【悲報】フェアウェイバンカーに入れました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.01.13
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「ベストスコアも狙えそうで
 調子良くプレーしていたのに、

 最終ホールでまさかの
 フェアウェイバンカーに入れました。」

芯で捉えたティーショット!

ナイスショットを打ったかと思った矢先、
まさかのフェアウェイバンカー…

チャンスがピンチに真っ逆さま。

こんな状況、あなたも
経験したことがありませんか?

おそらく、1度や2度どころではなく、
何度も悔しい思いをしていることだと思います。

それもそのはず。

フェアウェイバンカーというのは、
グリーンまでの理想のライン上に
配置されていることが多々あります。

簡単には攻略させないぞ、という
コース設計者の意図ですね。

しかも、ナイスショットを打ったら
ちょうど入ってしまうような意地悪な配置も、、、

フェアウェイバンカーに打ち込んだら、
むしろ「ナイスショットの証拠」だと
自信をもってもらいたいのですが、、、

スコアの邪魔をする
障害物にはかわりありませんよね。

できれば避けて攻略したいですし、
もし万が一、打ち込んでしまった際には
スコアロスなく脱出したいはずです。

ですが、現実問題フェアウェイバンカーに
苦手意識を持たれているゴルファーの方は
大変多くいらっしゃいます。

うまく打てたつもりでも、
思ったより飛距離が出なかったり、

ちょっとでもダフると
脱出自体が怪しくなります。

今日はそんな、
フェアウェイバンカーからの安全に脱出しながら
しっかりグリーンを狙うためのコツを

動画レッスン形式で
ご紹介していこうと思います。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



今回、動画でご紹介した状況は、
フェアウェイバンカーからのショットに加えて
池超えしなければならないという

プレッシャーのかかるシチュエーションでしたが、
フェアウェイバンカーからショットを打つポイントは
どんなシチュエーションでも共通です。

確認しますと、
以下の3つです。

・ボールの位置はやや右側
・若干ボールから離れてアドレスする
・肩から肩のコンパクトスイング

一番やりたくないミスはダフリ、
ハーフトップはOKですので、ボールの位置は
やや右側に持っていきます。

ダフりたくないということで
ボールから少し離れます。

そして、軸ぶれを防ぐために、
フルスイングではなくコンパクトな
肩から肩のスイングで対応します。

コンパクトなスイングですと、
フルショットにくらべて飛距離が落ちますので、
1番手長いアイアンを握りました。

このように、
どんなにシビアなシチュエーションからでも、
しっかりと前準備をしておくことで、

クリーンヒットで正確に
グリーンを狙っていくことができるでしょう。

フェアウェイバンカーは
決して難しいものであありません。

ご紹介した3つのポイントを忘れずに、
自信を持って挑んでいきましょう!

 
近藤



<本日のオススメ>

コロナ禍で入荷が遅れていた
チーム小原の飛距離アップツール
「トバシア-EXアイアン #7」が

ついに、入荷しました!

ただ、注意点がございます。
今回入荷した83本はワケ有りにつき、
お値引きされた特別価格で公開です。

性能には問題ありませんので、
お安く手に入れたい方はお見逃しなく…

https://g-live.info/click/tviron_2012/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アウトサイドイン, ビジネスゾーン, ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

【悲報】フェアウェイバンカーに入れました」への2件のフィードバック

  1. 中島春義

    今までは出せば良いと思い打つてましたが次回からは練習してみます。

    返信
  2. M6

    フェアウェイバンカーの打ち方、ありがとうございます。入ると面倒なので助かりました。
    さて、最近感じるのですが、去年一年間ゴルフをやってきて、確かにスコアアップしてきたのですが、なんとなく11月以降ダフり、トップが増えた気がします。目線をボールから外さずに、頭を動かさないでスイングしてるつもりですが、確実に増えてます。
    練習でビジネスゾーンは必ず30球は打ちます。(大体総合で100~150球打ちます)
    コース上でのダフり、トップ防止のレッスンをやっていただくと助かります。宜しくお願いします❗

    返信

中島春義 にコメントする コメントをキャンセル

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。