【ビデオ】左手ストロングで飛ばす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.04.18
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「左手ストロングで飛ばす」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

実は左手のグリップの向きは
ストロングにするほど飛距離アップしやすくなります。

グリップは左右の手の平が向き合う平行が基本とはいえ、
左手の向きには向きのマージンがあります。

では、どの方向にどれだけのマージンがあって、
その理由は何でしょうか?

(続きはビデオにて)

左手ストロングで飛ばす

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf210418/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

左手はストロングが良い

左手はストロングになっているほど、
ボールヒットではハンドファーストにしやすくなります。

手元を左寄りにするほど、
左手のグリップはストロングにしやすくなります。

逆に、手元を右に持ってくるほど、
左手はウィークなポジションのほうが収まりやすいです。

ということは、手元がヘッドより先にある
ハンドファーストの形でボールヒットしたければ、
左手のグリップはストロングのほうが楽にできることになります。

さらに、左手のグリップがストロングなほど
腕が遠心力で引っ張られてフェースが閉じて左を向くので、
前腕を左に捻るのではなくフェースを開く方向へ動かせます。

ボールヒットに向かってクラブが振られると、
ヘッドの重心がシャフトから離れているオフセットがあるので
フェースは開かさられる方向へ力を受けます。

そうなると、フェースがターゲットを向くためには
前腕が右に捻られる力に耐えるように力を出しながら、
フェースを開くコントロールだと楽です。

また、手首が親指側へ折れるコックを考慮すると、
前腕を左に捻るほどヘッドは手元に先行する
リリースされた形になります。

このことは、案外気づかないために
簡単に前腕を左に捻るアームローテーションで無理矢理
ボールを捕まえようとするゴルファーは巷に溢れています。

前腕はむしろ右に捻ることでフェースを開く動きほど、
ハンドファーストになります。

金槌で分かるストロングの理由

例えば金槌を左手片手で持って、
垂直に立てた釘を打とうとしてみてください。

次に、水平に釘を打とうとしてみましょう。

そのとき、金槌の打撃面に対して左手はどんな向きになりますか?

金槌の打撃面がゴルフクラブのヘッドの打球面だとしたら、
左手の向きはかなりストロング寄りになっていると思います。

これが、ボールに当たって抵抗を受けるヘッドを
しっかり支えることのできる左手の向きとなります。

さらにトップでも

さらにトップでグリップを支えやすく、
グリップがズレにくいためにも左手はストロング寄りのほうが有利です。

グリップをウィークにセットしてバックスイングして
トップの形をつくった場合と、
ストロングでやってみた場合を比べてみましょう。

ストロング寄りのほうが、左手の親指の腹でグリップを
しっかり支えることができることに対して、
ウィークなほど左手親指は滑ってしまうことが分かります。

左手のグリップはセットアップ終盤で、
自分から見て3つ目のナックルである
薬指の付け根が見えることが通常のポジションです。

しかし、さらに4つ目のナックルである小指の付け根が見えるぐらい
ストロング寄りにセットしても、ストロングのメリットは
よりアップしてマイナス面は見当たりません。

左手のグリップの向きを今一度しっかりチェックして、
実際にショットしてみましょう。

そして、左にボールが飛んだら、本気でフェースを開きながら
ヒットさせようとしてみれば良いです。

今までウィーク寄りだったなら、
とんでもなく楽にスイングできる驚きを味わうことができます。

グリップがウィークなことは非常に重要な問題なので、
できるだけ漏れなくお伝えしたいと思います。

そのため、文章は長くなってしまいますが、
じっくり見ていただければそれだけ得るものは多いと思います。

ハンドファーストが良い理由

ハンドファーストなら、まだまだヘッドを強く押せる体勢であることと、
体がしなっている形なのでヘッドが加速中にボールヒットできます。

それなら、当たり負けが少なくなることで
ヘッドスピードの割にボール初速がアップしてボールが飛ぶばかりか、
さらにフェースの向きも安定します。

しかも、ボールを地面に置くショットでは、
ダウンブローでボールをクリーンヒットできる窓は広くなって
ダフりやトップは、その分、減らすことができます。

ドライバーショットでも、実はハンドファーストです。

ボールを左足踵のラインにセットすることで、
ハンドファーストであってもヘッドは上昇軌道の状態でヒットできます。

クラブヘッドで何かを強く押そうとしたときに、
どんな体勢にしますか。

手元をヘッドより先行させて左股関節の前あたりにセットして、
ヘッドを物に押し付けるようにして右脚で耐える体勢にしていませんか。

手元よりもヘッドを先に出すほど強く押せなくなるばかりか、
ヘッドの向きがぐらついてしまいます。

だったら、ボールヒットでは絶対ハンドファーストです。

ウィークの修正でボールが左に飛ぶことへの対処

ウイークすぎるグリップではボールヒットに向かって
フェースが開くわけですから、スライスなどが出ないためには
前腕を左に捻る動きをしなければなりません。

だいたい100を切るあたりでは、
この前腕を力で左に捻るアームローテションの動きを
やり始めた頃となります。

そして、それまでたくさんショットしてきて、
このアームローテーションは箸を操る動きや
自動車などの運転を自動化する小脳の運動記憶に定着します。

何も意識しなくても、アームローテーションする体になっています。

そこで、左手のグリップを正しくして、
アームローテーションしなくても良いポジションにしたらどうなるか。

そうです、フェースは閉じすぎてボールヒットすることになり、
極端な場合は左に出てさらに左に曲がるチーピンになります。

この必要のない小脳プログラムを消去するためには、
意識としては真逆の動きであるフェースを開く動作をすれば良いです。

それが、グリップをウィークから正しい向きに修正したなら、
ボールヒットに向かって本気でフェースを開くつもりで
ショットすることです。

私のコーチングでもグリップを修正したゴルファーに対して、
この方法ですぐに真っ直ぐに飛ぶようになっていますから
やってみましょう。

左手のグリップがウィークなゴルファーは多い

ところで、一般的には95%ぐらいのゴルファーが、
グリップがウィークで本来のポジションに対して
手が左まわりにずれています。

そして、ウィークなグリップでは、
セットアップではヘッドをターゲットに向けていたとしても、
遠心力で引っ張られたときにフェースはターゲットに対して開いてしまいます。

それが、ウィークだという意味です。

そうなると、ボールヒットでフェースが軌道に対して開いて当たって、
打ち出されたボールは右に曲がるスライスボールとなります。

そのため、思った球筋を出すためにはボールヒットに向かって
前腕を左に捻る力を使って無理やりフェースを閉じなければならなくなります。

ボールヒットでできるだけ無駄な力を使わないで清々と振り切れるためには、
セットアップで遠心力で引っ張られたような形を作っておくことが効果的です。

遠心力で引っ張られたときにフェースがターゲットに対して開くのは、
腕が引っ張られると内側に捻れるからです。

その内側へ捩れる理由は、ヒトの腕は骨格に対して筋
肉や腱が真っ直ぐに付いているわけではなく、
斜めに付いているからです。

ストレートパンチを出そうとすると拳が内側に捻れるようにして
腕を伸ばすのも、普段外側に捻れるように引っ張っていた筋肉を緩めて
腕を伸ばしやすくしているからです。

本来のニュートラルなグリップでは、自分から見て
左手の薬指の付け根である3つ目のナックルが見えて
小指の付け根である4つ目のナックルは見えません。

3つ目のナックルが見えなければウィークすぎで、
4つ目のナックルまで見えるならストロング寄りとなります。

左手のグリップの向きは、
最低でもウィークにはなっていないようにしましょう。

そして、しっかりボールを遠くまで正確に飛ばしたいなら
ストロング寄りに少しずつずらせてみて、
自分にとって最適なポジションを探ってみると良いです。

左手のVの字の密着のつくりかたも重要

ところで、左手の親指と人差し指でできるVの字の形は、
スイング中にグリップがズレないために重要です。

左手のVの字の間に隙間があると、グリップはズレます。

なぜなら、このVの字が開いているとグリップを力で握るからです。

さらに、セットアップでVの字を力で無理やりくっつけていても、
やはりグリップはズレます。

そこで、この左手のVの字のつくりかたをお伝えしますので、
やってみましょう。

まずは、真っ直ぐに立って、右手片手で
クラブをグリップとシャフトの境目あたりで支え、
クラブを楽に支える感じで右肘をお腹の上にポンと置きます。

そうすると右肘の内側であるエクボは上を向き、
右腕は力でクラブを振る形ではなくしなりやすい形状となります。

そして、完成されたグリップでは左右の手の前後差があるので、
あらかじめシャフトを体の正面に対して右斜め45度ぐらいにセットすると
手首に余計な力を入れなくてすみます。

ここまで準備すると、目の前に見えるグリップは
まさに丁寧に左手をセットできるポジションにあることが分かります。

そこで、このグリップに対して、
左手の親指をグリップの真ん中のライン(稜線)よりも
親指の幅半個分右にずらせてグリップの上に置きます。

​そして、その親指の付け根の横側に
人差し指の付け根の横側が密着するまで、
左腕前腕を右に捻るようにして左手の甲を親指の方向に寄せて来ます。

そして、最後に左手の指をもぞもぞさせて
隙間をできるだけ埋める感じで、収まりの良いポジションを探しましょう。

これなら、大きな石の間に砂を入れると固定できるように、
指で隙間を埋める感じでグリップを力ではなく指のポジションで固定できます。

フェースを閉じるコントロールは悪いことばかり

ところで、フェースを閉じようとすることは、
力も必要で良いことはひとつもありません。

そもそもヒトの力の効率の良い出し方として、
筋肉の特性を認識する必要があります。

自ら出そうとする力ということは
筋肉は短くなりながら縮もうとする「短縮性収縮」なので、
伸ばされながら縮もうとする「伸張性収縮」の半分以下の力しか出せません。

ボールヒットに向かってクラブが振られると、
ヘッドの重心がシャフトに対してオフセットがあるために
フェースが開かされる力を受けます。

その力に耐えるまさに受ける力である「伸張性収縮」なら、
自ら出そうとする力である「短縮性収縮」の倍以上の力を出して
コントロールできます。

それなら、スイングは楽で簡単になります。

さらに、フェースを閉じようとすると、
右腕を伸ばす力を出して内側に捻ることで
左にターンしてフェースを閉じる動きになります。

それではまさにクラブを右手の自ら出そうとする力で振りにいくことになり、
リリースが早くなってヘッドが加速状態でポールヒットできずに
当たり負けが多くなります。

そして、フェースの向きが不安定になって不意に曲がったり、
ヘッドスピードの割りにボール初速があがらず飛びません。

特にボールを飛ばしたいときに、
右腕を自ら出そうとする力で使ってしまうことで
左に引っ掛けるミスをやってしまうことにもなります。

実はバックスイングでは

バックスイングでのフェースの開きについても
スイングを簡単にするために大切なことがあります。

フェースの開閉を行わないというよりも、
力の弱いゴルファーほどむしろフェースは閉じながら動いたほうが
スイングは楽で簡単になります。

そして、それは左手のグリップがストロング寄りなほうが、自然にできます。

自ら出そうとする力でフェースを開きながらバックスイングすると、
ダウンスイングではやはり自ら出そうとする力で
フェースを閉じる動作をしなければならなくなります。

むしろバックスイングではヘッドの重心がシャフトから離れていることで、
腕をリラックスさせればフェースは閉じさせられる力を受けます。

その閉じさせられることに素直に従いながら、
フェースを閉じればダウンスイングではフェースが開かされることに耐える
楽なコントロールにできます。

ここまで色々見てくると、左手のグリップをストロング寄りにすることは、
良いことばかりだということが分かったでしょうか。

それなら、左手グリップは絶対にウィーク寄りにならないで、
むしろストロング寄りぐらいになっていることを必ず守って
セットアップするようにしましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

目指すは「パター最高峰」超え!
その打感、安定性、デザインに加え
自在な重量可変調整を可能にした…

ゴルフライブでも人気ブランド
「DOCUS」が送り出す新モデルパター、
手にとっていただけますか?

詳細はコチラをクリック

本数限定。残りわずか
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グリップ, セットアップ, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。