作成者別アーカイブ: 森崎崇

森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

【ビデオ】グリーン周りで大コケしない方法とは?

2018.06.27
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフでスコアを減らしていくには、
リカバリーショットの技量も
大きく関わります。

どんなに上手いゴルファーでも、
林やバンカーの中に入れてしまうことは
あるので、リカバリーをおろそかには出来ません。

グリーン周りのアプローチもその1つで、
グリーンを外したとしても、アプローチで
寄せることが出来ればスコアはまとまります。

ですが、グリーン周りでダフリはともかく、
トップが出たりしてしまうと、
いわゆる往復ビンタになりかねません。

なので、アプローチは練習頻度を
多くしたほうがスコアはまとまりますが、
今日は練習の時に役立てていただきたい

とっておきの練習方法を撮影しました。

是非、ご覧くださいね。

続きを読む

ナイスショットの後にミスが出る。。。

2018.06.20
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

今日ですが、あなたに

「ナイスショットの後にミスが出る。。。」

というお話をしたいと思います。

あなたもご存知の通り、
ゴルフはミスをするスポーツです。

しかし、せっかくティーショットで
フェアウェイキープ出来ても、
セカンドショットでトップダフリ・・・

結局はボギー・ダブルボギーになってしまう。

そんな経験はございませんか?

では、そういったトラブルを
どうすれば回避できるのか?

今日はその原因と、
対処法についてお伝えしたいと思います。

ミスとナイスの境界線とは?

まず、はっきり言ってしまうと

ナイスショットが多いからと言って
スコアが良くなるということはありません。

あなたも経験したことあると思いますが、
ティーショットで普段より全然飛んだのに、
落ちた先はフェアウェイバンカーで、

結局出るのに2打費やした…

ということはこれまでありませんでしたか?

それよりも、ちょっと当たりが良くなくても、
バンカーを回避して、着実にアイアンで
前に進む方がスコアとしては良いことが多いです。

ゴルフが難しいのはここですよね。

ゴルフは一歩ティーグラウンドを
出れば、あらゆるライ、あらゆる傾斜が
ゴルファーを待ち構えています。

エンジョイゴルファーは、こういった
外的要因が加わると途端に不安が襲ってきます。

100点の後に、30点を取ってしまう感じです。

片や、上級者はティーショットでもセカンドショットでも
スコアのことを考えて、すぐに100点ではなく
70点を取りにいくマインドに切り替わったりします。

なので、平均点で見れば上級者の方が
点数は高く、結果としてスコアも良い、、、

これがシングルかアベレージかを
分ける最大の要因です。

常に70点を取れるか?

スコアを一番に考えるという
観点ならば、7番が最大150yなら
120y飛んでくれれば大丈夫です。

急にダフって、30ヤードという状況が
とてもスコアに良くないです。

飛ばなくても良い、
良い当たりでなくても良い

そのかわり、バンカーや池といった
障害を避け、常に120ヤード飛ばす。

今すぐでなくてもいいので、
こういった視点をあなたの
ゴルフに取り入れてみてください。

それだけで、気持ちも楽になって
よりリラックスしてラウンドに
臨むことが出来ます。

参考になれば幸いです。

<本日のオススメ>
国産ゴルフクラブの聖地、姫路。

その中でも一際異彩を放つ
藤本技工と徳嵩フィッターが夢のコラボ!

これまでにありそうで無かった
スコア直結ウェッジがあなたのゴルフを
格段に進化させます。。。

http://g-live.info/click/tkwg180607/

グリップの握り加減はコレ↓が基準?

2018.06.13
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

今日ですが、あなたに

「グリップの握り加減はコレ↓が基準?」

というお話をしたいと思います。

グリップの握り加減って難しいですよね。

力のある人、力の無い人でも
変わりますし、年齢でも変わってきます。

軽く握りましょうとは言いますが、
軽すぎてはいけないし、だからといって
強すぎてはいけない。

結局、どこを落とし所にしたらいいものかと
悩まれている方も多いと思います。

そこで、私がレッスンしていて
一番納得いただけた基準をお伝えしつつ、
スイング中のグリップの注意点を、

お伝えしていきたいと思います。

意外に多いスイング中の◯◯?

グリップの握り方って
誰でも気をつけますよね。

ただ、スイング中の
グリッププレッシャーは
気をつけていますか?

どういうことかというと、
例えば、アドレスからトップまでは
3のパワーで握っていたのに、

ダウンスイングに入った途端、
8くらいのパワーで握ってしまったり、、、
ということです。

もちろん、全く変わらない
なんてことは難しいです。

ただ、トップまでは緩かったのに、
ダウンスイングから急に強くなったりすると、
アウトサイドインの原因になります。

また、スイング中にグリップを
握り直してしまう方が意外と
いらっしゃいます。

理由は様々です。

切り返しのタイミングにしていたり、
飛ばしたいと思う気持ちからなのか、
はたまた意識的なのか、、、

何にせよ、グリップの握り加減が
スイング中に変わると、

・スイングが安定しない
・出球が安定しない

などなど、あまり良いことは
無いので、グリップを見直してみようと
思われた際には、以下のことを試してみてください。

そのグリッププレッシャー、遠心力に勝てますか?

先に結論から申しますと、
グリッププレッシャーは
スイング中の遠心力に勝てるくらいで十分です。

説明しますと、ゴルフはスイング中に
クラブと人間が引っ張り合う動きが発生します。

私は以前、ダウンスイングは
綱引きと表現しましたが、ドライバーで
300ヤードも飛んだりするのはこの動きのおかげです。

ただ、ボールが遠くに飛んでいく力は
それなりの負荷がかかるので、ゴルファーは
それをしっかり制御しなければなりません。

裏を返せば、スイング中にかかる遠心力さえ
制御出来れば、それ以上のグリッププレッシャーは
必要ないと思います。

まとめ

最後にまとめると

個々人のパワーは年齢・性別によっても様々で
筋力がある方は、かなりグリッププレッシャーを
緩めなければいけませんし、その逆もまた然り。

なので、自分なりの握り加減を見つけるには

「スイング中の遠心力に負けない程度」

これを1つの基準として良いと思います。

もしあなたが、

遠心力に負けるとインパクト後に
ふらつきます。

遠心力に勝っていると、ダウンスイングが
カット軌道になります。

是非、ご自身の最適な
グリッププレッシャーを見つけてくださいね。

<本日のオススメ>

ゴルフ史に残るゴルファー、
ベン・ホーガンがレジェンドと呼ばれる秘密、、、

ゴルフコーチ、ツアープロ、あらゆる
ゴルフ関係者が皆口を揃えて
「行き着くところはベン・ホーガン」と言う秘密、、、

その秘密を30年間研究した江連コーチが
今回全てを明らかにしました、、、

今ならあなたもその秘密を知る
当事者の1人になることが出来ます

http://g-live.info/click/hog_ezu180531/

※本数限定でのご提供です

[感激]後輩がツアーで優勝しました!!

2018.06.06
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

私にとってとても嬉しい
出来事が起きました。

というのも、、、

先週の男子ゴルフ
「日本ツアー選手権森ビル杯」で
高校時代の後輩が優勝したからです。

名前は市原弘大。

プロ18年目にしての初優勝です。

市原との出会いはもう、
かれこれ20年近く前になります。

当時から既に有名で、
部内でも凄いやつが来ると評判でした。

しかし、、、

とっても物静かなゴルファーでした

中学時代にもう全国優勝しているほど、
私達の世代では有名人だったので、
どんなゴルファーなのかと期待していたのですが、、、

良い意味で期待を裏切られました。

市原はとても物静かで優しく、
雑用なども率先してこなし、
偉ぶるようなことは全くありませんでした。

試合においても、自分のペースを
乱すことなく、淡々と試合運びを
するタイプで、当然高校でも優秀な成績でした。

ゴルファーとしての市原の特徴は
なんといっても、その安定感。

前のホールがボギーでも取り乱さず、
すぐに切り替えてバーディを取れるような、
そういうゴルファーでした。

それでいて、高校時代から飛距離は300ヤード近く
飛んでいましたから、向かうところ敵なしという感じでした。

長い下積み時代

それから市原は卒業後すぐに
プロの道へと進み、次に再開したのは
私が大学卒業後に研修生をしていたゴルフ場でした。

お互いによく先輩のキャディをしていたので、
試合が終わってからコースでよく
2人でアプローチ練習をしていました。

それから、彼はプロを続け、
ツアーに挑んでいましたが、
途中、ケガに悩まされてしまいます。

確か腰を痛めていたと聞いていますが、
それこそクラブを握るのも
ままならない時期もあったそうです。

そういったコンディションの中でも、
シード権を取ったり、アジアンツアーにも
参加したりと精力的に活動していましたが、

あと一歩というところでいつも
悔しい思いをしていました。

そして、苦節18年。

ついにメジャー優勝という
栄光を勝ち取りました。

プロ転向から17年5ヶ月での優勝は
ランキング入りするような記録とのことで、

その上、私達の母校出身者として、
初めて優勝したゴルファーにもなりました。

諦めずに続けることの素晴らしさ

18年間優勝出来ずに、ケガにも悩まされ
幾度となく引退の文字が頭をよぎったことと思います。

それでも、諦めずに努力し、
優勝を勝ち取った市原を
私は心から尊敬します。

恐らく、本人的にはメジャー優勝したことで
向こう5年間のシード権を獲得したことが
かなり嬉しいのではないかと思います。
(本戦に出るのはじつはとても大変です。)

それと同時に全英オープンの切符も手に入れ、
今まさにプロゴルファーとしての花開いた
市原をこれからも応援したいと思います。

改めて、市原弘大プロ、
優勝おめでとうございます。

<本日のおすすめ>
あなたは、

「素振りは良いのに本番になるとミスが…」

そんなことを思ったことはありませんか?

じつはある方法を使うと、自分ひとりでも
最適なスイングの状態がわかり、勝手に
スコア直結スイングになってしまうのですが、、、

知りたい人は他にいませんか?

http://g-live.info/click/oop_1806/

ゴルフに必要な”自己プロデュース力”とは?

2018.05.30
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

実はここ最近、
スタジオのコーチ達では
釣りが流行っています。

宮本コーチや徳嵩フィッターなど、、、

みんなスポーツマンだけあって、
やるからには真剣に取り組んでいます。

私はまだ釣り歴は短いので、
是非釣りも好きな方は
色々教えて下さい!

さて、今日は

「ゴルフに必要な”自己プロデュース力”とは?」

というお話。

ミスショットが出たり、飛距離が伸びないと
自分のスイングのどこが悪いのか
必ずチェックを始めると思います。

肘が悪いのか、膝が悪いのか
はたまた体重移動が悪いのか、、、

ただ、だからといってすぐに私達のような
人間にスイングを見てもらうことが
難しい方もいるでしょう。

そこで、そういう時に
ミスショットの根源を見つける
ちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

自分自身と対話していますか?

私達は普段、家族や友人、
同僚といった自分以外の人と
話すことが一日の大半を占めますよね。

なので、たまには
自分自身と対話してみてください。

ゴルフのお悩みを聞いていると、

”わかっているのに、
どうしてそうしてしまうのか”

という相談を受けます。

例えば、、、

・安全にいくべきところを
 ドライバーで一発逆転を狙ったり…

・転がしアプローチで良いところを
 ロブショット風に狙ってみたり…

こういう経験って、誰しもあると思います。

私はあります。

バーディ、イーグルを取らなければ
試合に勝てない環境にいたので、
どうしても気が焦ることも多かったのです。

結果からみれば、焦って良いことなど
無かったのですが、気づいたこともありました。

「森崎はそれをしたいのか?」

矢沢永吉さんが自分のことを
「矢沢」と呼ばれていますが、
それと同じです。

自分を客観視して見て、
自分と対話し始める。

そうすることで、自分が今から
何をしようとしているのかが
鮮明に見えてきます。

話を戻しますが、
スイングに問題があるときも
理由に目星が付いてることってありますよね。

アウトサイドインでスイングしてるのは、
打ち急いでからだとか、起き上がるのは
右足が地面から離れるからだとか、、、

そういう時に、
是非自分に問いかけて見てください。

「どうして、●●(←自分の名前)は起き上がろうとしているんだ?」
「どうして、●●は打ち急ぐんだ?」
「どうして、●●はフォローで左肘を引こうとしているんだ?」

といったように、自分自身と
一歩距離を置くだけで、とても
冷静になることが出来ます。

まとめ

今日は自分自身を客観的に見るという話をしました。

ゴルフは実にメンタルを
試されるスポーツです。

練習においても、ラウンドにおいても
常に自分自身との闘いです。

自分のスイングと向き合うときは
是非、一歩引いた距離で、
自分を俯瞰で見てみてくださいね。

きっと、新たな気付きがあると思います。

<本日まで!小原プロの最終兵器>

今日のお話のように、普段は自分自身で
スイングをセルフチェックしなければ
いけない方も多いと思います。

そんな方におすすめしているのが、
こちらのアイテム。

私達も使っていますが、
良いところ・悪いところが
はっきりするので好きです。

http://g-live.info/click/oblod180524/

久しぶりの練習で絶望…どうする?

2018.05.23
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフを初めてそろそろ25年、
毎日ゴルフのことばかりを考えていますが、
ここ最近、少し練習をしていませんでした。
(あくまで自分基準ですが)

そうすると、、、

やはり、自分のイメージとは違う球が出ます。

こうスイングしたから、このような出球になるはず、、、
と思っていても、思い通りになりません。

あなたも、仕事や用事などで
気付いたら数週間は練習していない、、、
久しぶりに行ったら違和感だらけ、、、

という経験はございませんか?

そこで、今日は久しぶりに練習する時の
注意点や効果的な練習をお伝えしたいと思います。

兎にも角にもまずは素振りから

まず、ゴルフスイングに使う筋肉、
股関節や背筋などのパーツを
呼び起こしてあげましょう。

そのために、一番重要なのが
素振りです。

素振りも2通りあります。

1つはいわゆる普通の素振り。

クラブはピッチングが良いと思いますが、
まずが右足→左足→右足…といった順に体重を
乗せていって、体を左右に振っていきます。

そうすることで、スイングに必要な筋肉と
体の力みをとってほぐしていきます。

次にスロー素振り。

これはやりすぎると疲れるので、
ほどほどで大丈夫ですが、フォローまでの
スイングを、コマ送りの要領で行います。

そうすることで、1つ1つの動きを
正確に把握することが出来るので、
ボールを打つ前に実践してみてください。

ボールを打つにもまずはハーフスイングから

素振りを数分行ってから、
次はボールを打っていくのですが、
ここで注意なのが、

「悪いボールが出ても気にしない」です。

おおよそ、良いスイングも悪いスイングも
数週間練習しなければ、定着しません。

よって、恐らくこれまでとは
違う感じのボールになったりします。

なので、まずはビジネスゾーンの振幅から
始めます。

内訳は

ビジネスゾーン:6割
肩~肩:3割
フルスイング:1割

これで勘を取り戻せてくると
思います。

久しぶりにゴルフをすると
表れるスイングのクセ

私の中での統計ですが、
久しぶりにゴルフをする方に多いのが

・スイングリズムが不安定
・前傾姿勢のキープが出来ない

この2つです。

スイングリズムは、久しぶりなので
忘れているだけなので、また継続的に
続けていれば思い出すのですが、

前傾姿勢のキープはクセになる可能性があります。

ゴルフのスイングはアドレスの時点で
負荷がかかるので、久しぶりにすると
苦しく思えるんですよね。

なので、ゆっくりでいいので
ベタ足スイングなどで前傾の維持だけを
気にする時間を作ってみてください。

まとめ

今日は久しぶりの練習について
お伝えしましたが、このメニューは
日頃から練習されている方にも効果的です。

もし、お忙しくてなかなか練習に
時間を取ることが出来なくても、素振りだけでも
行って、感覚を忘れないようにしてみてくださいね。

<本日のオススメ>

ゴルフ大国アメリカに単身渡り、
ゴルフの真実にたどり着いた

一人のゴルファーの最新スイングメソッド…

その秘密をこちらのページで
余すこと無く公開しています。

http://g-live.info/click/mrtip1805/

ボール打ち放題に行っても良い時悪い時

2018.05.16
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

最近、練習場で打ち放題プランのある
練習場が増えていますよね。

大体は1時間いくらとなっていて、
その間であれば、何球打っても
値段が変わらないというシステム。

1球いくらよりは
料金が明確で良いですが、
私個人としては、

半分オススメ出来て、半分オススメ出来ません。

なぜなら、打ち放題がメリットになる時と
デメリットになる時があるからです。

そこで、今日は打ち放題に向いてる練習、
向いてない練習をお伝えしたいと思います。

打ち放題に向いてない人

まず、はっきり申し上げて
ある程度ゴルフ歴を重ねてきているゴルファーは
ちょっと打ち放題に向いてないと思います。

というのも、ゴルフはたくさん
球を打ったからといって
上達するとは限りません。

それは、学生時代363日ボールを打ちながらも、
上達に悩んだ私がいるので、間違いないです。

むしろ、スイングを崩す可能性が出てきます。

もちろん、数を重ねないと見えないものも
ありますが、意味のある練習やスイングを
心がけなければ、変なクセが付きます。

意味の無い1000球より、意味のある100球です。

打ち放題に向いてる練習

打ち放題でやってもいい練習、
それはアプローチ練習とビジネスゾーンです。

前に僕もビジネスゾーンを練習場で
練習していたのですが、恐ろしいくらい
ボールの減りが早かったです。

スタジオの会員様でも
ビジネスゾーンの練習をする時は
打ち放題にしているという方がいます。

当然、ただビジネスゾーンの型だけを
真似ても意味は無いですが、DVDや本などで
動きを理解し、体に型を染み込ませるためには、

ある程度球数が必要だと思います。

また、アプローチ練習も
精度の求められるジャンルなので、
微妙なタッチで距離が変わります。

なので、自分の中で基準を
作ってあげるには、やはり球数を
打つことも必要だと思います。

ということで、打ち放題に向いてない練習は
お察しの通り、フルショットの練習です。

そもそも、200球以上フルショットするのって
なかなか大変だと思うのですが、
打ち放題だと球数気にしないので、

意外とそれくらい打ってる方、けっこういらっしゃいます。

その上、1球にかける思いが球数だけ
薄れていくので、そういう意味では
打ち放題も使いようだと思っています。

まとめ

今日は最近増えてきた打ち放題練習場について、
お話しましたが、打ち放題の存在自体は
否定するつもりはありません。

ただ、使い方を間違ってはいけないと思います。

基本的には量より質を追い求める姿勢が
上達の道筋だと思っていただければと思います。

PS

番外編として、
ストレス発散のために打ち放題を
利用するのも悪くないと思います。

あくまで、たまにはですが、、、(笑)

<現代日本人が栄養不足って本当!?>

誰だっていつまでも元気で
ゴルフをしていたいものですよね。

しかし、これだけ食が豊富な現代に置いても、
体を健康に保つ栄養素が絶対的に不足しているという
事実をあなたはご存知ですか?

その原因・対策について
小原プロがこちらで暴露しています。

http://g-live.info/click/b9g_1805/

FWを得意クラブにする第一歩はコレがオススメ

2018.05.09
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

比較的晴れていたGWから一転し、
どうやらここ最近は天気が悪いようです。

ラウンド中に雨が降っていることも
これからは増えてくるので、
雨具の用意はお忘れないように。

さて、

今日のお話は

「FWを得意クラブにする第一歩はコレがオススメ」

という話。

やはり、苦手なクラブを聞くと、
FWとおっしゃるゴルファーは多いです。

ただ、飛距離は稼げるので
使いたくなってしまい、
ミスしてしまう、、、

というような
「ギャンブルクラブ」みたく
なってしまっています。

なので、今日はイチから
FWと向き合うための
第一歩をお伝えしたいと思います。

FWでこれはやってはいけない

まず、FWを扱う上で
なるべく避けて欲しいのが

・3Wを使う
・すくい打ち
・特別なスイングをしない

この3つです。

1つ目の3Wですが、
現在スコア90を切ってない方の場合、
使わない方がスコアを作りやすくなります。

使わない理由は言わずもがなですが、
ウッドを入れるなら

5W
7W

この辺りがオススメです。

特にショートウッドと言われる
7W以降は使いやすく、ミスが減ります。
それでいて、飛距離は200ヤードほど飛びます。

それだけあれば、ロングホールでも
十分にパーオン出来るので、
個人的には普段は7W、より飛ばすなら5W

というような考え方で良いと思います。

次に打つ時の心構えですが、
すくい打ちは避けましょう。

フェアウェイウッドの場合、
払い打つかダウンブローかで分かれますが、
どちらにせよ、すくい打ちはミスの元です。

5Wでも、大体18°前後はロフトが
あるので、意識して上げようとしなくても
ミートすれば上がるので、まずはしっかりと当てることが先決です。

そして、全体を総称してフェアウェイウッド専用の
スイングをしないことです。

もちろん、ドライバーとまるで一緒という
訳にはいきませんが、基本は
下半身リードでのスイングです。

FWが好きになる第一歩

で、これらの事を踏まえた上で
まず何から始めるかというと、

フェアウェイウッドアプローチ

です。

飛ばそうとするのではなく、
ウェッジを振る感じで
フェアウェイウッドを振ってください。

スタンスもアプローチの時と同様です。

振幅はビジネスゾーンの範囲にこだわらず、
56°で50ヤードくらいの時の振幅、というように
いつものあなたの感じで振ってください。

これをすることで、軽く振っても飛ぶんだ
ということを実感してください。

この要領で、徐々に振幅を
大きくしてあげれば、以前の自分よりも
使いこなせるようになれていると思います。

まとめ

今日はフェアウェイウッドの
トレーニングをお伝えしましたが
いかがでしたでしょうか?

フェアウェイウッドは
練習頻度が相対的に少ない分
苦手な方も多いと思います。

ただ、3Wを除き、特別難しい
クラブではないので、まずは
アプローチ感覚で体に慣らしていきましょう。

そうすれば、必ずや心強い相棒と
なってくれるでしょう。

練習頑張ってくださいね。

【ビデオ】上半身の意識を無くしてみましょう

2018.05.02
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

ゴールデンウィーク真っ最中の今日ですが、
いかがお過ごしでしょうか?

普段よりも連続してゴルフを
する方もいらっしゃると思いますので、
怪我をなさらないようにお気をつけくださいね。

ちなみに、スタジオは通常通り稼働中です!

さて、今日は動画レッスンとなります。

繰り返しを承知で申し上げますが、
スイングの完成度を高めるためには、
下半身リードが必要不可欠です。

なので、あなたがアウトサイドインのような
スイングであったり、スライス傾向のボールならば、
今よりもっと上半身の意識を無くしてください。

今よりももっと下半身を使って
スイングするために、押さえていただきたい
ポイントが3つあります。

是非今日の動画をご覧になって
効果的な練習を行ってくださいね。

続きを読む

あなたはどっちのタイプのゴルファー?

2018.04.25
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

昨日はメルマガを購読されている方達と
一緒に交流ラウンドをしました。

「メルマガ見てます」とか
「この前の内容で質問が…」など
色々聞いてくださってとても嬉しいです。

次は6月に開催しますので、
お時間が合えば、是非
いらしてくださいね!

さて、今日は

「あなたはどっちのタイプのゴルファー?」

という話。

コースでレッスンしていたり、
会員様の話を聞いていると、
よく耳にするのですが、

是非、直近のスコア表を
見返してみてください。

あなたはどちらでしょうか?

前半と後半で別人みたい…

はい。

ということであなたは、

前半にスコアを崩すタイプですか?

それとも

後半にスコアを崩すタイプですか?

一応、私の中での統計では、
前半に崩すタイプのゴルファーが
多い印象を受けます。

確かに、スタート3ホールは
ドタバタすることが多くてスコアを崩し、
そのまま引きずることが多いですよね。

それに、まだ起きてから時間も
経っていないので、まだ体が十分に
起きていない可能性もあります。

逆に後半スコアを崩すタイプは、
集中力が途切れて、普段注意している
スイングの悪癖が表面化していることがあります。

あとは休憩が入ることで前半の良いリズムが
リセットされてしまうという方もいるでしょう。

では、それぞれどういう対策を
取れば良いのか?

解説すると。。。

前半スコアを崩すタイプの方は。。。

前半崩しやすい方は、
体が動いていないか、リズムが整ってないかの
どちらかだと思います。

特に久しぶりのゴルフだったりすると、
自分自身のリズムを取り戻すのに、
やはり3ホールくらいは使ってしまいます。

なので、対策としては練習場での
過ごし方にありまして、練習場では
リズムを整えることを最優先にします。

メインのクラブはウェッジとミドルアイアン。

まずはウェッジでティーの連続打ちをして、
スイングの力みを取りつつ、数球打ちます。

次にミドルアイアンで今日の出球をチェック。

最後にドライバーで肩~肩の振幅を打つ。

このくらいの感じで、朝イチのティーショットは
気持ち抑えめくらいがちょうどいいです。

前半崩す方は、とにかく体が起こすことと
リズムを整える、この2つに専念していただくと
変わってくると思います。

後半スコアを崩すタイプの方は。。。

後半崩す方の原因は、
疲労とメンタルとスイングです。

申し訳ございません。
後半に崩す要因は色々とあります。

ただ、メンタルという側面が大きく、
例えば前半のスコアが44だったとしましょう。

そうすると、必ず
「後半も同じなら88で90切りだ」という
考えが自分を駆け巡ります。

こういう時にミスが多くなります。

期待が大きくなってしまうんですね。

なので、こういうケースが多い方は
良くも悪くも後半はスコアを気にしない
ことがメンタルを整える特効薬です。

他にも、後半はスイングが徐々に
乱れてくるので、ミスが増えます。

プロもそういう傾向にあるので、
皆さん、そこを気にしているのですが、
やはり甘い物を摂取するのは効果的です。

これはやりすぎですが、学生時代に
合間を見つけては砂糖水を
がぶ飲みしている人は見かけたことがあります。

まとめ

今日は前半と後半で
スコアに差が開くことへの
対処法についてお話しました。
1つ、覚えていただきたいのは
ツアープロですら、18ホール全てにおいて
安定していることは稀で、やはりどちらかに偏ります。

ただ、その差が大きいとスコアをロスしてしまうので、
対策を講じる必要があります。

もしあなたが直近のラウンドで
前半・後半で10以上差があったならば、
是非参考にしてみてくださいね。

グリップが緩む悩みを持つゴルファーへ

2018.04.18
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

ここ最近、ゴルフ場の近くまで来ると
「この山の一面に生えてる木って全部スギだよな…」
とか思っていたのですが、

ようやく花粉症から
解放されつつあります。
助かりました。。。

さて、今日は

「グリップが緩む悩みを持つゴルファーへ」

という話。

人間とゴルフクラブを
唯一繋ぐ接点なだけに、

グリップで違和感が出てくると
ゴルフが目に見えて崩れてしまいます。

しかも、この悩みは突発的に
起きやすいので、今は大丈夫でも
明日、突然起きてしまうかもしれません。

そこで、今日はグリップで
悩んだ時にどうすればいいのかを
原因と対処法を交えてお話したいと思います。

グリップの緩みは8割方ココで起きる?

まず、グリップの緩みというのは

・軽く握りすぎている
・グリップの持ち方が合っていない
・フェースの開閉が激しい

このどれかで起きますが、
軽く握りすぎている方は練習場でしばらく打てば、
適切な力加減が掴めてくると思います。

ということで、思いの外
つまづきやすいのが

・グリップの持ち方が合っていない
・フェースの開閉が激しい

このどちらかです。

まずグリップの持ち方ですが、
重要となるのが、

左手の小指薬指中指
右手の人差し指

です。

この4本の指がしっかり
機能することで緩みは激減します。

しっかり握れているか確認するには、
クラブを胸の辺りまで上げて、
左手の3本の指だけでしっかり支える訓練をすること。

右手は、力が入りやすいので
左手に添えるイメージで持ち、
右手の人差し指はグリップに引っ掛けるように持つ。

これで、意外と安定します。

次に、スイングの中で確認する時は
トップ~切り返しの間で確認しましょう。
グリップが緩む悩みの8割はココの部分で発生します。

フェースの開閉が激しいって?

もし、あなたが左右への曲がりが
大きいことに悩まれているならば、
フェースの開閉量が多い可能性があります。

これは割と無意識に行っている可能性が
高いので、スイングの撮影をすることが
一番分かりやすいです。

ご存知の通り、ゴルフのスイングは
体に思った以上の負荷をかけています。

特に切り返しは基本的に
引っ張る動きになりますから、
グリップ周辺はかなりのプレッシャーです。

その時にフェースの開閉量が大きいと、
グリップが緩みやすくなります。

なので、もし自分がスイング中に
大きくフェースを開閉していることが
判明したら、小さい振幅から見直して下さい。

ビジネスゾーン、肩~肩を
中心にボールを打てば、
改善出来ると思います。

グリップを真剣に見つめ直す

今日はグリップの話を
中心にお伝えしました。

グリップが正しく握られていなければ、
正しいスイングを習得することは不可能です。

グリップの握り方を改善しただけで、
これまでのミスが嘘のように
無くなった方を私はたくさん見てきました。

グリップ用の練習器具なども、
安値でたくさん販売されていますので、
是非色々試してみて下さいね。

今日の練習は何点ですか?

2018.04.11
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

最近、マットカラーの
ゴルフボールが出始めていますよね。

ちょっとカッコいいかもと思い、
試しに使ってみたのですが、
視認性が悪くてすぐ使うのを止めました。

やっぱり白が良いと思いました。

そんな僕が今日お話したいのは

「今日の練習は何点ですか?」

という話。

早速、聞きたいのですが、
直近であなたが行った練習は
自己採点で何点くらいですか?

恐らく、このメルマガを
お読みのあなたは、謙虚な方なので
点数を低めにしてらっしゃるかもしれませんが、

重要なのは点数を付けることが出来ることです。

というのも…

一体、これは何のための練習?

最初は目的を持って練習を
していたのに、球数が増えるにつれ

「あれ、何の練習してたんだっけ?」

という経験のある方が
意外といらっしゃいます。

例えば、スイングを改善する際に、

・左肘の向きを直す

・右膝が流れないように

・右足が浮かないように

・ビハインド・ザ・ボールを意識して

などなど、改善するために
気をつけることは山のようにあります。

やることがたくさんあるので、
それらを一つずつクリアしていきたいところですが、、、

それでは、時間がいくらあっても足りません。

では、どうすればいいのか?

次回の練習の際に、
こんな角度から考えてみてください。

自分が気持ちよくスイング出来る時と
そうでない時は何が違うのか?

確かにベン・ホーガンの様に
全てのスイングのお手本という
スイングは確かに存在します。

ですが、誰もがみなベン・ホーガンのような
スイングが出来るわけがありません。

スイングは十人十色。人それぞれ違います。

なので、その人にとって気持ちよく
振れるスイングというのも、それぞれ違います。

基本的に、その人にとって気持ちよく振れる
スイングが、一番ベストなスイングなのです。

まずは、ゆっくりで良いので、
そのスイングがどういうスイングかを自分で分析する。

それから、そのスイングと自分の今のスイングは
どこが違うのか探っていく。

というように、全体を見てから一部を直していく方が
確実に上達速度は早くなります。

オススメなのは、
とにかく狭い練習場に行くこと。

50ヤードあれば十分でしょう。

それくらい狭い練習場の方が
自分のスイングを作るという面では
適しています。

まとめ。

今日は、練習する際の全体観の
話しをしましたが、順番としては

1,まず自分が一番心地よく振れる
  スイングを見つける

2,それを見つけた上で、そのスイングと
  自分の今のスイングのどこが違うのか
  細かい箇所を探る

といった感じで、全体→一部の順番で
スイングを見ていくと、より効果的に
練習出来ますので、是非試してみて下さい。
 

飛距離が伸びるって良いことづくめ?

2018.04.04
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

ここ半年ほど
レッスンさせて頂いている生徒さんが
いらっしゃるのですが、

共に頑張った結果、
最近スイングがとてもカッコよく
なってきたんです。

お互いやりましたね!と、
喜んでいたのも束の間、
ある時、すごく浮かない顔をしてレッスンに来たのです。

理由を聞いてみると、
なんとも言い難い悩みでした。。。

飛距離が伸びてもスコアが伸びない

もともと、この生徒さんはベストが108。

今は、直近で102まできたので、
100切りも間近なのですが、
スイング改善に伴って飛距離が伸びたそうなんです。

具体的に言うと、7番アイアンが130ヤードから
最高に良い当たりをすると150ヤード近くまで
飛ぶようになったとのこと。

年齢も30代なので、それくらい飛ぶ
ポテンシャルは十分あったのですが、
本人は困っているそうなんです。

あなたも経験あるかと思いますが、
飛距離が伸びたり、はたまた落ちたりすると
これまでのようにはいかなくなってしまいますよね。

例えば、これまで7番のところを9番に
持ち替えたり、ウェッジもイメージと
現実の距離感がズレたりと、

考えることが増えてしまって
後半にとても疲れがたまります。

なのでAさんの場合、飛距離が伸びることは
素直に喜んでいたのですが、そんな自分に
慣れるまでが大変と苦笑いしていました。

飛べば良い…というものでもない

ゴルフにおいて、飛ばないよりは
飛んだほうが良いと思うと思いますが、
デメリットが無いとは言い切れません。

今回のAさんのように、番手が
変わると、これまで自分の体に
身に付いたリズムが崩れてしまいます。

こういう時どうすればいいのか?

私が思うに、選択肢は3つ

1,いっその事クラブを変える

2,飛距離を振り幅で調整する

3,練習場の回数を増やして、体にとにかく馴染ませる

3は…言わずもがなですね(笑)。

2は、今はもどかしいと思いますが、
今後さらなるスコアアップをするとなると、
スイングのバリエーションが増えるので効果的です。

フルスイングと肩~肩の2パターンを
使い分けるだけでも、ボールコントロールの
スキルは身につきますからね。

1も、経済的にいけるなら良いと思います。

ただ、闇雲に変えるのではなく、

「7番で150ヤード、46°で100ヤード飛ぶような
 クラブを見立ててください」

というように、自分はどのクラブでどれだけ
飛ばしたいのかを明確にお伝えすると、
フィッターもそれを加味してクラブを選んでくれます。

飛距離が落ちてきた方でもこれは一緒

今回は急に飛距離が伸びた方を例に、
話してきましたが、ここ最近飛距離が
落ちてきたな…という方も概ね一緒です。

最近はロフトが立っているアイアンも
数多く発売されていますし、フィッターにも
何番で何ヤードと言えば、あなたに合ったクラブを製作します。

重要なのは、

「自分が何番で何ヤード飛ぶのかを
正確に把握すること」です。

それをちゃんと覚えているだけでも、
スコアは着実に変わっていきますので、
練習場に出向かれた際には、是非実測してみてくださいね。

追伸

今日まで、私森崎が監修・出演した新講座
「攻めるゴルフ講座」が新発表キャンペーン中です。

これは名前の通り、ゴルフの攻め方を習得して
バーディを狙いに行くために製作した講座です。

100を切っていないゴルファーでも、どこかの
ホールでバーディが取れれば、その分後が楽になりますし、
今後さらに80台や70台を出していくためには、

バーディを取りにいくスキルは必須です。

普段の練習から、コースでの実践でも
実例を交えて、豊富に用意しましたので、

是非、見てみてください。

http://g-live.info/click/mori_seven1803/
※今日で特典も消滅します。

ドライバーの乱れは心の乱れ?

2018.03.28
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

今日はあなたに

「ドライバーの乱れは心の乱れ?」

という話をしたいと思います。

スコアアップのためには、
ドライバーは多く練習しない。

私もそのとおりだと思っています。

打つ回数はアイアンやパターの方が
多いので、そちらを重点的に練習したほうが、
スコアには良いでしょう。

しかし、だからといって
ドライバーをおざなりにしていいものなのか?

ちょっと考えさせられることがありました。

いっそのことOBの方が良かった…

それは会員様と
レッスンラウンドに
行った時のこと。

その会員様は
最初は調子が良かったのですが、
ある瞬間から一気に調子を崩しました。

きっかけはドライバーのチョロ。

会員様は

「ロングホールだから少し力んじゃって…」

と言っていましたが、
ボールはすぐ目の前に転がっていました。

しかも、チョロでロスした分を
取り戻そうと、スプーンを
握ってさらにミスを重ねてしまい、

結果ダブルパーくらいでの
ホールアウトとなりました。

ドライバーとて無視出来ない

確かにドライバーはどんなに多くても
14回が限度です。

しかし、例えば谷越えホールなどで
谷に落としてしまえば、即OBに
なってしまいますし、何より気持ちが落ち込みます。

今回の会員様のように、それを機に
流れが悪くなり、一気に調子を崩すこともあるので、
14回しか使わないとて、軽視するのは良くないでしょう。

では、こういう時どうすればいいかと
考えたのですが、個人的には3つほど選択肢が
あると思いました。

①アイアンに持ち換える
②ドライバーで7割ショットにする
③気にせずフルスイングする

概ねこの3つの選択肢が考えられます。

順に見ていくと、
1番のアイアンに持ち替えるというのは、
スコアメイクの観点からは正解です。

アイアンでなくても、
ユーティリティなどでも構いません。

これで、少なくともミスは
減らせますが、デメリットとしては
ドライバーが恐くて握れなくなること。

そのホールはそれで構わないかもしれませんが、
次のホールで握った時、ミスする気しか
出てこないと思います。

その日ドライバーは握らないと決めたなら、
1番でも良いでしょう。

2番はドライバーで肩~肩スイングを
するというもの。

言うほど飛ばないけど、
とりあえずドライバーで
ちゃんと当たる感覚を取り戻す。

他のホールでも、ドライバーを
使いたいと思うのであれば、
こういう戦法もアリでしょう。

3番は確実性に欠けてしまうところが
ありますが、個人的には好きです。

せっかくのラウンドなのだから
気にせず打つ。

ただ、ミスを重ねて戦意喪失、、、
というのは避けてくださいね。

まとめ

今日はドライバーのミスからの
立ち直り方法をいくつかご紹介しました。

ティーショットはそのホールでの
調子を左右する大事な1打です。

たしかにパターも同じ1打なのですが、
ティーショットでのミスはスコア以上に
メンタル面で大きなダメージがあります。

なので、ティーショットの調子が
悪い時の対処法をいくつか考えることで
いざってときにとても有効です。

是非、自分なりの対処法を
考えてみてくださいね。

追伸

突然ですが、
あなたはレーザースコープをお持ちですか?

各ホールに総ヤードや残りヤードが
表記されているものの、
あれはどこまで信用できるやら。。。

結局は自分なりに調べるしかありません。

そんな時、レーザースコープがあれば、
一瞬で残り距離が分かり、クラブ選択で
ミスするようなことはありません。

是非、このレーザースコープを
試してみてください。僕も使ってます。

http://g-live.info/click/btpin1803/

ハンドファーストが出来ない理由とは?

2018.03.21
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

今日は春分の日でゴルフという方も
いらっしゃると思いますが、
まるで冬に逆戻りしたかのような天気ですね。。。

天候が不安定で体調を崩しやすいので、
お気をつけくださいね。

さて、今日の話は

「ハンドファーストが出来ない理由とは?」

という話。

プロゴルファーがミドルアイアンで
アマチュアの5Wと同じくらい飛ばす理由は
ハンドファーストで球を捕らえているからです。

もう少し具体的に言えば、ハンドファーストで
球を捕らえることにより、インパクトの時に
ロフトを減らしているから飛んでいます。

なので、ハンドファーストが重要というのは
ゴルファーなら誰もが知っているものの、
実際は出来ていないというのが現実です。

しかし、様々なゴルファーを
レッスンしている中で、大体ここが原因という
ポイントがあるので、今日はその話を交えながら

ハンドファーストのインパクトを
再度確認していきたいと思います。

リリースという言葉は危険…

ゴルフ業界ではよく「リリース」という
言葉が使われます。

これは、トップの位置までに出来たタメを
インパクトで開放するからリリースと
言われるわけですが、多くのゴルファーがここでつまづきます。

というのも、アーリーリリースという言葉があるように、
手首の角度で出来たタメを早い段階でほどいてしまうと、
手前にダフるミスが発生します。

しかし、それを指摘されると、
理想のリリースポイントを追い求めて
ドツボにはまる可能性が出てきます。

リリースは自ら行わなくてもいい

そもそも、リリースポイントは
そこまで考えなくても、スイングの形を
整えていけば、自然と理想の位置になっていきます。

逆に、ここでもないあそこでもないと
色々考えすぎてしまうと、毎回リリースポイントが変わり、
ダフリも出ればトップも出ます。

その上、シャフトもしならないので、
ヘッドスピードも出ません。

では、どうするのかというと、
コツは体で打ちに行くイメージを持つこと。

スイングのタメを開放するのではなく、
体で打ちにいくことで、結果的に開放していた、、、
くらいの方があれこれ考えなくていいです。

ただ、いくつか注意がありまして、
1つは下半身主導。これは必ず意識してください。

もう1つは力まないこと。

リリースを自らしないとなると、
最初のうちは手首にかなりの意識が集中すると思います。

ですが、徐々に馴染んできて
自然と出来るようになりますので
気にせずトライしてみてください。

まとめ

今日はハンドファーストの
インパクトから、タメの
リリースについてお話しました。

世間的には、リリースしなきゃいけないような
書かれ方をされていますが、そもそも一瞬で終わるスイングの、
さらに一部分を気にするというのは、

かなりの訓練と経験が要求されます。

難しいことはせず、
シンプルにいきましょう。


<本日のオススメ>

練習場で出来ても、コースで出来なければ
思い通りのスコアを出すことが出来ない…

そんなゴルフの冷たい現実から目を背けず、
果敢に挑戦したゴルファーが最後には69という
素晴らしいスコアを叩き出せたのか…

その秘訣は、このプロの存在が大きかったそうです。

http://g-live.info/click/7ad_c_1803/