カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

ファミレスはお好きですか?

2017.06.15
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「ファミレスはお好きですか?」

という話をしたいと思います。

あなたは、ファミレス
いわゆるファミリーレストランは好きですか?

それとも、食事するならやっぱり
ちょっとしたいい感じのレストランの方が好きですか?

あ、安心して下さい。
これ、ちゃんとゴルフに関係のある話です。
続きを読む

ドライバーがトップするならここを疑え?

2017.06.14
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今年の全米オープンももう間近ですね!

日本からは松山選手や宮里選手などが
出場予定とのことですが、他にも有名選手が
多数出ますから、是非お気に入りの選手に活躍してほしいですね。

ちなみに僕が好きなアダム・スコットは
バッバ・ワトソン、マスターズを制覇した
セルヒオ・ガルシアというかなり濃い組にいるようです。

活躍を期待します。

さて、今日は

「ドライバーがトップするならここを疑え?」

という話。

ゴルフを始めたうちは、ダフリの方が多いのですが、
ある程度やってらっしゃる方は、今度はトップして低弾道ショット、
調子が悪いとチョロが出てしまう方、けっこういらっしゃいます。

原因としてはいくつかありますが、
根本的な問題としてはボールと体の距離が
遠くなってしまうこと。

では、なぜボールと体の距離が開いてしまうのか、
その原因は多数存在します。。。

ドライバーがトップする原因4つ

まず、そもそもトップするというのは、
ボールの上の部分を打ってしまい、
ゴロが出てしまうことですことですよね。

また、先ほどその原因はボールと体の距離が
遠くなってしまうことが根っこと申しましたが、
遠くなるとはどういう状態なのか、主にこの4つです。

・体が起き上がる
・ヘッドアップ
・手元が浮く
・ヒザが伸びる

ここで重要なのは、どれか1つに原因を
特定するのではなく、全ては連鎖的に
発生しているということです。

おおよそ、頭が上がれば体が起き上がり、
体が起き上がれば、手元も同時に浮き、
結果的にボールと体の距離が遠くなってしまいます。

右足が浮きすぎるのも、体が起き上がった結果から
引き起こされる症状ですね。

なので、ボールと体の距離を一定に保つには、
自分自身でどこを重視すれば、意識的に
改善出来るのかというところに注目してみてください。

また、飛ばしたいという欲も一旦捨てましょう。

、、、と言っても、広いフェアウェイを見れば
飛ばしたくなるのがゴルファーの性ですが、
飛ばしたいと思った時は、大概頭の位置が高くなります。

まず、上記の起き上がりを改善する手立てとしては、
イメージから変えるのがまずは1番お手頃なので、
勝手に当たって、勝手に飛んでいくくらいのイメージを持ちましょう。

先を見ないようにわざわざ狭い練習場にいくのもいいです。

まずはアドレスから修正

以前お伝えしたこともありますが、
スイングはたった2~3秒の出来事。

その間に何かしようとしても、
ほぼ無理と言っても過言ではありません。

そこで、スイングの入る前のアドレスでボールとの距離を
一定に保つ対策を講じます。

まず、真っ先に見てほしいのは手元の位置。

俗に言うハンドアップになっていないか
確認してください。

基準は腕と垂直になっているかどうかです。
他にも、トゥが多少浮いているかもチェックしてみてください。

ドライバーですと、分かりづらいですが、そんなときは
アイアンで確認すると視覚的にもわかりやすいです。

次に、猫背になっていないか確認。

猫背になると前傾が深くなり、
バックスイングで伸び上がりやすくなるので
注意してください。

体の起き上がりに関して言えば、
このあたりを気をつければ、
事前準備はOKです。

どこから手を付ければいいか分からない場合

起き上がっていると言われたけども、
どこから修正すればいいか分からないという方の場合、
気にすべきは前傾角度です。

前傾角度の維持というのは、総合的な対策であって、
少しアバウトになってしまうところがありますが、
インパクトでも維持されていれば起き上がることはありません。

なので、実践すべきはベタ足スイングです。

このときに上半身の意識が強かったり、
飛ばしすぞという意識が強いと、
どんどん上に意識が集中して、片足が浮きます。

そうならないように、体の回転で打つことを心がけて
練習してみてくださいね。


<本日のオススメ>
5年間低迷していた片山プロに
江連コーチが指示したたった1つの練習…

その練習だけで完全復活を果たし、
獲得賞金も20億円を突破しました。

そんな練習を今だけビデオで紹介。

そのビデオを見る

雨男が明かす梅雨ゴルフ攻略法~マインド編~

2017.06.14
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

先週、気象庁が
「梅雨入りしたとみられる」と発表しましたね。

ゴルファーにとって
嫌な雨の時期がやってまいります(-_-;)

雨っていうのはどうしても
モチベーションが下がってしまいますよね。

プロ時代からの友人に
雨男がいるんですが・・・

試合では雨か暴風が多かったんです。

しかし、彼のスコアは
晴れても雨が降ってもあまり変わらず
それどころが雨が降っているときは決まって上位。

雨が苦手で仕方ない僕は
いつも不思議に思っていました。

「なんで雨の日でもスコアが出せるんだ?!」

雨男のゴルフ論

彼だけではありません。

意外と雨の日にベストハーフを出したり
ベストスコアを出す方っているんです。

彼らがそろって口にすることは・・・

「まず雨のゴルフを楽しむのが一番!」

雨で嫌だなぁ、どうせスコア出ないし。
と思えばスコアは崩れます。

雨を楽しむ事が1番のテクニックというのです。

といっても僕のような
気持ちのいい晴天の中でゴルフがしたい!
と思っている人間からすれば

雨の日のゴルフで
いいところなんて中々見つかりません。

僕は雨男の友人や雨の日のラウンドが好きな方に
こんな質問をしてみました。

「雨の日のゴルフっていったい何がいいの?」

答えはみんなバラバラでした。

「なにより集中できる!」

雨の音で周りの雑音がシャットアウト。

大自然の中で雨の中ひとりゴルフをしている気分って
集中できるし、ひとつひとつのショットも丁寧にこなせるそうです。

確かにいつもなら同伴の目が気になったり、
雑音が気になるものですが
雨の音が集中力を高めることはありそうですね!

「プロみたいなプレーができる!」

雨が降っているということは
地面が濡れているということ。

つまりグリーンが遅くなっているということです。

一般的に濡れたグリーンはボールが止まりやすいので、
キャリーでピンを狙っていけます。

例えオーバーしてラフに行っても
雨で重くなったラフは球を止めてくれます。

ピンをキャリーで狙うなんて・・・
プロみたいでゾクゾクする!

雨の日ならではの
エキサイティングな挑戦ができるのも
楽しみ方のひとつだそうです。

「飛ばすゴルフができない!」

刻んだほうがスコアが出るとはわかっていても
天気がいいと
ドライバーで飛ばすゴルフをしてしまう!

なんて方は雨の日のゴルフは
スコアが出るチャンスかもしれません。

なんといっても雨の日は本当に飛びません。

なので必然的に
得意なクラブで刻まないといけません。

自信のあるクラブで刻みまくっていけば
終わってみれば天気のいい日よりもスコアが良かった!
なんてことがあるそうです。

恵みの雨・・・?

雨の日は視線も気持ちも下を向きやすいもの。

でも自分でコントロール出来ないことに
一喜一憂しても仕方ない事です。

僕の友人は悪条件をプラス思考で
自分の都合の良いように考える天才でした。

強風の日は「ボールが飛ばない」ではなく
「風にぶっつければグリーンに止めやすくなる」

グリーンで雨が降ってきたら
「距離感が読めない」と嘆くのではなく
「曲がりが少なく転がらないからストレートに強く打っていける」
と・・・。

どんな風雨で荒れたときでも
「この悪天候を利用してやろう」
と考えてプレーできたそうです。

彼のように
無駄な抵抗はやめて
雨の日のゴルフの楽しみ方を考えてみましょう。

もしかしたら考え方ひとつで
恵みの雨となるかもしれません(^^)


<本日のオススメ>
・片山晋吾(獲得賞金20億円)
・上田桃子(獲得賞金6億2000万円)
・諸見里しのぶ(獲得賞金4億8000万円)

彼らを育てたゴルフコーチ界のパイオニアが教えた
たったひとつの練習とは何でしょう?

答えはこちら

え、グリーンでドライバーパッティング?

2017.06.12
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「え、グリーンでドライバーパッティング?」

について、お話ししたいと思います。

ドライバーでパッティングなんて、
ちょっと馬鹿げているとお思いかもしれませんが。。。

以前にこんな質問をネット上で読んだことがあります。
続きを読む

「決断できない」症候群

2017.06.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

金曜日の午後、
友人から「今夜、飲みに行こうよ」という
誘いの電話がかかってきたときに、

あなたは「あとで返事するよ」
と言って即答を避けた経験はありませんか?

その日の夜には何の予定もないことは
電話を受けた時に知っていたにもかかわらずです。

しかも、自分が電話をかけ直すまでに、
他の用事が発生する可能性は
99.9%ないこともわかっているのにです。

このような反応は
いわゆる「優柔不断」と言われるものです。

プレー中も「決断できない」症候群のゴルファーは
意外と多いのではないでしょうか。

ゴルフは、他のスポーツに比べて
決断する場面が多くあります。

そして時間も長く持つことができます。

それ故に、迷う事も多くなり、
なかなか自分で納得する決断を出しにくい事があります。

優柔不断な人はプレーが遅い


「優柔不断な人はプレーが遅い、
 卑怯な人は言い訳が多い、
 教養のない人はスコアをごまかす」

...ウィリー・パーク・ジュニア。

厳しい言葉ですよね。

極少数の優秀なゴルファー以外は、
少しはこの言葉に思い当たる節があることでしょう。

すぐに決断を下せるというのは、
生まれつきの能力だと思っている人もいます。

あなたも、たった今行われたプレーについて
即決してショットをする人を知っていることでしょう。

自信満々に即断即決できる人です。

優柔不断というのは、
決断を下す能力がないということではありません。

決断を下したくないのです。

これは決断を下すことについて、
間違えたらどうしようという
恐れから生じることがほとんど。

とくにパッティングにおいては、
その迷いが心に残っていると
良い結果を生み出す事がとても、難しくなります。

迷いのイメージは
体にどっちつかずの反応をさせてしまうからです。

心に迷いがある限り、
一つのプレーにおいて後悔を強く持つ事となります。

いかなる状況であっても、
自分が下した決断には迷いを持ってはなりません。

そして決して、
「間違った」決断を下すことを恐れてはいけません。

もし「間違った」決断が、
あなたがあらゆる状況をよく吟味した結果であるなら。

それは選んだ選択肢が
たまたま最良のものではなかったというだけのことです。

実は、間違った決断を下すことは、
そう悪いことでもないのです。

次にどんなプレーをする必要があるのか
貴重な戦略が手に入ります。

すると、それまでよりも
自信をもって素早く前に進むことができます。

そもそも100%正しい決断というものは存在しない。
まず、この事を理解しましょう。

自分の中で60%ぐらい大丈夫と思った方を、
素早く選択しましょう。

そして、その決断を信じで、
プレーに集中しましょう。

決断したらあとは迷わない。

いったん決断した後も
まだウジウジと迷うのが優柔不断。

この優柔不断こそゴルフの最大の敵です。

打つ直前で迷うとショットに“キレ”がなくなる。
肉体も心も解放されない。

決断して打って、思ったより結果が悪くても、
優柔不断のまま打つより、後悔の度合いは少ないでしょう。

少なくとも決断しきった主体があります。

金曜日の夜に友達が電話してきて
飲みに行こうと誘われ
あなたが行きたいかどうか決められない場合。

それはもしかすると、
単なる優柔不断が理由ではないかもしれません。

実はあなたには、
約束したくないという気持ちがあるのかもしれません。

つまり、

「万一もっと素晴らしいことが起きたときに、
 友達と飲みに行くと約束したばっかりに、
 そのチャンスを逃すかもしれない。

 そうなったら、一生後悔し続けることになるだろう。

 そんなことは起きないだろうけど、
 万が一に備えて、飲みに行くことは保留にしておこう」

と考えるわけです。

決断を信じて行動してみましょう。

またメールします。


<本日のオススメ>
今これをやらないと損をする?!

関節炎・靭帯損傷というケガを乗り越え
5年連続ドラコンチャンプに輝いた
ゴルファーが語る飛距離アップの極意とは…

http://g-live.info/click/sktm170606/
※本日6/12まで

続きを読む

あなたはゴルフが好きですか?

2017.06.11
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

服部 「Aさんお久しぶりです。最近レッスンに
いらしてなかったみたいですけど忙しかったですか?」

Aさん 「いや~そんなことないんだけど
なんとなくやる気が出なくてね~、、、」

レッスンプロをしていると割とよくある会話です。

私はゴルフが仕事なので
ゴルフをすることが当たり前なのですが、

私のメールマガジンを読んでくださっている
私のレッスンを受けに来て下さる生徒さんは
仕事、家族、遊び、趣味、、、、

様々なことをこなしながら
空いた時間でゴルフを楽しんでいます。

ゴルフが大好きでも
あくまで人生のごく一部なんです。

あなたはゴルフと上手く向き合えていますか?

    

わたしのいいわけ

      今日は雨だから、、、
      今日は体が疲れているから
      明日朝早いから、、、
      明日やればいっか

私がアマチュア時代にモチベーションが上がらない時
必ずと言っていいほどこんなことを考えていました。

そういう時期は誰にでも訪れます。

時期的なものなのか
精神的なものなのか
ただ飽きただけのか
人によって理由は違いますが
様々な要因が絡みあって起こってしまうのです。

プロゴルファーになるための大事な才能は
“どんな時でも練習をし続けられること”

そう言われているほど
継続し続けることは困難なことなのです。

実際に先日引退を表明した宮里藍選手も
引退の理由はモチベーションの維持だと語っています。

      

5つの方法

私が当時(今でも)続けている

ゴルフへのモチベーションを高める方法は

1 思い切って誰かに習ってみる
2 目標を数字で見つける
3 ライバルを見つける
4 新しいゴルフクラブを買う
5 もういっそのこと何もやらない

この5つですかね。

1 思い切って誰かに習ってみる

自分が今まで知らなかったことや、気づかなかったことなど
新しい刺激に出会うことでモチベーションが高まります

2 目標を数字で見つける

目標は必ず
スコア◯◯・◯ヤード飛ばす
具体的な数字にした方がいいです。
(ただ上手くなりたい等の漠然とした内容は
今の自分と目標との距離がわからないので見失います)

3 ライバルを見つける

この人には負けたくないという存在を作ることで
自分の中でゴルフ練習を”やる”理由が見つかります。

4 新しいゴルフクラブを買う

みんなに見て欲しい、自慢したい。
やはり自然とモチベーションが上がります。

5 もういっそのこと何もやらない

一旦離れることでやる気を出す方法。
やらないと決めたらとことんやらない。
やる気が出るときをひたすら待ちます。

どれも私がアマチュアの時に
やっていた方法です。

中途半端な気持ちで練習してしまうと
効果も薄いですし、何よりケガをしやすいです。

どんなスポーツでもどんな趣味でも
気持ちが切れてしまう時は必ずあります。

その状況との向き合い方で
その先もどれだけゴルフを楽しめるかが決まってくるんです。

           

ゴルフは一生もの

無理な強度で途中で辞めてしまうなら
一生続けられる強度でずっと続けてください。

全力で走って息を切らして休んでしまうなら
最後まで歩ける早さで早歩きしてください。

ゴルフの上達に大事なのは
やり続けることです。

3日で身に付けた技術は
3日で忘れてしまいますが

1年かけて身に付けた技術は
1年何もやらなくても忘れることはありません。

もちろん人によって成長の速度は違います。

覚えたてで一気に伸びる人
身についてから一気に伸びる人

色々なタイプの人がいますが
結果最後は取り組んだ時間に比例して
同じポイントに収束していきます。

ゴルフは一生モノのスポーツです。
心を整えて楽しんでいきましょう。


<本日のオススメ>

パターを打つ際
距離感が合わない
方向が合わない芯を外すミスヒットが多い

この3つの悩みを根本から解決できる
世界唯一のパターをご紹介します。

このパターを使うと
なぜ平均2パットが出るのか?
その秘密を今だけ特別に公開しています。

http://g-live.info/click/cure1706/

「心」先入観の恐ろしさ

2017.06.11
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・先入観の恐ろしさ」

というお話をさせていただきます。

誰でも先入観ってありますが、先入観ということは、
大切な行動に蓋をしてしまうことになります。

大切な行動とは、しっかり情報を集めて、
正しい情報を見つめ直し、信頼性のある情報から判断することです。

こんなこと、あたりまえだと思いますよね。
でも。。。
続きを読む

真っ直ぐ飛ばない。しかも左右あちこちに…

2017.06.10
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「真っ直ぐ飛ばない。しかも左右あちこちに…」

についてお話しようと思います。

当たり前ですが、ボールの方向が安定しないと
どうしてもスコアメイクが厳しくなりますよね(泣)。

ですが、そんなときにやるべきことの他に、
やってはいけないことがあります。それは。。。
続きを読む

初コースでスコアを崩さない為には?

2017.06.09
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

最近は、ゴルフ場でもセルフプレーで
ラウンドされる方が増えていますよね。

コンペシーズンも到来して
初めてのコースをセルフで回る機会も
増えていませんか?

セルフプレーでは、
仲間内だけで楽しむことができたり

キャディフィーもかからなかったりと
メリットもあるんですが、、、

初めての慣れないコース
距離やレイアウトがわからずに

何となく打って大失敗!
なんて経験はありませんか?

ということで本日のテーマは

「初コースでスコアを崩さない為には?」

というテーマになります。

初めてのコースでもこれからご紹介する
「ある準備」をしておくことで

スコアを崩さずに安定して
回ることがでるようになるのですが、

「ある準備」とは、、、
続きを読む

男性も必見!女性のゴルフクラブの選び方

2017.06.08
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「男性も必見!女性のゴルフクラブの選び方」

という話をしたいと思います。

似たようなことは以前にも
この場でお話ししたかもしれません。

ですがやっぱりまだこうした考えが
浸透していないのかなと、そんなことを思ったので。。。

最近、女性の方からこんなご相談をいただきました。

(あ、ちなみに今回の話は男性にも役立つ内容です)
続きを読む

再現性の高いスイングを身につけるには?

2017.06.07
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

もうすぐ梅雨ですね。
打ちっぱなしに行こうにも、
雨が降っては行くのもおっくうになる時期です。

ゴルフはしばしの休憩という方もいらっしゃると
思いますが、そんな時は是非ゴルフパフォーマンスへ
足を運んでみてください。

4・5月のラウンドで気になったところや
改善したい課題など、全力で解決します!

、、、さて今日は

「再現性の高いスイングを身につけるには?」という話。

先週の「上げると上がるは意味が全く違います」
続きのようなお話なのですが、

再現性の高いスイングをするには、
先に答えを言ってしまうと
“考えないこと”です。

では、なぜ考えないことが再現性の高さに
つながるのか、今日はそれをお伝えしたいと思います。

頑張るゴルファーほど要注意?

じつのところ、頑張るゴルファーほど、
色々考えてしまうことが多いです。

バックスイングはこうしよう、
トップの位置はこうしよう、
フォローはこっちに振り抜こうなど、、、

ただ、そうして意識していく内に
体はどんどん固くなってしまい、
スイングもどんどんぎこちなくなってしまいます。

考えることが増えることによって、
逆にスイングを難しくしてしまっているのです。

昔間近で見てて思ったのですが、ツアープロは、
非常に効率の良い体の使い方をしているので、
そこまで疲れを感じるスイングをしていません。

あなたもご経験あるかもしれませんが、数日間連続で
ゴルフをプレーするのは、すごく疲れます。

同様に、ツアーも数日間に渡って闘う上に、
精神的なプレッシャーもすごいので、
考えることは少ない方が望ましいです。

なので、腕を振ったり、上げたりといった自ら考える能動的な
動きでは、最後までパフォーマンスを発揮出来ません。

他にも、コースマネジメントや風の計算など、
考えなければいけないことも山ほどありますからね。

そこで、再現性の高いスイングを身につけるには、
いかにして体に腕を振らせるか、特に下半身で
腕を振っていくという意識が、とても重要になります。

一旦、考えることを止めてみましょう

しかしながら、腕に振られるというのは
感覚の話なので、コツを掴むのに
少し時間がかかります。

ですが、今日はそのコツを掴むまでの
時間を早くする練習を紹介しますが、
やはり効果的なのは重くて長いものを振ること。

基礎と言えば基礎なのですが、
GPでも、ゴルフ用の素振りバットを各店舗に
置いていて、とても活用しています。

もし、長いものを振るスペースが無ければ、
ダンベルや、お米など単純に重いもので構いません。

それを両手で持ちながら、右に左にとゴルフの
体重移動のように体重をかけてあげると、
体が重いものに振られてる感覚になると思います。

今欲しいのはその感覚、イメージです。

例えば、ドライバーは一見軽そうに見えても、
長い柄の先に重いヘッドがあるので、腕だけで正確に
振り抜くのは、鍛えた肉体が必要です。

当然そんな肉体を持っている人は極少数なので、
実際のスイングイメージとしては、

“上半身はクラブを持つだけ、
残りのパワーは全て下半身に集中させる”

というイメージでいると、
体の大きい筋肉でスイングする
感覚が身についてくると思います。

何もしないという方が難しい

今日は感覚的な部分の話を
させていただきましたが、僕の考えとして
考えることよりも考えないことの方が難しいです。

実際に、断捨離という言葉が
世間を賑わすほど、何かを捨てるというのは
勇気がいることだからです。

しかし、体というのは
意外と“こうして欲しいな…”とあなたが
考えたとおりに動いてくれるものです。

車の運転中、人の体は無意識に
『見ている方』へハンドルを切ろうとするように、
自分の体を信じてゴルフをしてみてはいかがでしょうか?


<本日のオススメ>
再リリース記念:68%割引は今日まで!

20年以上の歳月を経て完成した
大森睦弘コーチが教える

15ヤードのアプローチショットで
あなたのゴルフを上達へ導く方法

完全版「ショット基礎アプローチ The Reborn」

詳しくはこちら

毎日がゴルフ気分ですか?

2017.06.07
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

ちょっと前の話ですが
女子プロゴルファーの金田久美子プロが
SNSでこんなほっこりする画像をアップしていました。

キャディさんが愛情込めて
寝かし付けてくれたみたいです(^^)

名手たちの方には
本当にパターと一緒に眠った人も少なくないそうですが・・・
なんだかクラブへの愛情を感じますね!

皆さんはコースに出る準備を
いつ頃されていますか?

試合の前夜はゴルフクラブと添い寝・・・
とまではいかなくても

いつでも誘ってくれ!毎日がゴルフ気分だ!
と常に準備万端であれば
それはとても素晴らしいとことです。

しかし、忙しい毎日の中で
そんな状態を作り上げるのは難しいこと。

やはり、準備は前日になる事が
多いのではないでしょうか?

遅刻する夢、忘れ物をする夢

僕は準備を前日より前に終わらせています。

例えば準備を前日にしていると
ティーが無かったり、
グリップがめくれていたり、
気がつけば準備に不備があった、
なんてことはよくある話。

このような不備に気づいて、
前日からバタバタしてしまっては
メンタル的にもあまりよくありません。

僕がキャディをしていた頃は
遅刻する夢や忘れ物、
落し物をする夢をよく見ました。

自分が気づかないどこかで
プレッシャーを感じているところがあったのだと思います。

遅刻して焦ってコースに着いて
18ホールキャディを終えたところで目が覚めると、
その日は36ホールラウンドするような気分になったり、

忘れ物をしてクラブハウスに走って戻る夢から覚めると、
大量の汗をかいていたということも。

なにより、大事な試合の前日というのは、
メンタル的にとても重要な時間です。

前日にバタバタして精神的に安定しなければ、
その不安定な気持ちは、
夢の中や翌日まで続いてしまうもの。

ゴルフに限らない一流のアスリート、ミュージシャンも、
本番の前日はどのようなわがままを通してまでも、
快適に過ごそうとします。

僕たちも、前日までに
しっかりとゴルフの準備をしておくことが
ベストだと思います。

例えば・・・


・準備しておいた用具を眺める
・ボールは何個あるか確認してみる
・クラブを一本一本、ピカピカになるまで磨く
・シューズにオイルを塗る

など、用具の手入れをするぐらいの
余裕と心構えが欲しいものです。

しかも用具をキレイにすると、
心の状態もスッキリするようになります。

ゴルフは準備することが多いスポーツ

ゴルフを始めたばかりのうちは、
必要以上に準備に気をかけます。

しかし慣れてくると、
うっかりとした忘れ物が出てきてしまいがちです。

たまに一緒にゴルフをする友人で、
ゴルフをする前日は缶ビールを何本も空け、
朝寝坊ギリギリで起きてきて、ギリギリにゴルフ場に到着をして
パター練習も出来ずにカートに乗り込むというような人がいます。

「その状態でゴルフが出来るのかな」
と思うこともあります。

準備の仕方は人それぞれ。

しかし準備に準備を重ねてこそ
コースで自分の能力を発揮することが出来ます。

心の余裕を満たし、来るべき本番に向けて、
最高の精神的コンディションを整えましょう。

ゴルフは準備が9割だと思ってます。

普段の練習の成果を出すためにも
しっかりと準備を整える事をお勧めします!

何事も準備が大切。

日々、精進
がんばりましょう!

宮本


<本日のオススメ>
ゴルフを成功に導く「魔法の距離=15y」
なぜ、15yの距離が打てるだけで、
あなたのスイングは自然なものになるのか?

あなたのスイングが30日で生まれ変わる
The Reborn(ザ・リボーン)の秘密とは…

▼今だけの24時間限定での特別価格が適用されます▼
http://g-live.info/click/the_reborn_lp1706/

パターは下手だし面白くないというあなたへ

2017.06.06
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「パターは下手だし面白くないというあなたへ」

について、お話をしてみたいと思います。

前回のメールマガジンでは
パターことをお話しさせていただきました。

そうしたところ、読者のお一人から
大変ステキな、嬉しいメッセージをいただきました。
続きを読む

”本当の練習”を理解したとき、ゴルフが変わる

2017.06.06
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

突然ですが、
あるところに二人のゴルファーがいました。

そんな二人のお悩みは、

「練習場だと上手く出来るのに、
 コースに出ると、どうもうまくいかない、、、」

ふたりは才能も現状のスキルも
ほとんど同じです。

ベストスコアも120台。

しかし、その二人には
違いがひとつありました。

ひとりは毎日1000回、ショットや素振り練習をします。
もうひとりは毎日100回練習をします。

さて、ここで問題です!
どちらが先にコースでベストスコアを
出すことができたでしょうか!?

練習量が多いゴルファー?
、、、だとしたら、

「とりあえず練習しろ!」で良かったのですが、、、

しかし、練習量の少ない100回のゴルファーの方が
上達が早く、一歩先を行かれてしまいます。

それはなぜでしょうか?

↓考えてみてください。

その答えは、、、

続きを読む

初心者ゴルファーを完全理解したとき上達ができる

2017.06.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

「今のスコアに満足していますか?」
こんな風に聞いて
「YES」と答えるゴルファーはそうそういません。

99%のゴルファーは
もっとスコアを伸ばしたいと感じています。

実際、レッスンプロの立場から客観的に見ても、
多くのゴルファーが毎週練習場に足を運び
熱心に練習しているように思います。

「だから練習しましょう」
というオチになるわけですが…

続きを読む