできるために
絶対にやらなければならないことを忘れていると、
なかなかタッチが合いません。

それは、指が白くなるほどきつく握ることです。

これは肩甲骨以外をしっかり固めるためにも役立ちますが、
フェースの向きを安定させるために効果的です。

短い距離ではヘッドスピードも遅い分、
当たり負けでフェースの向きはそれほど変化しないと
思うかもしれません。

実際、体とクラブをしならせてそのしなり戻りや
下半身の力でヘッドを加速できているなら、
当たり負けでのフェースの向きの変化はそれほど問題になりません。

しかし、パターのようにストロークするときは
ヘッドはあまり加速できない分、
当たり負けが思った以上に発生します。

さらに、100をきれていないゴルファーの悩みとして
ダフりがあります。

そこで、きつく握ることで、
多少ダフってもそこそこ上手く寄せることができます。

手をきつく握ると肩甲骨が動かせないのでは?

手をきつく握ると肩甲骨が動かせないのではと、
疑問に思われるゴルファーも多いと思います。

しかし、リラックスさせて肩甲骨周りをしならせる訳ではなく、
肩甲骨を自ら出そうとする力で動かすので全く問題ありません。

ウェイトトレーニングでも、鍛えるべき筋肉を強く意識して
そのターゲットとなる部分だけを動かすようにすることが
効率よく鍛えるための要です。

それと同じで、動かすべき肩甲骨だけを強く意識して動かすようにすれば、
手や前腕や上腕、そして、腰から首の付け根までの体幹や
下半身を固めていても大丈夫です。

普段無意識の動きがあると、最初は肩甲骨だけを動かすことに
違和感があるかもしれません。

しかし、それは通常のパターを使った
グリーン上でのパッティングにおいても、大きな問題となります。

通常のパッティングでも、案外下半身や体幹が動いていたり、
さらにはボールヒットに向かって頭が左に動いていたりします。

しかも、これらの動きは、意識されていないことがほとんどです。

アプローチでパッティング風ショットを練習することで、
通常のパターも良くなってきます。

上半身完全固定ショット

そして、もう一つアプローチの武器があります。

それは、上半身を完全に固定する、上半身完全固定ショットです。

上半身完全固定ショットは、骨盤から上の上半身がまったく動かないで、
まさに下半身の動きで骨盤をターンさせるだけの動きです。

上半身を完全に固定するということは、
かなり徹底的に固定することを意味します。

上半身は手の指が白くなるほどきつく握り、
グリップと手を完全に固定して肩甲骨や肩関節も
絶対動かさないつもりでガチガチに固定します。

そして、体幹である骨盤から首の付根にかけても、
完全に筋肉を収縮させて固定します。

体幹を一枚の硬い板とするために、お腹も目一杯凹めます。

骨盤から上を、あたかもコンクリートで固めたイメージです。

そうなると、上半身は形を変えないつもりですから、
下半身が動いてもほとんどしなることもない状態となります。

とは言え、いくら筋肉を収縮させて
固めたつもりでもある程度はしなりますが、
そのしなりの量は限りなく小さいです。

ただし、この上半身完全固定ショットを成功させるためには、
まずは下半身の動きが良くなければ上手くできません。

そのため、知識としても下半身はこう動くべきだということを理解した上で、
脚を使って前傾した骨盤をその前傾角度に従って
斜め回転させる動きの習得が必要です。

逆に、その下半身が骨盤を斜め回転させる動きさえ
できてしまえば、後は簡単です。

上半身は完全固定ですから、
上半身ではコントロールするところがないからです。

自ら意識的に力を出してコントロールして動かすのが、
脚の動きだけとなります。

さらには、上半身完全固定ショットを練習することで、
通常ショットでの脚の動きが良くなるばかりか、
上半身の余計な動きを封印することもできます。

そのため、アプローチのためだけではなく、通常ショットでの脚の使い方や
上半身の本来の手首を親指側へ折るコック以外は
受ける力だけで動くためのドリルとしても最高です。

スプリットハンドドリル

スプリットハンドドリルと言う、
両手を離してグリップしてショットする練習があります。

このドリルの目的は、フェースの向きを感じやすいとか
ヘッドの軌道を感じやすくして安定したショットを手に入れることです。

テンフィンガーグリップは
スプリットハンドドリルの延長線上にありますから、
そのメリットを通常のショットで享受できます。

スイングでのテコを感じやすい

テンフィンガーグリップでは、まだまだメリットがあります。

右腕が支点で、左肩甲骨が背中側へスライドするしなり戻りで
左腕を引っ張ってグリップエンドが力点になって、
作用点であるヘッドが走るテコを感じやすいです。

これは、バックスイングでのしなりのためのテコも同じです。

上半身のしなりは肩甲骨のスライドですが、右腕が支点で
ヘッドの勢いでヘッドが力点になればグリップエンドが左腕を引っ張って
左肩甲骨を胸の方向へスライドさせてくれます。

結局、グリップは影響が大きい

結局、私がテンフィンガーグリップに変更することで
悩んでそれを解決してきた道は、パッティンやスイング全体を
簡単な動きにすることに貢献することになりました。

テンフィンガーグリップは、
まさに神様からゴルファーへの贈り物です。

追伸:大森塾へのお誘い

新型コロナウイルス感染拡大のために
募集を停止していた「大森塾」の再開が決定しました。

試験的に、岐阜と大阪でのみ再開をします。
詳細は下記をご覧になって下さい。
 

中部開催

詳細はコチラをクリック!

近畿開催 ※半日開催

詳細はコチラをクリック!

 

日程は下記のとおりです。

■中部開催:岐阜県(各務原市)

ニッケゴルフ倶楽部 岐阜センター
〒509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町8-7

木曜コース
10月01日(木) / 11月05日(木) / 12月03日(木)
01月07日(木) / 02月04日(木) / 03月04日(木)

土曜コース
10月03日(土) / 11月07日(土) / 12月05日(土)
01月09日(土) / 02月06日(土) / 03月06日(土)

火曜コース
10月06日(火) / 11月10日(火) / 12月08日(火)
01月12日(火) / 02月09日(火) / 03月09日(火)
 

■近畿開催:大阪府(大阪市東淀川区)

井高野ゴルフセンター
〒533-0001 大阪市東淀川区井高野4-7-85

日曜コース
10月11日(日) / 11月15日(日) / 12月13日(日)
01月17日(日) / 02月14日(日) / 03月14日(日)

月曜コース
10月12日(月) / 11月16日(月) / 12月14日(月)
01月18日(月) / 02月15日(月) / 03月15日(月)
 

申込みには期限がありますので、どうぞお早めにお申込み下さい。

中部開催

詳細はコチラをクリック!

近畿開催 ※半日開催

詳細はコチラをクリック!

 

では、また。
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グリップ, スイング, セットアップ, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。