カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

カラーグリップ効果…あなたにありますか?

2017.02.13
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、ちょっと面白いお話を聞いたので
みなさんにも共有したいと思います。

突然ですが・・・

スティーブ・ジョブズ(Apple)
マーク・ザッカーバーグ(Facebook)
オバマ元大統領

この3人の共通点はわかりますか?

一見ゴルフには関係ないと思うかもしれませんが
あなたのゴルフをさらに楽しくするヒントになるかもしれません。

3人の共通点、それは、、、

続きを読む

ボールを変えれば飛距離は伸びる?

2017.02.12
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

先日、今年ゴルフデビューした後輩と
人生2度目のラウンドに行ってきました。

前回のラウンドは道具は全て
まわりのメンバーが用意しました。

クラブセットはレンタルするとしてもグローブとかは
自分のを買ったほうがいいよと事前に伝えてありました。

後輩はゴルフ場に到着して
早速誇らしげに私に見せてきました。

ウェアにシューズにサンバイザー
いい感じです。とてもサマになってます。

グローブにティーにマーカー
いいですね。完璧過ぎる準備です。

そして最後に見せてくれたボールは、、、

まさかのロストボールの詰め合わせでした。

「なんでコレにしたの?」

と聞いたら
「安いし、どうせまたいっぱいなしますから、、、」

その気持ちわかります。確かにその通りなんです。
でもボール選びを疎かにすると成長を遅らせてしまうんです。

         

ボールには2種類ある

ゴルフボールには
大きく分けて2種類あります。

ディスタンス系とスピン系です。

======

ディスタンス系・・・コアが柔らかくカバーが硬い
ボールの性能を活かして飛ばすオートマチックボール
ex)ダンロップXXIO

スピン系・・・コアが硬くてカバーが柔らかい
スピンを活かしてボールを自在に操るマニュアルボール
ex)タイトリストPro V1

======

大きく分けるとこんな感じです。
簡単に言うとディスタンス系はある程度
自動でやってくれるオートマチック車のようなもの。

スピン系のボールは全部手動で
やらなければならないマニュアル車のような感じです。

自分のレベルやスタイル、
コースによって適したものを選ぶべきなんです。

2つのボールの特徴は?

細かく見ていくと2つのボールのその性能は大きく違っています。

ゴルフはインパクトでボールが潰れた後に、
元の丸い形に復元する力を使って飛んで行きます。

そのためボールの表面が固い
ディスタンス系の方が復元力が高く飛距離が出ます。

ボールの曲がりに影響するスピン量については
表面が柔らかいスピン系の方が曲がりが強くなります。

飛距離 『ディスタンス系』>『スピン系』

スピン量 『ディスタンス系』<『スピン系』

こんな感じです。

ディスタンス系はとにかくドライバーを真っ直ぐ飛ばしたい人向きです。
スピンがかかりにくいのが大きな特徴です。

ショットを大きく曲げてしまう人には適していますが
ヘッドスピードが遅い人が打つとその性能を活かしきれません。
ヘッドスピードが43/m以上ある方にはおすすめです。

またスピンがかかりにくいため、フェースを開いても
ランが多く出るのでグリーン傾斜が下りのときには要注意です。

スピン系は名前の通りスピンがかかりやすいボールです。
ボールをしっかりコントロールしたい人向きです。

フェースの開閉を使ってドローやフェードの内わけなど
ボールを細かくコントロールできることが大きな魅力です。

また、ランを出さずにグリーンでしっかり止めやすいです。

ですが上手にコントロールできない人が使うと
スピンがかかりすぎてスライスになったり曲がりすぎてしまったりします。

     

上手くなるためのボール選び

クラブと同じで自分に合わないものを使っていると
知らないうちに成長を遅らせているのがボール選びです。

はじめは手探りかもしれませんが
色々なボールを試してみて自分のスタイルに合ったボールを選ぶことが大切です。

基本的には初心者の方はディスタンス系
中・上級者の方はスピン系が良いと言われています。

今回私がロストボールをオススメしない理由は
もう一つありティンプルが少しすり減っていたり小さな傷があると

バックスピンがかからず思わぬ方向に曲がることがある等、
コントロールに小さなずれが生じてきてしまうからです。

ゴルフの上達には最高の条件でプレイすることが一番です。

もちろんこの後輩にはちゃんとこのコトを伝えましたよ。
「改めて次までにはしっかり準備してくる」と意気込んでいました。

ボールはなんでもいい
と思っているゴルファーの方は

自分の眠ったままの力が
隠れているかもしれませんよ。


<本日のオススメ>

ほとんどのゴルファーは
10~20y離れたところから打っていく場面に
問題を抱えていると言われています。

もしアプローチが上手くできるようになったら
あなたのスコアはどのくらい変わると思いますか?

モンゴプロがアプローチの秘密を公開しています。

アマチュアゴルファーの0.1%も知らない事実とは、、、

http://g-live.info/click/mongo-a1702/

「技」ボールヒットに向かう頭の上下移動

2017.02.12
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・ボールヒットに向かう頭の上下移動」

というお話をさせていただきます。

今日の内容の核心までの話は、とても短めです。
ですので、今日はどうぞ安心してお読み下さい。

ボールヒットに向かって
無理に頭を下にさげようとする必要はありません。

実は、頭が上昇してくる原因により、
問題となる場合とならない場合に分かれるのです。
どういうことか?
続きを読む

力みを取って飛距離を伸ばす方法

2017.02.11
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「力みを取って飛距離を伸ばす方法」

についてお話しようと思います。

身体の無駄な力が抜けて、おまけに飛距離が出たら、
これほど嬉しいことはないですよね~(∩´∀`)∩ワーイ

今日はそんな方法についてです。

最初に、あなたに質問です。

「力んでいる」って言いますが、
具体的に身体のどこが力んでいると思いますか?
続きを読む

超速スコアカード活用法

2017.02.10
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

※ガッツパーとは
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、
巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉です。

 
先週のメールマガジンでは
「あなたを丸裸にするスコアカード活用法」
についてお伝えさせていただきましたが、

予想以上の数のご質問を
お寄せいただきました。

本当にありがとうございます!

今回は、そんな頂いたご質問の中から
特に多かったご質問にご回答させていただきたいと思います。

今回ご回答させていただくご質問は

「超簡単に出来るお勧めの書き方も教えて下さい。」

といったご質問です。

それでは、今回のメールマガジンで
詳しくご紹介していきますね。
続きを読む

ダウンブローに打ちたいのにすくい打ちに…

2017.02.09
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「ダウンブローに打ちたいのにすくい打ちに…」

という話をしたいと思います。

アイアンをダウンブローに打ちたい。
でもなかなかそれができない。。。

そのようなお悩みの方も、少なくないかもしれません。

ですが、ダウンブローに打てないのは
そもそもクラブに「問題」がある場合もあるのです。
どういうことか?
続きを読む

スライスを撲滅したたった一つのアドバイス

2017.02.08
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

松山選手優勝しましたね!
非常に幸先の良いスタートを切れたのではないでしょうか。

まだまだ、ツアーは始まったばかりですから、
これからのさらなる活躍に期待したいですね。

さて、今日はスライスの話をしたいと思います。

ゴルファーのほとんどが悩んでいる右に曲がるボールですが、
その原因は数多くあります。

インサイドアウト、アウトサイドインなどのスイング軌道、
アドレス、グリップ、、、数えればキリがありません。

スライスはスコアを落としてしまう上に、
飛距離も出づらくなってしまいますから、
どうにかして改善していきたいところですよね。

僕はレッスンプロとしてゴルフに携わっていますが、
スライスする方で多くの人が陥りやすいのがフェース面の開き。

僕を始め、よくフェース面の管理といった言葉を使っていますが、
インパクトの瞬間にフェースが開いていることによって
ボールが右に出てしまう方が多いんですね。

じつは、最近レッスンさせてもらっている方が
このような症状に悩んでいたのですが、
たった一つのアドバイスで驚くほどスライスが減ったんです。

今日はその方の話を交えつつ、
そのたった一つのアドバイスが何かをご紹介したいと思います。

「森崎さん。どうして右にいくんでしょうかね?」

今新宿店には、非常にフレッシュなゴルファーがいらっしゃいまして、
ゴルフ歴はまだ一か月。

去年までは練習場で一回だけクラブを握ったことがあるだけといった
ゴルフ未経験の方がレッスンに来ていただいております。

また、そのお客様はご自身の希望により、厳しくていいので短期間に
一気に覚えて上達したいとおっしゃったものですから、
レッスン後の練習メニューもいつもより多めにお伝えしていました。

そして初回レッスンの後、
僕が次にレッスンを担当したのはつい数日前なのですが、
かなり必死に練習したであろうスイングに変化していたのです。

お客様「森崎さん、僕のスイング良くなってます?」

森崎「いやー、とっても良くなってきてますよ!
けっこう練習しましたか?」

お客様「レッスン後に練習場で復習して、平日は部屋で小原プロのDVDを見て
ビジネスゾーンの練習ともらったドリルといったところです。」

森崎「それを毎日続けているならばとても良いです。それでは、今日は
これまでのおさらいをして、スイングをいったん完成させましょう。
教習所でいうところのみきわめだと思ってやってみてください。」

お客様「分かりました。よろしくお願いします。」

森崎「こちらこそお願いいたします。
では、まずはビジネスゾーンから見ていきましょう」

と、ここまでは非常によかったんです。
ただ、次の肩~肩のスイングで致命的なミスが出てきます。

カスッ。カスッ。。カスッ。。。
おかしい。一見形の良いスイングなのに、
ほとんどの球がスライスしている。

もしかしたら、あそこが原因かもしれない。
僕はそう思い、

森崎「今スイングを見させてもらったところ、ボールがけっこう右に
飛んでいってますね。」

お客様「そうなんですよー。自分でも自覚はしてるんですけど、
何が原因なのかはさっぱりです。どうして右にいくんでしょう?」

森崎「では、今からそれを見つけていきましょう。
僕が前や後ろでスイングを見ているので、
そのままスイングしてみてもらっていいですか?」

5球ほどスイングしてもらったところでしょうか。
僕の中でスライスの原因がハッキリ見えました。

その原因はなにかと言うと、、、

右ひじの内側はどこを向いていますか?

この生徒さんのスライスの原因、
それは右ひじの内側にあったのです。
score
内側というと、この画像の丸で囲った部分を指します。

おそらくですが、最初にあなたがスイングを覚えたとき、
「右肘は右脇腹につけるように」と意識したかもしれません。

これは決して間違いではないです。

ただこれにもう少し言葉を付け加えて、
「ダウンで右ひじが体の正面より右を向かないように」
と今後は考えてみてください。

というのも、インパクトの際に右ひじが正面より右を向いてしまうと、
高確率でボールを切るようなフェースが出来上がりますので、
スライスが多発してしまうのです。

これを防ぐには、ダウンからクラブがインパクトを迎える間に、
意識的に右ひじの内側を左にひねってみてください。

この動作は、鍵をさして回すイメージで行うと
理解しやすいと思います。

最初は違和感があると思いますが、
この意識を持ってスイングするだけでも
ボールのつかまり方が改善してくると思います。

最終的には、これはリストターンにもつながる話ですが、
リストターンのコントロールは比較的高度なテクニックなので、まずは
右ひじの内側を鍵を左に回すイメージでひねることから始めてみてください。

今日は生徒さんの事例を紹介しつつ、
スライス改善の話をしましたが、ボールの曲がり幅を少なくするには
インパクト時のフェース面の向きが重要になっていきます。

インパクトを迎える時に、果たして自分のクラブのフェースはどんな
形になっているのか。

是非、確認してみてくださいね。

P.S. 結局、この生徒さんはこのアドバイスで上達に必要な何か大きなものを
つかんだそうです。今後が楽しみです。


<本日のオススメ>
もしあなたが、

・トップツアープロが毎日必ず行うトレーニングの秘密
・30日で100切りを果たしたアマチュアゴルファーの練習法

など…一流レッスンプロが20年掛けてたどり着いた
秘密を7つの特典付きで知りたいのなら、、、

http://g-live.info/click/the_reborn_lp/
※お急ぎ下さい。キャンペーンは今日で終了です。

【保存版】クラブ自己評価シートの作り方

2017.02.08
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

社会人になると忘れてしまいがちですが
今は受験シーズンですね!

1月はセンター試験、2月は本試験と
学生のみなさんの将来を左右する時期ですから
一番大切な時期です。

ゴルフライブ読者の皆様なら
ご存知かと思いますが僕は教員を目指していました。

なので多くの受験生を見てきましたが
受験生は、よくこんなことを言われます。

続きを読む

ゴルフでも「感想戦」を

2017.02.06
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ゴルフでも“感想戦”を」

について、お話ししたいと思います。

今日はちょっと短めです。

「感想戦(かんそうせん)」という言葉。

おそらく囲碁や将棋をやっている人以外には、
あまりなじみのない話かもしれません。

ですが、ゴルフでもこの感想戦が大事だと
私は思っています。
続きを読む

【テスト結果】私がスピン系を使う理由

2017.02.06
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先週のメルマガでPGAゴルフショーに行った際
タイトリストの2017年最新モデル、
ニュー「プロV1」ボールをゲットしました。

とご報告したのですが・・・

先週の火曜日に
早速コースでテストしてきました!

続きを読む