最近のブログ

【ビデオ】基礎練習、できていますか?

2022.07.27
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

 
最近のメールマガジンでは、
傾斜のショット時に有効な練習方法など
本番での対応に関する内容を取り扱ってきました。

 
しかし、どんなに対応力を身に付けても
基礎の練習がおろそかになってはミスは減りません。

 
そこで本日は基本に立ち返り、ぜひ継続して頂きたい
とっておきの基礎練習について、おさらいしたいと思います。

基礎練習は再現性を握る最大のカギ

地道な基礎練習は、だんだんと慣れていくにつれて
ないがしろにされがちです。

練習場などでボールを気持ちよく飛ばした方が
爽快感もあり、楽しいですからね。

 
しかし、スイングの再現性を高めるためには
地道な基礎練習が一番大切
なことも事実であり、
再現性が高くなって初めてスコアを安定して改善できるのです。

 
本日はそんな基礎の中でも、
自宅でも練習場でもできる手軽なドリルをピックアップしました。

 
手軽とはいっても、スイングにおいて非常に重要なポイントを抑えた
基礎を固めるためにかなり効果的な内容です。

最近、素振りとか基礎練習をしていないな。という方は、
久々に基本に立ち返り、このドリルを実践してみてください!

 
ボールを打っているだけでは自覚しにくいスイングの問題が見つかり、
あなたのスコアアップの課題が見つかるかもしれません。


動画はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


いかがでしたか?

 
ゴムティー付きのマットなどもあるため、
自宅でも手軽にできるこちらのドリル。

地味なようで、ビジネスゾーンを鍛えるのにも最適なオススメの内容です。

 
一見簡単そうに見えて、スイングで体が流れていたり
スイング軌道が乱れているとなかなか一定のリズムで
叩き続けることは難しいです。

 
ぜひ、基礎の復讐のために確認して
スコアアップにお役立てください。

 

近藤


<本日のオススメ>

地クラブメーカー、DOCUS(ドゥーカス)の人気ドライバー
DOCUS RELOADED+(ドゥーカス リローデッド プラス)が再入荷しました!

 
なんとも近代ドライバーといった外見のメカメカしい見た目ですが、
見た目だけじゃない、メーカーのこだわりが凝縮された性能に
きっとあなたも驚かされると思います。

 
ウェイトとスリーブ角度により
ゴルファーにピタリとはまるように設定できるため、
あなたに最適なドライバーに調整が可能。

 
しかも、詳細な特徴を見てもらえれば
納得していただけると思いますが、
とにかく真っすぐ、高弾道、という王道を徹底したドライバーです。

 
弾きが良い、よく球がつかまる、という長所はもちろん、
膨大なデータの中で設計されたスピン量やボディ内部構造まで、
細部まで隙が無い、真っすぐ遠くに飛ばすことに特化したドライバーです。

見た目だけじゃない、人気モデルのドライバーをぜひお見逃しなく!

DOCUS リローデッド+の詳細はこちら

https://g-live.info/click/docus2207/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[最終]15分でツアープロと同じスイング改善

2022.07.26
glteam

こんにちは。
ゴルフライブ事務局です。

 
突然ですが、ツアープロ並みのアイアンの腕前を手に入れたら、
どれだけスコアを改善できると思いますか?

 
「そんなことは簡単じゃない」と思うかもしれませんが、
実はそれは決して実現困難なことでもないんです。

 
なぜなら、とある練習器具さえあれば
短時間でアイアンショットの問題を自動解決できて
理想的なインパクトを手に入れることができるからです。

 
しかもこの練習器具は全米のツアープロ達もこぞって愛用しており、
彼らのスイング作りに一役買っているというプロお墨付きの代物です。

 
まずはこの練習器具をご紹介する前に、

そもそもアイアンショットの精度に差が出たり、
ミスが起きてしまう原因がどこにあるのか、
どう改善するべきなのか
を知ってください。

スイングを形成するの8つ動作

 
ミスの代表例としては、インパクトの瞬間にフェースが開いていたり、ハンドレイトなど
多くの場合インパクトの瞬間に着目されることが多いです。

 
しかし、スイングは主に下記の8つの動作に分けられており、
インパクトはその前後7つの動作によって生まれる過程にすぎません。

1.アドレス
2.テイクバック
3.バックスイング
4.トップ
5.ダウンスイング
6.インパクト
7.フォロースルー
8.フィニッシュ

 
このスイング全体のどこかで発生している問題を、
インパクトの直前・直後の修正だけで矯正しようとするのは
急ハンドルを切るようなもので、非常に難しく安定性も欠いてしまいます。

 
ですが、逆に考えれば
それよりも前後の始動~完了の問題をまとめて解決できれば、
インパクトも勝手に改善され、安定したスイングが手に入る
という事です。

インパクトを改善するためにそこ「以外」を直す

よって重要なのは、特に誤動作の起きやすい
下記の前後ポイント

1.アドレス
2.テイクバック
3.バックスイング
4.トップ
5.ダウンスイング

6.インパクト
7.フォロースルー
8.フィニッシュ

 
これらの問題を解決することです。

 
一気に6カ所もまとめて改善なんて、大変に決まっている。
と思いますよね?

しかし、これらを改善するために
あなたに必要なものは、たった3つだけで良いのです。

1つ目は、15分の練習時間
2つ目は、アイアン1本
そして最後の一つが、この
Power Package
(パワーパッケージ)
です。

pre_01

感覚的にスイングをまとめて改善できる練習器具

 
このパワーパッケージは、ツアープロとして活躍する

リッキー・ファウラー
(アマチュア時代、世界ランキング1位36週保持の大記録保持者)
フィル・ミケルソン
(2021年、50代でメジャーを制した初めての選手として最年長優勝記録を53年ぶりに更新)
ジョーダン・スピース
(史上最年少の22歳2カ月でのフェデックスカップ年間王者、PGAツアー82年ぶりの10代優勝達成によりルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞)

といった、若手プロから熟練プロゴルファーまで、幅広い実力派プロ達も
スイング練習のために使っている、全世界でヒットを記録した異例の練習器具です。

 
この練習器具がどのようにゴルファーのスイングを
まとめで改善して、スコアに貢献してくれるのか。

その秘密は、この動画から見ることができます。

 
ご覧いただけましたか?

 
このパワーパッケージは、
カップに腕が収まっているか否かというわかりやすい判定基準で、
先述のスイング6動作をまとめて最適化してくれる優れものです。

 
例え最初はカップから外れてしまったとしても、
カップに収まるように意識してスイングをしたなら、
15分も振ればスイングは勝手に最適化されます。

 
しかし動画内でも話していますが、そうしてせっかく改善したスイングも、
しばらく期間が経過するとまた崩れてしまっている。
というのは熟練のレッスンプロでも頭をか抱える課題です。

 
スイングを定着のためには、
同じ工程を何度も復習する必要が出てきます。

 
そのために、本来は何度もレッスンに通ったり、
独力で練習している方は長い時間と手間をかけての
スイングのチェックと修正が必要ですが、 

 
このパワーパッケージは、
自分のクラブにこのアイテムを装着する、そのひと手間だけで
スイングの良し悪し・改善が瞬時に判定できて、修正も簡単に行う事ができます。

 
スイングの開始からフィニッシュまでの範囲のポイントで、腕がカップに収まっているか

スイングの問題点・改善のために意識することは、そこだけです。

 
あまりに簡単にスイングを改善できる器具なだけに、多くのアマ・プロのゴルファーが愛用しており、

ツアープロ含む海外のトップレベルのプロ選手、
1,000人以上のティーチングプロ、
世界中の50,000人以上のゴルファー
が使用している
このメガヒット練習器具。

 
スイングのどこが悪いのか、もう苦労して悩む必要はありません。

鏡を見ながら、もっとこうしたほうが良いのかと試行錯誤する必要もありません。

このパワーパッケージさえあれば、オンプレーンなスイングを自動であなたにインストールしてくれるからです。 

 
では、実際にパワースイングを使った
スイングの流れとパワーパッケージの効果についてご紹介していきます。

パワーパッケージ実践の流れ

まず、パワーパッケージをアイアンに取り付けてアドレスに入ります。
(装着位置は、左のアームとアイアンのリーディングエッジのラインを合わせます)

  
アドレス~スイングスタート
この時点では、パワーパッケージは腕と接しておらず、拘束感なくスイングを開始できます。

pre_01
pre_01

 
ポイント①
テークバックでクラブが地面と平行になったあたりの地点から、腕がカップに収まります。

もし手首が開いたりしてフェース面がスクエアになっていない場合、腕はカップに収まらずにすぐに判断できます。

ここからポイント③まで、腕はカップに収まったままの状態をキープすることを意識します。

pre_01
pre_01

 
ポイント②
テークバックが完全に完了した状態です。

ここで肘や腕が不要に曲がっていたりすればカップから腕が当然外れてしまいますし、
スライスなどに悩む方に多く見られる開きすぎ・閉じすぎた状態で振り下ろそうとしても、腕をカップの中に維持することはできません。

pre_01
pre_01

 
ポイント③
クラブが地面と平行になるあたりまでのダウンスイングです。

手首、腕の角度を維持したまま振りおろせば、カップと腕は離れないままターゲットラインに対してスクエアな状態になっています。
ここからインパクト後までは一度腕はカップから離れるため、インパクト時に窮屈さを感じることはありません。

pre_01
pre_01

 
インパクト前後
インパクト前後はカップと腕は分離します。

この後、フォロースルーからフィニッシュにかけて
再びカップに腕が収まるようになっていれば、
理想的なオンプレーンなスイングの軌道を描いている状態となります。

pre_01
pre_01

 
ポイント④
最後にフォロースルーからフィニッシュにかけてカップに腕が戻ってくればOKです。

体をしっかりと回せていない状態や、腕が開いていたりする場合にはカップに腕が戻ってきません。

pre_01
pre_01

 

以上です。

このパワーパッケージの優れている点は、多様な原因で発生するスイングの問題を全て明らかにして、感覚的にすぐに修正できるという点です。

 
例えば、一言にスライスの悩みといっても、

手首の角度が問題でフェースが開いているのか
腕や開いていてクラブコントロールができていないのか
身体の回転に腕の振りが追いつかないのか

 
問題の原因は人によって様々です。

 
しかし、このパワーパッケージは、
スイング時に問題があるポイントが即座に判定できるうえに、
カップに腕が収まるように調整するだけで、簡単に改善されたスイングが実現できるのです。

pre_01

 
こんなに簡単に最適なスイングを知ることができるなら、
人からアドバイスをもらったり
自分でスイングをチェックするといった工程を大幅にショートカットし、
最短でオンプレーンなスイングを身に付けることが可能になると思いませんか?

 
さらに、このパワーパッケージの性能を余すことなく使いこなしていただくために、
パワーパッケージ活用のためのレッスン動画もお送りします。

パワーパッケージを100%活用するために

今回ご購入いただいた方には、
メールでパワーパッケージを100%活用するための動画のURLをお送りしています。

【動画内容】パワーパッケージの活用法
・基本の使用方法について
・正しいグリップについて
・バックスイングで腕からカップが外れる場合の改善方法
・ダウンスイングで腕からカップが外れる場合の改善方法

 
未体験の練習器具で使いこなせるか自信がない方も、
安心してご活用頂けるないようになっています。

最終特価の100台限定販売

米国で開発され話題となったこの練習器具ですが、ドル高・円安の影響を受け、
既に値上げすることが決まっています。

次回以降の入荷分からは、約3割ほど値上げした12,800円程度になる予定です。

現在の9,000円(税込9,900円)で手に入れられるチャンスは、今回限りということです。

日本でも雑誌やYouTubeでプロに紹介されているうえ、
値上げ前の最後の入荷となると、短期間での完売が予想されます。

 
ご興味のある方は、
売り切れてしまう前に、確実に手に入れてください!

 
※大変申し訳ありませんが、今回はレフティー用の確保はできませんでした。
ただ、キャンペーン期間中のご予約であれば値上げ前の価格で案内可能です。
お届けは9月の予定です。

現状 最速・最安値で手に入れるために、ご興味があるのであればご予約をオススメいたします。

pre_01pre_01
pre_01pre_01

商品はご注文から1週間以内に発送の予定です。
※レフティ用のお届け予定は9月予定となっております。

btn

クレジットカードのお支払いをご選択の場合は、ご注文時に即時決済完了となりますので
予めご了承くださいませ。

ご注文に関するご不明点につきましてはゴルフライブお客様サポートページをご確認下さい。
 「パワーパッケージ」について、その他不明点はこちらまでお問い合わせ下さい。
 株式会社ゴルフライブ お客様サポート
 ■MAIL:info@g-live.info(メールは24時間受付)
 ■TEL:03-5295-7334(10-17時 土日祝休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアン、中途半端な距離が苦手な方へ

2022.07.26
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「アイアン、中途半端な距離が苦手な方へ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

突然ですが、あなたはこんな感じのホールに
出くわしたことありませんか?

134ヤード、パー3…

こんなホールの場面で、
 

 ・7番アイアンでは、大きい

 ・8番アイアンでは、短い

 ・どちらも飛距離が中途半端で、クラブが選べない
 

そんな経験、身に覚えがある方は
けっこういらっしゃるのではないでしょうか?
 

 「江連さん、中途半端な距離は誰でも迷いますよ」
 

そんなふうに思っているかもしれません。
 

確かにそうなんですが、ではそもそもなぜ
中途半端な距離に迷うんでしょうか???
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・

迷う原因、それは…

 「江連さん、そんなのは
  ぴったり届くクラブが無いからでしょう?」

 

果たして、本当にそうでしょうか?
 

私からしたら、それは単なる結果論であって、
本当の原因は。。。
 

 フルショットの練習しかしていないから
 

ことにあると見ています。
 

フルショットの練習しか練習しない。。。
これは野球で言ったら
 

 ホームランを打つ練習ばかりしている
 

というのと大差ありません。
 

ですが、野球をやっていて
そんな事する人はきっといませんよね?
 

やるべきことはシンプル

ですが、これがゴルフになると
みんながみんな、フルショットばかりを
当たり前のように練習しているわけです。
 

もっと言ってしまえば。。。
 

 フルショットの練習しか、したことがない
 

そんな人だって、いらっしゃるかもしれません。
 

極めてシンプルな回答になってしまいますが、
フルショットばかりではなく
距離をコントロールする練習をしておくこと。
 

そうすれば中途半端な距離に迷うことはなくなります。
 

厳しい言い方ですが、
中途半端な距離に悩むということは。。。
 

裏を返せば、練習不足の証拠というわけです。
 

この点についてはしっかりと肝に銘じて
ぜひ、気をつけてみて下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

誰もが飛ばすことができるように
開発されたヘッドとシャフト…

開発元の地クラブメーカーが
一本一本直接クラブを組み立てをした
特別な地クラブドライバー「DOCUS(ドゥーカス)」。

量販店では決して手に入れることはできません。

入荷分も、いよいよ残りわずかです。
どうぞお早めに。

詳細はコチラをクリック

なくなり次第終了。お早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目標スコアを叶えるためにはパット数が肝!

2022.07.25
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

これから迎える秋のゴルフシーズン。

雨や暑さを気にすることなく
ゴルフを楽しめる季節に、

スコアがまとまるのか?
はたまた大叩きしてしまうのか?

そんなスコアメイクに欠かせない
パッティング。

100切りを目指している方であれば、
40パット以下が目標になってきます。

あなたの平均パット数は
どれくらいでしょうか?

どうしても普段は練習場で、
ドライバーやアイアンショットの練習に
力を入れて取り組まれている方が多いかもしれません。

ただ、パッティングでのミスは、
メンタル面にも影響があり、

次のホールのティショットで
本来の力を発揮することができないこともあります。

そこで本日は、そんなスコアの分かれ道でもあり、
スコアアップのチャンスでもある
パッティングについてお伝えしようと思います。

苦手な距離



ショートパット、ミドルパット、ロングパット

少しでも苦手意識があったり
プレッシャーのかかる場面だと、

普段なら入れられるパットも、

体が固くなって距離感を合わせるのが
難しい場面もあると思います。

一度そういった経験があると
自宅では感覚を取り戻せたと思っても、

実際に本番で意識しすぎて
いつもどおり、スムーズなパッティグができず、

堂々巡りでパッティグへの苦手意識が
蓄積してしまいます。

しかし、このパッティングへの
苦手意識を克服していくことで、

パット数が減り
目標スコア達成へと大きく近づきます。

安定したパッティング



よくお見かけする例としまして、

特に打った後に、
左の肘が曲がってしまう方が、
とても多くいらっしゃいます。

このように左肘が曲がってしまいますと、

ボールに不必要な力を加えすぎたり、
はたまた逆に緩んでしまいます。

距離感を合わせるためには、

アドレスで出来た肘の角度を
変化させることなく、

フィニッシュまで持っていく事が重要になります。

では、どうのように左の肘の角度をキープして
スイングをする事が出来るのか?

そこで重要なのが、
肩の回転になります。

肩の回転をスムーズに行うためのイメージとして、

上半身を縦に回転させることを意識して
スイングを行うことがオススメです。

この時、注意していただきたいポイントとして、

上半身が横に回転するのではなく
縦に回転するという事です。

イメージを掴みやすい方法として、
パターを脇に挟んでいただいて
そして、素振りを行ってください。

この時に脇に挟んだシャフトが
縦に回転するように

シャドースイングを行っていただくと、
正しい回転の仕方が体感しやすくなると思います。

そしてスイングをする際には、

手元を動かすというよりは
肩の回転によってストロークする
という意識を持つことで、

左の肘の角度をキープして
フィニッシュまで持っていくことが出来ます。

最後に・・・



パターは全ショットの約4割を占めると言われるほど、
スコアに占める割合は非常に大きいです。

そしてスコアの大きな割合を
占めるパターにおいて、

安定したパッティングを手に入れるためには、
正しいフォームを習得するということが
非常に重要になっていきます。

パッティングが苦手という方の中でも、
スイング中に左肘の角度が変わってしまうことで
距離感が悪くなってしまっている方をとても多く見かけます。

是非、正しいフォームを心掛けていただき、

安定したパッティングを手に入れ、
目標スコア達成へと大きく近づけていただけたらと思います。

あなたのスコアアップを応援しています。



<本日のおすすめ>

クラウドファンディングで開発し
公認を取得した、

ゴルフライブ完全オリジナルボール
『Z3 SOFT(ゼットスリーソフト)』

・第一に飛距離を伸ばしたいが、
 ショートゲームも大切にしたい方

・ヘッドスピードが極端に高くない方
 (平均で260y以上をコンスタンスに出せる方)

・ブランドより、性能を重視する方

・よくロストするため値段でボールを選んでいる方。

そんなゴルファーが求める
すべてを叶えるために開発したこのボールが、

あなたのベストスコアを実現する
助けになるかもしれません。

再入荷分が完売してしまう前に、
ぜひその性能をお確かめくださいね。

https://g-live.info/click/z3soft_2207/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】上達を阻むオーバーコントロールとは

2022.07.24
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。
 

さて、今回は
 

 「上達を阻むオーバーコントロールとは」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

オーバーコントロールは、上達を阻む最大の原因です。
それは。。。

(続きはビデオにて)

上達を阻むオーバーコントロールとは


パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf220724/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

オーバーコントロール

オーバーコントロールは
舵を切りすぎるなどやりすぎの操作です。

ゴルフのデスムーブの多くは
このオーバーコントロールで発生しています。

デスムーブとは、やってしまうとスイングが死んでしまう動きです。

トップからの打ち急ぎ、バックスイングで手でクラブを引いたり
トップに向かって腕を押しあげるなど、
スイング中の気づきにくいデスムーブは多いものです。

オーバーコントロールとなる理由

では、オーバーコントロールはなぜ発生するのでしょうか。

まずは、操作して変化が現れて
感覚にフィードバックされるまでには時間がかかります。

車の運転では回りたい方向へちょっと少なめにハンドルを切って
車がカーブをはじめたら、さらに狙いの方向へハンドルを回していきます。

それができると、正確に狙ったカーブを滑らかに
車への負担も少なく回ることができます。

ところがオーバーコントロールでハンドルを最初に多く切りすぎると、
車は遅れて大きく曲がることで思ったラインを外れはじめます。

そうすると焦ってハンドルを戻そうとして、
今度は遅れて戻ることで曲がり足りなくなることを繰り返す
蛇行運転になります。

コントロールの基本

この操作を正しく行う決め手が動きを誘発させる動作を少しだけおこなってから、
変化しはじめた動きを感じてちょうど良いコントロールをプラスすることです。

ゴルフのスイングでは、脚を使って体を右にターンさせて
それにヘッドが遅れないぐらいの力で上半身が耐えていれば、
ヘッドはだんだん勢いを増してきます。

スタンスの幅を肩幅ぐらいまで広げているなら、
脚をしっかり使い切ればそれだけで
手元は胸の高さぐらいまではあがります。

そして、ヘッドはそれまでの勢いと
シャフトが垂直を過ぎてからはクラブの重さも加わり、
腕を上にあげようとしなくても深いトップまで到達できます。

ゴルフでのオーバーコントロールの実態

しかし、脚でのクラブの動きを無視して
バックスイング開始からいきなり手でクラブを操作すると、
右肘を自ら曲げてクラブを持ちあげたりします。

さらに、クラブをインサイドに引いたりする、
まさにオーバーコントロールとなります。

また、ダウンスイングではヘッドを振ろうとすると、
腕の力でクラブを振りおろし体をしならせるどころではありません。

まさに、自ら出そうとする力だけでヘッドを振ることになって、
能力の限界までのパワーを出せなくなります。

本来は、受ける力でしなりを誘発させて、
そのしなり戻りでパワーを発揮させます。

そうすれば、パワーをかけるべき方向へ
正確に力を伝達させることもできます。

オーバーコントロールで打ち急がないで、
体やシャフトをしならせてそれがしなり戻ることを感じましょう。

ある意味で真逆のイメージ

そのためには、やろうとしている動きの
真逆の動作が必要になったりもします。

ヘッドを振ろうとしていては、
しなりのエネルギーは溜まりません。

むしろ、体のターンに対して
ヘッドを遅らせてくることで体をしならせます。

脚の働きで遅れてついてくるヘッドと
上半身のしなりのエネルギーの蓄積を感じて、
それに合わせて動きたいものです。

そのためにも小さな振り幅でのショットを一番重いクラブである
サンド・ウェッジでゆっくり動きながら、
15〜50yぐらいのショット練習をやってみましょう。

そうすると、クラブの動きを感じやすくなり、
クラブの動きに同調してパワーを伝えることができるようになります。

車の運転を学ぶときも、
いきなりハイパワーの車で高速道路を運転しません。

ゆっくりやるべき操作をゆっくり運転しながら地道に練習します。

ゴルフだって同じでいきなりフルショットであだこうだと悩むより、
小さな振り幅でやろうとしていることを色々感じながら練習したいものです。

オーバーコントロールの原因のひとつ反応速度の低下

ところで、アルコールを飲んでの酔っ払い運転では
蛇行走行になります。

これは、アルコールで反応速度が低下するからです。

まさに、加齢による反応速度低下で
さらにオーバーコントロールに陥りやすくなることを、
若いときよりもしっかり認識しなければ上達は望めません。

その他のスポーツでも

また、私はスキーをやっていたとき一番注意していたことがあります。

ターンしようとして回りたい方向へ体を向けてしまい
逆にターンが甘くなって狙ったコースを外してしまうミスを
かなり意識的に注意していました。

スキー板はたわむことでカーブができてターンしてくれます。

そのたわみを誘発してあげて、
スキーがターンし始めてくれたことを感じながら
遠心力に対応するように体をターン内側へ倒します。

そうすることでさらにスキー板はたわんで、
よりいっそう深い弧を描いてくれます。

この一連の動きを感じながら操作することで、
狙った軌道をスキーがトレースしてくれます。

そして、大きなパワーを楽に受け止めることができて、
スキーはぐんぐん走ります。

道具の動きを感じながら、少しずつ操作することは
全てのスポーツでもコントロールの重要な要素です。

パワーだけではなく、
距離の精度と方向性がスコアに大きく影響するゴルフにとって、
このコントロールの要をしっかり意識しましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

・ゴルフ歴30年
・最近の飛距離171y~190y
・ヘッドスピード37~40m/s
・50代頃から年齢とともに飛距離が落ちてきていた。

そんな70代男性が、わずか3ヶ月で
ヘッドスピードが43.4m/s
平均飛距離は224yを達成!

そんな大変身をとげた
「70代ゴルファーに訪れた転機」をご紹介します。

詳細はコチラをクリック

明日7/25(月)まで
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加