【ビデオ】その練習、こうすると台無し!?

2015.04.29
小原obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日は、
あなたも1度はしたことがあるかもしれない
ある練習法の

「勘違い」

について知ってもらいたいと思います。

その練習法とは、
肩にゴルフクラブを背負って
上体を回す、という動画のような練習です。

これはもちろん、
身体の軸を中心に
スイングをするための練習ですが、

間違ったやり方をしている人を
よく目にします。

この練習は正しくやれば
ダフリ、トップを解消できる
良い練習です。

あるポイントに注意して、
正しく行えるようにしてください。

練習というものは
良かれと思って頑張って続けても、
やり方が間違えば

効果が得られなかったりします。

ものによっては、
逆効果だったりすることも。

正しい知識を持って、
練習するようにしてくださいね。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<オススメ>
奇跡のようなベタピンアプローチを
本当にできるようになりたいなら、
絶対に勘に頼ってはいけません。

プロがラウンド中、
密かに携帯している距離計測器を
アマチュア向けに、シンプルに改造することに成功。

「アプローチが5打減る、ベタピンスコープ」

数量限定販売中ですが、残り6個となりました。
お早めにお申込みください

http://g-live.info/click/betapin150423/
※残り6個です

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】その練習、こうすると台無し!?」への2件のフィードバック

  1. モトキチ

    小原様

    こんにちは。
    いつも腑に落ちる内容ばかりで、大変参考にさせて頂いております。
    特に、今回の件は、最近体験したばかりの事でしたので、初めてコメントさせて頂きました。

    >「練習というものは良かれと思って頑張って続けても、やり方が間違えば効果が得られなかったりします。」

    まったく、その通りです。
    そうです、私も思いっきり「勘違い」して「効果の無い練習」をしていたゴルファーの一人でした。

    先日のラウンドでのスコアがあまりにも酷かったので、「あれだけ練習してもこんなスイングしか出来ないなんて、自分には才能が無いな、もうゴルフやめようかな。。。」(笑)と思っていたところ、ラウンド後に、「いつもより左肩が落ちてるような気がしたよ。」と仲間に言われ、後日練習場で見てもらいました。

    練習場では、打つ前の準備で、必ず「肩に担いで上体を回す」ことを行うのですが、それを見た友人から、明らかに肩が落ちていることを指摘されました。
    これぐらいじゃないかな?と矯正された肩の位置は、今までより地面に対して水平で、違和感ありありでしたが、打ってみてビックリ! バックスイングは、力みなくスムーズに上がるし、今までとは明らかに異なる弾道で力強く飛んで行くのは勿論、腕がちゃんと振り切れる。。。もう、感動でした。

    が、同時に、こんな「基本のキ」が出来ていなかったのに、あれこれ練習したって上手くならないわなぁ。と思いました。
    恐らく、出来る人からすれば、当たり前のことなのでしょうが、一応、2年前に始めた時は、レッスンプロに習いましたし、ゴルフ雑誌も買って読んでますし、インターネットでも調べますが、肩の角度?については、具体的に述べられたものには、出合った記憶がありませんでした。(もしかしたら、小原さんが既にお話されているのを見逃していたかも。)

    小原さんのブログでは、「こういう動きをしてはいけません。だけでなく、何故いけないか」が、分かり易く述べられていますので、大変参考になってます。

    長々、書いてしまい失礼しました。
    これからも楽しみに拝見させて頂きます。

    返信
  2. にがたぶんいち

    貴重なアドバイスありがとうございました。今まで無意識に肩を回していたことを知りました。眼から鱗の落ちる思いです。
    有難うございました。 本日のラウンドは、44と51でした。後半はミドルデ8打ったのが致命傷でした。
                                              81歳の老ゴルファより

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>