タイガー流・ボールにパワーを100%伝える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.16
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「タイガー流・ボールにパワーを100%伝える方法」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

タイガーウッズのスウィングを見てみると
ある動作に気づくかもしれません。それは。。。

トップからダウンにかけて体が一瞬沈み込む

アマチュアゴルファーの方に
自分のスウィングを動画を撮ってみると、

ダウンスウィングで思っていた以上に
体が伸び上がっていることに
ビックリされる方が少なくありません。
 

実際、身体が伸びあがってしまうと、
エネルギーが上に逃げてしまいますので、

一生懸命力を入れても、球は飛びません。

そんな伸び上がりのスウィングのゴルファーの方が
タイガーウッズのスウィングを見て、

トップからダウンにかけて
体が一瞬沈み込んでいるのに気づいて、
 

 「なるほど! この動きがあるから
  ボールにパワーが伝わるのか!」

 

ということで、そうしたスウィングを目指して
練習に励んだところ。。。
 

 ・そもそも、ちっとも当たらない

 ・当たったとしてもダフるか、それを嫌がって
  体を開いたり、左ひじが抜けてスライスになる

 

と、全く良いところナシ、だったようです。

なぜ、上手く行かなかったのか?

トップからダウンにかけて
体の一瞬の沈み込み。。。

実際にタイガーがそのように行っていたおんい
上手く行かなかったのは、なぜでしょうか?

 ・
 

 ・
 

 ・
 

その原因は、極めてシンプルで、
 

 意識的に力を入れて、体を沈み込ませたから
 

にほかなりません。

タイガーウッズの沈み込みの動作には、
力は一切必要ないのです。

その動きは、沈みこませるのではなく
 

 自然に沈み込むようにすること
 

これが大切なんですね。

ダウンスウィング、沈み込み動作の仕組み

今回お話ししている飛ばしのインパクト、
沈み込みのポイントを解説していきましょう。

その前に、基本的なスウィング中の
体重移動をおさらいしますと、
 

 ・バックスウィングでは右の股関節を入れる動きで
  右の股関節に上体を乗せる

 ・ダウンからフォローにかけては、
  左の股関節を入れて、左の股関節に上体を乗せる

 

そしてここからが重要なのですが。。。

上体が右股関節から左股関節に移動する際、
上体は両方の股関節から外れるため、

重力によって重心が少し落ちる瞬間があります。

これこそが、ダウンスウィングの
沈み込み動作の仕組みであり、

この動きができると、重力の力を使えるために
大きなエネルギーをボールに伝える事ができるわけです。

ここまでお話しすればご理解いただけると思いますが、
ということで、自分の力で沈み込ませては
意味がないということなんですね。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

2020年度、ゴルフライブ史上
最も高評価を頂き
飛距離を伸ばしたツールを紹介します。

これまでも何回かご案内してきましたが
毎回すぐに売り切れてしまうほど
大人気商品となりました

【飛距離アップツールPOWER SWING】

今回も、即売り切れも懸念されますので
気になる方は、お早めに手に入れてくださいね。

コチラをクリック

本数限定。なくなり次第終了です
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ダウンスイング, メルマガ, 新着メルマガ, 重心・体重移動 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。