カテゴリー別アーカイブ: 90切り

90切りに関するブログ一覧です。ゴルフをもっと楽しく、ワクワクしながら上達したいあなたへ!100切り、90切りを目指すゴルファーのための「ゴルフライブ通信」

[ビデオ]あなたも秘めている飛距離アップへの道

2022.04.01
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

早いもので、4月に突入しました!
4月というと、色々と制度も新しくなったり、

今日が入社式で新社会人という方も
いるのではないでしょうか(^^)

また、全国的にも暖かくなり始め、
本格的にゴルフに取り組む方も多いのではないでしょうか。

レッスンにいらっしゃる生徒さんの中にも
春からコースデビューを目標に
頑張ってきた方もいらっしゃいます。

春ゴルフのメリットで一番に挙がるのは、「ベストな気温」です。
このベストな気温は四季の中でも春と秋のみ。
しかも期間が短いから貴重な時間。

この頃になれば花が咲き誇り、
ゴルフ場も一気に華やぎます。

鳥の鳴き声や花は、
科学的に見ても人を癒やす効果があります!
疲れが溜まっている人ほど、春ゴルフはおすすめできます!

天気も良く、気持ちのいいゴルフ場!
最高のテンションで気持ちのいいボールが打てたら
なおさら最高ですよね?

そんな方のために、今日は飛距離アップについての
ワンポイントアドバイスを行っていきたいと思います。

なかなか飛距離アップが達成できないという方も
ぜひ、今日の動画をチェックしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]ショットが安定しない!そんな時は…

2022.03.25
img1

From:小原大二郎
愛知県のホテルより、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今日は自宅からではなく、
愛知県からメールを書いています。

3月24日、25日と愛知県で
レッスン&フィッティング会を行っております。

久しぶりにこのような開催ができ、
私も嬉しく思っております。

昨日お越しいただきました皆様、
お忙しいところお越しいただきまして
ありがとうございました!(^^)

本日、お越しになる方はお気をつけて
起こしくださいね!
会場でお待ちしております!(^^)

昨日のレッスン会でも質問があったのですが、

「ダフリ、トップが多いんですよ。」

「スライスが出たりしてショットが安定しない。」

ショットが安定しないと、
スコアアップには繋がりづらいですよね。

そんな時にやっていただきたい練習方法は、
やはり『ビジネスゾーン』の練習なんですよね。

「今さらビジネスゾーンの練習なんて」と
思ってしまう方も居ると思いますが、

ビジネスゾーンの練習をするにあたって、
注意しないといけない点の認識が
意外と誤っている方が多いのです。

本日は、ビジネスゾーンの練習にあたっての
ワンポイントアドバイスを行いたいと思います。

すでにご存知の方も今日の動画を見て、
今一度ご自身の認識の確認をいただければと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]最短でスイングを良くする考え方とは?

2022.03.18
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

急に暖かくなってきましたね!
関東では、そろそろ桜が咲いてきそうです。

天気がいい日も続いていますので、
ゴルフ場に行かれる方も多くなって
きたのではないでしょうか?

ただ、まだ朝の早い時間や夜などは、
肌寒い日も続きますので、
温度差などで体調を崩さないように
気をつけてくださいね。

さて、今日は先週のゴルフフェアにて、

「ゴルフって最短で上達する方法ありますか?
 毎週、練習場に行ってても上達している気がしないんです」

というご質問を受けました!

確かにゴルフというスポーツって、
やればやるほど課題や目標が出てきますよね。

でも、それもひとつのゴルフというスポーツの
魅了だとも、私は思います。

でも、できることなら上達が
早いことに越したことはないですよね!

今回は、

・スイングを最短でよくするための考え方

・練習中にどこに意識をおいたらいいのか

という観点でお話していきたいと思います!
ぜひ、チェックしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボールの高さがでない、そんな時は

2022.03.16
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿

東京の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

 
今回は、ボールの高さがでない、球が上がらないというお悩みを持った
ゴルファーの方にアドバイスをさせて頂きます。

 
ボールの打ち出しが低いと飛距離が出ないだけでなく、
番手ごとの飛距離の違いも出にくく、飛距離の調整も難しくなってしまいます。

 
本日は、そんなお悩みを解決するために練習場で確認していただきたい
ボールの高さが出ない原因とポイントについてお話ししたいと思います!

適正なロフト角でインパクトするために

打ち出し角が低くなるのは、
ロフト角が通常より立ってヒットしてしまっていることが原因です。

 
そこで、ロフト角が立ってしまう原因をなくして
適切なロフト角でヒットするために、
アドレス時にチェックするポイントについてまとめたので、
練習場でぜひ実践してしてください!

動画はこちら



いかがだったでしょうか?

 
このボールの位置・手元の位置を意識して
番手ごとに適切なロフト角でヒットできるようになれば、
飛距離も安定させることができます。

 
スコアを安定させるためにも、しっかり飛距離を出すためにも
重要なポイントなので、ぜひ実践してみてください!

 
  
ガッツパー水柿


<本日のオススメ>

スイングの最短上達のための重要ポイントである
スイングチェック。

 
スタジオ等でのレッスンなどでは当然のように
撮影・チェックしている方法ですが、

一人で練習場で練習しているときには
撮影環境がなくてチェックしていない方も多いのではないでしょうか?

 
そこでゴルファーが上達するための環境を
簡単につくるためにつくられたのがこの
「マルチスタンド+タブレットホルダー」

 
スイングを大きな画面で撮影・確認するために
タブレットホルダー付きなので、
保護ケースごとタブレットやスマホを簡単に設置できます。

 
本日の動画の内容である手元の位置はもちろん、
上体の傾き、クラブの軌道なども含めて確認することで、
ボールの高さに限らず、方向性の改善も可能になります。
 
しかも、今ならゴルフライブ限定で
完璧なスクエアスイングを手に入れるためのプログラムも
購入者限定価格で手に入れることが可能です。

 
スイングの練度を一気に引き上げるには
欠かせないアイテムになりますので、
ぜひご確認ください!

詳細はこちら

https://g-live.info/click/220315_yuukan/



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]チョロの原因は◯◯!

2022.03.11
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

突然ですが、質問です!

アマチュアゴルファーを悩ませる
3大トラブルって何かご存知ですか?

正解は…

「ダフリ」「チョロ」「シャンク」

今回はこの中の一つでもある「チョロ」について
お話させていただきます。

練習ではチョロなんて出ないのに、
ラウンド中に突然チョロが発生した経験はないですか?

ゴルフを始めたばかりの初心者の方であれば、
練習場でもチョロが多く出ることもあると思いますが、

スコアも100前後のゴルファーのみなさんは、
練習場でのチョロはほとんどないと思います。

では、なぜ突然ラウンド中にチョロが出るのか!?

原因と解決について動画で説明していますので、
ぜひ、チェックしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]さらば…オーバースイング!

2022.03.04
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

本日もメールをご購読いただきまして
ありがとうございます^^

さて、いよいよ3月に入りましたね!
千葉も今週あたりから暖かくなってきて、
いよいよ春到来!って感じですね。

私は早くも花粉の影響で少し鼻が
むずむずしてきています(笑)

春はゴルフシーズンですが、花粉という天敵がいますね…。
あなたは花粉症は大丈夫ですか?

花粉症の方は、「ビタミンD」を一日に
10000IU程度飲んでみてください。

私もくしゃみと鼻水が発作のようにひどかったのですが、
毎年この時期は飲み続けているおかげで治まっていますので、
ぜひ、悩まれている方はお試しください。

さて、本日は、
「オーバースイングを直したい」
というご質問をいただきましたので、
そちらについてアドバイスさせていただきます。

「オーバースイングになってるよ!」と
ゴルフ仲間にこのように注意されたことが
ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オーバースイングとはあなたもご存知の通り、
バックスイングの際に必要以上に大きく振りかぶってしまう
ことを言います。

極端な場合では、クラブヘッドが自分に見えるくらいまで
ヘッドを下げている人もいます。

オーバースイングは、ボールの捕まりが悪くなったり、
スイング軌道が安定せず再現性が低くなったりするため、
一般的に良くないスイングとして捉えられますね。

オーバースイングの撃退法を今日は
動画で説明していきますので、チェックしてみてください!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]打ち出し角で飛距離が変わる!

2022.02.25
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

もうすぐ2月も終わろうとしていますね。
本当に早いです^^;

関東は少しずつ暖かくなってきて、
ゴルフに行かれる方も少しずつ増えている気がします。

さて、本日は「ドライバーの打ち出し」について
ご質問をいただきましたので、

この質問にちなんだ
ワンポイントアドバイスを行っていこうと思います。

本日は、男性ゴルファー、
女性ゴルファーの共有のお悩みでもある

「ドライバーショットの軌道が低く飛距離が伸びない」

についてお話していこうと思います。

芝が薄い時期は、
ランが出やすいので飛距離のロスは感じにくいですが、
6月〜夏本番にかけては芝も青々としてランが出づらく、

ラフ方向に飛んでしまうと
着弾地点でボールが止まってしまったり、
飛距離ロスに大きく影響したりします。

これらは、打ち出し角が適正になるだけで、
飛距離アップに繋がっていきます。

ドライバーの打ち出し角について、
メディア、雑誌、YouTubeなどによっても幅があり、
18度まで許容範囲としているものはありますが、

私は大体14~15度くらいに収まっていれば
「理想の打ち出し角」には近づいているかと思います。

では、「理想の打ち出し角」に
近づくためにはどうしたらいいのか?

そちらを動画で解説しておりますので、
チェックしていきましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]意外と陥りがちなチキンウィングとは…

2022.02.18
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

突然ですが、
あなたはチキンウィングを知っていますか?

Fried,Chicken

この写真もチキンウィングですが、
これではありません(笑)

冗談はここまでにして…^^;

プロゴルファーのような
フォロースルーでしっかり
腕が伸びたスイングって憧れますよね!

しかし、実際は
伸ばそう伸ばそうとしても
なかなか伸びず
腕が曲がってしまう場合も多いです。

そう。
この腕が曲がってしまっている状態が
『チキンウィング』と言います。

見た目がニワトリの羽のように見える事から
このように呼ばれています。

左肘が引けてしまっている場合、
スイングエネルギーが
逃げてしまっていることがあるので、

飛距離も出し難いし、方向性も悪くなります。
また、様々なミスショットに繋がってきます。

『自分は大丈夫』

と思っていても意外と
チキンウィングになってる方も実は多いんです。

この機会に、
ぜひ一度ご自身のスイングをチェックしてみてください。

また、

「意識して練習をしていても直らない」

という方も多いです。

なぜ、直らないのか?

それは、左ひじを伸ばそうと意識しても、
直らないのはインパクトの当て方が、

ハンドファーストではなくハンドレイトに
なっている場合が多いのです。

ハンドレイトのインパクトになると
前傾姿勢が起き上がる動きになりやすく

ヘッド先行でダウンスイングすることになりますので、
インパクトが詰まるという問題が生まれてしまいます。

いわゆる左手首が甲側に折れる動きを
インパクト付近で入れてしまうということです。

つまり、
タメがほどけてリリースが早いという意味にもなります。

こうなると結果的に前傾姿勢が起きやすくなりますので、
体の回転が止まってしまいやすくもなります。

このように様々な問題が出てしまうのです。

結果的に左ひじが引けてしまうという
チキンウィングが発生するというわけです。

今回は、チキンウィングに打ち勝つために大事な、

・フェースの向き
・グリップ

についてお話していきたいと思います

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

球が曲がるなら、ココを見直し!

2022.02.16
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿

東京の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

 
多くのゴルファーの方が抱えるお悩みの一つとして、
ボールが曲がってコントロールできない
というものがあります。

 
ボールが思うように飛ばず、
大きくスライスしたりフックしたりする。

 
そうすると、当然ボールの方向性も
狙ったところに安定してまとめられないため、
スコアを崩す原因となります。

 
本日は、そんなお悩みを解決するための
テークバックの見直しポイント
についてお話ししたいと思います!

 

テークバックで確認するべき3つのポイント

テークバックはスイングの最初の動きになるのですが、
意外と多くの方が、インパクト直前のダウンスイングを意識して、
テークバックをきちんと確認していません。

 
ですが始動の動作であるテークバックが
スイングに与える影響は非常に大きいため、
ここを見直せばスイングに大きな改善効果が期待できます。

 
そこで本日は
テークバックで見直すポイント3点を動画でまとたので、
ぜひご自分のスイングでも確認してみてください!

動画はこちら



いかがだったでしょうか?

 
ここの動作をしっかり見直すことで、
フェースの向き・スイング軌道が安定し
意図しないスライス・フックを予防できます。

 
まずはビジネスゾーンのスイングから入念に確認し、
その後スイングの振り幅を大きくしていって
正しいテークバックの感覚を刷り込んでいってください。

 
狙い通りにボールが飛んでいく気持ちよさと共に、
楽しみながらベストスコアを目指してください!

  
ガッツパー水柿


<本日のオススメ>

動画内でもお話しした
「ビジネスゾーン」

 
理想的なインパクト・ミート率のために
最も重要なスイングの根幹なのですが、、、

 
そこからさらに飛距離アップのために
よりビジネスゾーンを深堀したプログラム

ビジネスゾーンドライブプログラムが、
人気のためにキャンペーン延長決定しました!

 
筋力に任せたスイングの飛距離アップではなく、
ビジネスゾーン理論によるスイング練度の上達による
インパクト・ミートの改善プログラムなので、

ただ飛ぶだけではなく、方向性も安定するうえ
自身の重心移動などのパワーを100%飛距離へつなげることができます。

安定してより高い飛距離を求める方には、
オススメのプログラムです。

 
ただし、延長期間は明後日の18(金)までですので、
お見逃しのないようにご注意ください。

詳細はこちら

https://g-live.info/click/bzd2202/



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]ゴルフにメンタル?関係あるんです!

2022.02.11
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

寒いですね~!!
関東では、昨日も雪が降りました。

この短期間で2回も雪が降るのは
珍しいですね!

前回の積雪の時は、
近所の子どもたちが楽しそうに
雪だるまを作っていました(^^)

懸命につくる姿に微笑ましくなりました(笑)

さて、本日は件名にもある通り、
メンタルについて少しお話しようと思います。

すでにご存知の方も多いと思いますが、
メンタル部分でゴルフに与える影響って
実は多いんです。

スポーツの世界では、
テクニックやフィジカルに加えてメンタルも大変重要です。

特にゴルフは『メンタルのスポーツ』と言われるほど
プレーに大きく影響します。

その理由として、ゴルフはボールを打つときに

「緊張しやすい」

「高い集中力が必要」

という特性を持っているからです。

ゴルフのマナーの1つに

「打者がボールを打つ構えに入ったら喋り声や物音を立てない」

というのがありますね。

これは、打者のメンタルを
崩さないためのルールとなっており、

メンタルが乱れた状態だと
およそ5割以上うまく当たらなくなり、

距離も飛ばなくなるなど、ショットが乱れてしまうと言われています。

そのためゴルフのはメンタルが命と言われてほど、
集中力や内面的な強さも必要となるスポーツなんです。

では、あなたに質問です!

ゴルフ界で活躍する選手たちはどういった方法で
自分のメンタルを保ち続けているでしょうか?

まず世界的に有名なタイガーウッズ選手は
このように考えているようです。

『自分が優勝することだけしか考えていない』

といったように常に前向きに考えて、
自分のミスも想像しないのだそうです。

「前向きに考えればいいじゃん!簡単なことじゃん!」

と思うかもしれませんが…。

「失敗したらどうしよう…」

「池ポチャしたくない…」

「バンカーを避けたい。」

「ダフったらどうしよう」

など、ショット前はいろんなことを考えると思いますが、
普段のご自身のプレー中なども想像してみてください。
前向きに考えることはできていますか?

こんな時に役立つメンタルトレーニング法を
本日はアドバイスできたらいいなと思っています!

寒くて外に出たくないと思っているかもしれませんが、
ご自宅にいながらできることなので、
ぜひ、1度試していただければと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]ゴルフベストシーズの春に向けて鍛えてみませんか?

2022.02.04
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

2月がスタートいたしました。
1ヶ月本当に早いものですね(^^;)

年越ししていたのが、
つい先日のように感じます。

さて、本日はトレーニングについて、
お話していこうと思います。

コロナの勢いもとどまることも知らず、
ゴルフをしたいけど我慢されている方も
多いようです。

「ゴルフやらないと筋力が落ちてしまいそう」

「在宅ワークで体がなまってしまいそう」

「飛距離が落ちてしまった」

などというお話を、聞くことがあります。

今まで毎週末に、練習場や、ゴルフ場に行かれていた方も
自粛せざる得ない状況の方も多いかと思います。
そんな時は、ぜひ筋トレを行っていただければと思います!

ゴルフに筋トレは必要ない!
というふうに聞いたことがある方も
中にはいると思います。

スコアをマネジメントしていくにあたっては
筋トレは必要ない!という言葉も
一理あるのかもしれませんが、

飛距離アップを考えた場合は
トレーニングが必要になってきます!

ゴルフにおける飛距離の
三大要素って知っていますか?

ゴルフにおける飛距離は、以下の3つの要素によって決まります。

1.ボール初速
初速が早ければ早いほど前に飛ぶ力が強くなり、
ボールは遠くに飛んでいきます。

2.打ち出し角
初速が速くても弾道が高すぎたり低すぎたりすると、
飛距離をロスしてしまうため、
適度な打ち出し角を保つことが重要です。

3.スピン量
ボールはインパクト後に必ずバックスピンがかかります。
このスピン量が多すぎると揚力によってボールが吹け上がってしまい、
飛距離をロスしてしまいます。
できるだけ、スピン量は少ないほうが飛距離を稼ぎやすいです。

ボールの初速とヘッドスピードとの間には相関関係があり、
ヘッドスピードが速ければ速いほど、ボール初速が速くなります。

では、ヘッドスピードを上げるためにどうしたらいいか。
答えはとてもシンプルで、
筋肉を鍛えてクラブを速く振れるようにすることです。

ただし、ゴルフに関係のない部位を鍛えたり、
バランスの悪い鍛え方をしてしまっても効果はあまり見込めません。
ゴルフの飛距離アップのために必要な筋肉を、
全体的にバランスよく鍛えていく必要があります。

今回、本日の内容と似たご質問をいただいたので、
お答えさせていただきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]素振り練習、あなたはしていますか?

2022.01.28
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

件名にもあるように、
ご自宅、練習場、ラウンド前など、
あなたは素振りをしていますか?

練習場に行って、
実際にボールを打つことを
メインとしていたりしないですか?

もし、素振りを行っていない方は、
実は素振りはとっても大事だということを
覚えておいていただきたいです。

野球や剣道などゴルフ以外のスポーツでも
素振りの練習が重要視されていると思います。

同じようにゴルフでも素振りは大切なんです。

もちろん、ボールを実際に打って練習することは重要ですが、
スイングの正しい形を身に付けるには、
ボールを打たずに素振りをすることが非常に有効です。

今日の動画ですが、
まだまだコロナなどの勢いも収まらず、
直接みなさんにお会いできる機会が少なくなってしまいました。

いつも一方的に私の方から、
アドバイスさせていただいておりましたが、

みなさんが実際に悩んでいる内容について、
お答えするような内容でお送りしていきたいと思います!

初の試みなので少し緊張しておりますが、
ゴルフセミナーにご参加されたお気持ちで
お楽しみいただければと思います^^

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]冬のゴルフ攻略テクニック大公開!

2022.01.21
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今朝も冷え込む寒さですね。。
早く暖かくなってほしいものです(^^;)

さて、今月の17日から私の新しいDVDが発売されました!
冬にスコアが落ちて悩むゴルファーは多くいます。

しかし、「冬」という季節を、
日本に住んでいる限り無くすことはできません。

そこで、今回は冬のゴルフに特化したプログラムを作り出しました!
それが、、、

『小原大二郎の冬期ゴルフでベストスコアを出すラウンド戦略』

このプログラムの撮影は、
実際に冬場のゴルフ場で撮影を行い、

冬場のゴルフ場を実際に見て、感じて、どうしたらいいのか。
を詰め込んだ内容となっています。

そこで、本日私のメールマガジンをご覧のあなたには、
発売を記念し、このプログラムの一部を
特別に大公開させていただきたいと思います!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]クラブの芯でボールを捕らえろ!

2022.01.14
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

以前、ゴルフ場でこんな人を見ました。

「今日もダフリやトップが多かった…」

とポツリと呟き、肩を落としている人。

私に元に来る質問でも多く寄れられるのが、

「ダフリが出てしまう」

「どうしてもトップが多い」

など、ダフリやトップに関する
質問を多くいただくことがあります。

この2つに共通していることと言えば、

『芯でボールを捉えていない』

という事です!

ドライバーで遠くにボールを飛ばしたり、
アイアンの距離感を安定させたり、

適正なスピン量を得るためには、
常にクラブの芯に当てられる技術が必要になります。

では、どのようにしたら
芯でボールを捉え、
ダフリやトップが出なくなるのか。
ということなんですが、

原因は色々あるのですが、
その中でも特にアマチュアゴルファーの方は、

『上下動が大きくなっている』

ことが原因になっている人が多く見られます。

距離を出そう!ピンをデッドに狙おう!

などという意識が強く働いて、
普段通りのスイングができなくなり、
練習では起こらないミスが、
本番で起こってしまうケースが多く見られます。

今日は、上下動を抑えるための
アドバイスを行って行きたいと思います!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイング前に確認!2021年最重要ポイント

2022.01.12
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿

東京の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

 
新年が明けてもうすぐ2週間が経ちますね。
すっかり正月気分も抜けてエンジンがかかり始めてきた実感があります。

 
去年は1年を通して
ゴルフに関する様々なアドバイスを
このメールマガジンを通してお伝えしてきましたが、

その中でも特に実践してみて驚かれた方が多かった、
私自身も是非オススメしたい1本のメルマガ動画をご紹介いたします!

 
多くの中から選ばれたそのメルマガは、

『アライメントチェックで方向性を改善!』

ボールが狙ったところに飛んでいかないので、
スイングやフェースを矯正したりしたら、また違う方向へ…

そんなふうに試行錯誤をしている方が多く見受けられます。

 
ですが、意外とスイングの前段階のアドレスの時点から、
アライメント(方向)が真っすぐになっていないことが多いのです!

 
「ちゃんと真っすぐに構えている」と自分は感じていても、
この動画で話しているチェックをしてみたら、

「あれ、、、ズレてる、、、?」
なんて驚いた方も多かったようです。

 
正しいスイングのためには、正しい構え、正しいアライメントから。

2021年のメルマガの中でも最も反響の大きかったこの内容で
正しいアライメントになっているかを診断してみてください!

動画はこちら


スマホの方、動画が見れない方はこちら



いかがだったでしょうか?

 
一般的には、右打ちのゴルファーの方は
意識せずに構えると少し右に向いてしまう傾向があるといわれています。

 
人間の無意識下での習性のようなものですが、
真っすぐに構えたつもりでこの状態でスイングすると、
当然イメージしたスイングの軌道と実際の軌道にズレが生まれて、
なかなかイメージ通りの方向へボールを飛ばせません。

 
イメージした通りにボールの方向性を操るために、
まずはこのポイントを習慣的にチェックして、
正しいアライメントを身に付けてください

 
それでは、2022年もベストスコアを目指して頑張っていきましょう!

  
ガッツパー水柿


<本日のオススメ>

プロフィッター徳嵩力一(とくたけ・かついち)氏が
「パター作りの鉄人」 ヒロ・マツモト氏と
コラボした大人気パター。

『TKパター』

がついに再入荷!

 
パター作りの名手として数多の名パターを世に送り出してきた、
ヒロ・マツモトこと松本宏幸氏。

クラブフィッターとして数多のゴルファーに合うクラブを追求してきた、
プロフィッター徳嵩力一氏。

 
長年の研鑽を積ん見上げてきた二人がコラボして生まれた
至高のパターを是非ご覧ください。

 
ただし、品質にとことんこだわった製法のため
本数はわずかですので、完売にご注意ください。


https://g-live.info/click/tkputter2201/



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加