最近のブログ

亀子流『パッティング理論』3要素

2019.02.09
亀子充温

From:亀子充温

みなさん
こんにちは

さて
今日のブログは
【様々なパッティング】
【パッティング練習】
をアップします。

僕は、スイングもそうですがパッティングも
『どんな打ち方でも構わない』と思っています。

例えば
*王選手の『一本足打法』
*野茂投手の『トルネード投法』
とても個性的です。

でも、彼らの打法や投法には絶対に欠かせない肝心要な『肝』を掴んでいるからこそ
素晴らしい成績が残せたのだと断言致します。
パッティングについても
青木プロの様な『タップ打法』も同じです。

が、しかし
これらの個性的な動きを真似する必要はありません。
『個性』とは個人が持って生まれたものなので・・・
個性を活かしながら肝心要な『肝』を理解して練習して欲しいのです。

僕が敢えて個性的な【様々なパッティング】をしてみました(笑)
#1

さてさて
ここからが今回のブログの本質です。
パッティングの『肝』
『僕のパッティング理論』の3要素です。
❶カップに届く強さで打つ事
❷ラインを読み切る事
❸読んだラインに打ち出せる事
この❶と❸に関連する僕がお勧めする【パッティング練習】を動画にしましたのでご覧下さい。

僕の理想のパッティングストロークの幅は
『テイクバック4割:フォロー6割』です。
理由は
【フォローで極力フェイスをスクエアに出す事に依りラインに乗せ易い】からです。
フォローで極力フェイスをスクエアに出せれば直進性が増します。
テイクバックは、気にせずフォローのフェイスの向きに集中して下さい。
フォローがスクエアならばテイクバックは自ずとスクエアに近付きます。

また、パッティングストロークを銃に例えると・・・
ピストルとライフルの差
ピストルよりライフルの方が銃身が長いので命中率が上がります。
パッティングのテイクバック=飛距離
パッティングのフォロー=直進性
なのだと僕は、考えています。
それらを踏まえ、且つ、アドレス・頭の位置・体の動きに注目して動画を視聴して下さい。

先日、新たに開発中のパッティング練習器具【Putting Plate & Putting Tip】を持参して
河川敷のゴルフ場へ友人を伴なって試打に行ってきました。

開発中のパッティング練習器具の効果は、友人には『絶大』でした!!!
ストロークが綺麗になり&ミスヒットが少なくなり友人は感激していました。
まだ、発売前なのでパッティング練習器具の全貌をお見せ出来ませんが・・・
もっと使い易く『何人にも効果が出る』練習器具にすべく・・・
以前、プロにも何人か試打して貰い『好評』を頂いているのですが・・・
パッティング練習器具を使うアマチュアの方々の為に
あと10名ほどのアマチュアの方々に試打をして頂き、改良点を模索してみます。

<本日のオススメ>

>今まで悩んでいたミスショットが
 みるみる少なくなる!
>ラウンドでもイメージ通り打てるようになり、
 スコアアップができた!
>どんな練習をしたらいいのかわからない、
 そんな迷いがなくなる!

なぜ、こんな成果が出せたのでしょうか?
秘訣はたった1つだけです…

http://g-live.info/click/ad_ichi1902/

イベントで一番いただいた質問がコレ

2019.02.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さて、ちょっと前のことなんですが
ゴルフ場であるイベントをやった時のこと。。。

たくさんの質問をいただいた中で
一番多かったのが、コレだったんです~( ´Д`)

イベントに来る人はみんな意識が高い!

ですがその前に。。。
こうしたイベントに来てくださるみなさんって
ホントみんな、意識が高いです!

いつも、モンゴもエネルギーをいただいています。。。

これをお読みのあなたも、チャンスがあれば
イベントにご参加いただくと、楽しいですよ~!(о´∀`о)
 

さて、そのイベントでは、
たくさんの方とお話をさせていただきましたが。。。

どの方も、ゴルフに対して熱い気持ちをお持ちでした。

イベントに参加されてさらに盛り上がった気持ちをもって
得た教訓をもとに実行していけば。。。

間違いなく、もっともっと
上手になると思います。( ̄ー ̄)b
 

さて、前置きがながくなっちゃいましたが、
一番いただいた質問が、こういうものでした。

「あの理論が…」

そのイベントでよくいただいた質問っていうのが。。。
 

 「モンゴさん、最近流行りの
  ○○理論って、ありますよね?

  実際に私もちょっと試してみたら
  結構良さそうな感じがしたんですが。。。

  実際のところ、どうですかね?」
 

まあ、たくさん聞かれたって言っても、
3~4人からだったんですが。。。

でも、同じ日に似たような質問が立て続けだったので、
多いと感じてしまいました!(;^_^A
 

で、こういう質問を頂いた時は
やっぱり実際にやってみるのが一番だと思ったんで
その中のお一人に、
 

 「じゃあそれ、ちょっと今やってみましょうか!」
 

と言って、その理論のやり方、考え方で
ボールを打っていただいたんですが、そうしたら。。。
 

 ダフリ、トップ、ジャンク。。。ミスしか出ない!(T_T)
 

そんな状態で、お客様からは
 

 「あれー? この間やってみたら、
  うまくいったんだけどなあ。。。」

 

というようなことをおっしゃるんですが、う~ん。。。

つまらないことを言いますが

ゴルファーの方ってやっぱり
新しいもの好きな方が多いのかもしれません。

好奇心旺盛で、新しいスタイルを
試してみたくて仕方ない。。。

でも、そんな気持ちはよ~くわかります!
なんたって、モンゴもそうですから~(#^^#)
 

ですが。。。つまらないことを言いますが、
 

 「今、それをやるのが本当に必要ですか?」

 「基本練習を、本当にやり切りましたか?」

 「やり残していることは、本当に無いですか?」
 

こんなふうにお話しすると、
たいていの方が渋い顔をなさいます。。。

でも、そりゃあそうですよね。
 

 「これ、いけんじゃないの?」
 

って思って、ウキウキした気持ちに
水を差されちゃうんですから。

でも。。。

よく思い出してみてください!

以前に「これ良いかも!」って思って取り組んだけど、
何回かやってイマイチでやめてしまったやり方って。。。

いくつありますか???
 

あるいは「これはイケる!」って思って
買って読まなくなった雑誌や本って。。。

何冊ありますか?
 

難しいことに目移りすることなく、
「まずはこの基本だけは完璧にする!」
と決めてやっていたら。。。

少なくともそこだけは、
すごく上手くなった可能性もあるんじゃないですか?
 

このメールマガジンを読んで下さっている
ゴルフに熱心なあなたなら。。。

まずは基本をしっかり固めたほうが
圧倒的にスコアアップに繋がること、
すでにご存知でいらっしゃいますよね?
 

それに実は、人間の体ってとっても器用なので
 

 「これ、やってみよう!」
 

という感じでテンション高めでやってみると。。。

初めてでちょっと難しいことでも
結構うまくできちゃったりするんです!(´・ω・`)
 

でもそれって「ビギナーズラック」というか、
楽しいときの馬鹿力というか。。。

「一回限りの偶然」でしかなかったりするのです。
 

改めてお聞きしますが。。。

あなたがゴルフでめざしているものは、何ですか?
 

もし、上手くなるよりも
「新しいことを試したくて仕方がない!」
というのなら、いろいろ試すのもアリでしょう。

ですが、もっと上手くなりたい、
スコアをよくしたいという目的があるなら
いろいろ難しいことを試すよりも。。。

ビジネスゾーン、ベタ足といった基本を
しっかり継続して続けていただくほうが、
はるかにいい結果が出るはずです。

それは、モンゴが保証します!
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

 「最高ハンデキャップはなんと3!」

すごい結果を出している
「市原さん」というゴルファーから
秘密が聞けました。

ほんの数年前までは、
100を切るのがやっとだったのに…

なんと今では小原プロのコンペで
ベスグロで優勝してしまうほどに!

いったい彼は何をしたのか?
インタビューで秘密を語ってもらいました。

小原杯をベスグロ75で優勝した男性:

http://g-live.info/click/ad_ichi1902/

今週末いっぱいの公開です。お早めに

アプローチでPWとウェッジの選択に迷います。

2019.02.08
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「PWとウェッジの選択に迷います。」

というテーマでお話をしたいと思います。

これは先日生徒さんからいただいた
質問に対する回答となります。

あなたは、こんなこと良くありませんか?

セカンドでグリーン近くまで行きながら、
アプローチでトップしてグリーンオーバー、
グリーン手前でダフってチョロ・・・

誰もが経験のあることですよね。

パーオン率の目安を数字で見ていくと、
HCP9で約40%、HCP18で約18%、
さらに、HCP36は1%!

平均スコア100前後HCP18~20のゴルファーの場合、
上記を踏まえてパーオン率が約18%。

18ホール中パーオンはわずか3回!

残り15ホールではグリーンを外していることになるので、
この数字を見るとスコアアップのためには
アプローチの重要性がわかりますよね。^^

まず最初に、あなたにお聞きしたいことがあります。

あなたへの質問

あなたは、

A:グリーン周りで1本のクラブで打ち分けますか?
B:それとも状況別にクラブを使い分けますか?

1本のクラブで打ち分けるには、
フェースを開いてフワリと上げたり
ロフトを殺して転がしたりと様々な技術が必要になります。

逆に状況によってクラブ選択をする場合、
そのクラブのロフト角によって球筋は
勝手に変わるので技術的には簡単ですね。

あとは経験あるのみです。

例えば、練習場でアプローチの練習をする時、
ほとんどの方はSWとかAWで練習をします。

7番アイアンや5番アイアンを持って転がす練習をしている人は居ませんが、
状況によってクラブ選択するなら、とても効果的な練習になります。

プロでも難しいウェッジ

まず、考えるべきはどうしたら
一番簡単に打てるのかどうか。

これは当たり前の話ですが、
ロフトが立っているクラブほど
簡単に打つことができます。

つまり、パターが一番簡単に打つことができて、
逆に寝ているSWが一番難しいクラブということです。

なぜなら横から見たときに
とらえられる面積が狭いからです。

当然、面が立っていてボールが当たる面積が
大きいほど簡単なクラブとなります。

具体的にアプローチで
簡単なクラブから順に記載していくと、、、

パター > 7I > 8I > 9I > PW > AW > SW

となります。

皆さんプロのような上げるショットばかり練習して
敢えて難しいクラブ選択をしています。

打ち方による違いはありますが、
アプローチでのキャリーとランの比率もご紹介します。

キャリーとランの比率

状況別の打ち方とクラブ選択は?

グリーンの手前に池やバンカーがある場合、
ロフトのあるクラブでボールを上げるしかありません。

問題はグリーンまで障害物のない場合です。
100切りを目指すゴルファーがまず考えるべきは転がすこと!

スコア90以上の方は、
以下の条件分岐をぜひ参考にしてみて下さいね。^^

グリーン手前にハザードや障害物があるかどうかで
使用するクラブ選択が変わっていきます。

キャリーとランの比率_03

これを見ると、
障害物が無い状況下でのパターが鍵になっていて、
ウェッジの選択肢がありません。

次にスコア89以下の方は、
以下の条件分岐をぜひ参考にしてみて下さいね。^^

より使用するクラブの選択肢が増えていきます。

キャリーとランの比率_05

いかがでしょうか?

普段あなたが使用しているクラブとの違いがあったとしたら、
敢えて難しいクラブ選択をしている可能性があります。

今回の内容は特に芝が枯れている今の時期には効果絶大なので、
転がす感覚をどんどん養ってみてくださいね。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

すごい結果を出している
ゴルファーから秘密を聞きました。

「市原さん」という40代男性。

100切りがやっとのアマチュアゴルファーが
短期間で最高ハンデキャップ3!

「小原大二郎カップ」でベスグロ
「75」を取るまでに至った練習とは…

いったい彼は何をしたのか?

http://g-live.info/click/ad_ichi1902/

【ビデオ】小原大二郎のグリーン周り戦略

2019.02.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週まで、パッティングについての動画を
多くお送りしてきました。

早速試して頂いているでしょうか?

改めてまとめておくので、
見逃した方はぜひしっかり見ておいて下さい。

パターでの困難な状況、迷ってしまう場面で
役に経つはずです。

【ミドルパットの3秒ルール】
https://g-live.info/?p=35368

【グリーンを少し外れた時、効率的に寄せる方法】
https://g-live.info/?p=35465

【グリーンの傾斜を攻略する方法】
https://g-live.info/?p=35778

 

今日は同じグリーン周りとなる、
アプローチについてです。

ダフリやトップなどのミスを減らし、
ミート率を上げたいのなら、、、

この練習があなたの助けとなるでしょう。

ビジネスゾーンをしっかり実践している皆さんですから、
アプローチの大切さをご存知ですよね。

「グリーンを捉えた!確実に乗せたい…」

そんな状況でミートが安定せず
ダフリトップなどのミスが出てしまう。

そんな悩みを、
多くの方が抱えているのではないでしょうか。

今日ご紹介した「片足打ち」は
センターの感覚を思い出すための役にも立ちますので
毎回の練習に組み込んでみてもいいですね。

ぜひ実践していただいて、
グリーン周りに強くなりましょう!
 

来週は久しぶりに、
スイングについて動画をお届けする予定です。

楽しみにしていてくださいね。
 

小原大二郎

追伸:
私がゴルフの基礎を詰め込んだプログラム
「7日間シングルプログラム」

その内容を元に、実際のラウンドで
活かすために作ったプログラムが
キャンペーン中です。

このプログラム単体でも
とても高い効果があります。

実際に参加していただいた方の声も紹介しているので、
ぜひ確認してみて下さい。

http://g-live.info/click/ad_ichi1902/

プロみたいなラウンドをしてみませんか?

2019.02.07
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

先週末のフェニックスオープンは
なかなか壮絶でしたね。

結局はリッキー・ファウラーの優勝ということで
幕を閉じましたが、最終日にダボ、トリを叩いて
勝利したのは1983年以来とのこと。

それでも勝てるなんて
すごいなと思いました!

さて、日本でもアメリカでも
普通は一回のツアーで4日間
同じホールでラウンドします。

あなたも泊まりゴルフなどで
2日連続はあると思いますが、
3~4日間となると、

同じゴルフ場なのに、
ものすごく見える景色が変わります。

そこで今日は、かつて私が経験した
「同じコースをずっと回るとどうなるか」
という話をしたいと思います。

というのも、私は何日も連続で同じコースを回った時に、
ゴルフというスポーツの恐ろしさに気づいたんです。

それは、、、

昨日と同じホールなのに、、、

正直言うと、1日目は
なんともないんです。

なんともないと言ったら変ですが、
普通のラウンドと変わりません。

徐々に牙を剥き始めるのが2日目です。

この時、影響を及ぼすのは主に2つ。

1つはコース環境です。

ゴルフは例え同じ距離飛んだとしても、
落下位置が横に1メートルズレただけで
恐ろしくショット難易度が変わります。

あなたも、もう少し右に落ちてくれれば
あの木が邪魔しないのに、、、
みたいな経験ございませんか?

そういったボールが落下した位置のライや
風といった外的要因で、同じホールでも
全く見え方が変わります。

2つ目は前日のスコア。

これから回るホールのスコアが
前日に良かったにせよ、悪かったにせよ
絶対に思い出すはずです。

そうすると、

「前日バーディだったから今日も…」

とか

「昨日はボギーだったから今日は…」

こんな感じで、体に力が入ってしまいます。

このような感情がスイングに
影響しないわけがありません。

結果、思わぬところでミスが出たりします。

魔の3日目…

と、2日目までは多くのゴルファーが
体験していると思うので、
ここからは3日目以降の話。

3日目最大の敵、
それは疲れです。

ただ、それは体力的な疲れだけではなく
精神的な疲れと共にダブルパンチで我々に
襲いかかってきます。

確かに、2日回ることで
コースレイアウトはもう覚えています。

なので、大雨が降っているとか
そんな大きな天候の崩れが無い限り、
クラブ選択のミスなどは無くなります。

ですが、

なんで1日目と同じミスするの?って悩んだり、逆に
昨日までボロボロだったホールでバーディを取ったりと、

精神的なブレ幅が大きくなる分、
字のごとく、メンタルを擦り減らしながら
ゴルフをしていきます。

そこに、体力的な疲れが来ると、、、
ホールアウトした時には
グッタリします。

その上、夜になって寝る時に
ラウンドのことを思い出したりして
寝付きが悪くなったりします笑

そんなこんなで迎える最終日は
もう無の境地と言いますか、
達観したような雰囲気でプレーします。

意外とそんな状態になった時の方が、
思い通りのボールが打てて、
スコアが良くなったりするんですけどね笑

まとめ

中継などで見るプロゴルファーは
こういった自分自身の調子に加えて、
順位というものがあります。

追う側、追われる側両方経験ありますが、
どっちにせよ、辛いのは確かです。

改めて、ゴルフはテクニックではなく
メンタルのスポーツということを
思い知らされました。

今年のGWは元号改正の影響で
10連休になるとのこと。

もしよろしければ、連続ゴルフに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


<本日のオススメ>

「結局、去年は飛距離アップ出来なかったな…」

そう感じてる方はいませんか?

飛距離を武器に出来れば、
ゴルフは100倍楽しくなる。

そう宣言するレッスンプロが
あなたにメッセージがあるそうです。

こちらから詳細を確認する