【診断】上達できる人、できない人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

本日は上達する人と上達できない人の違いについて
お話しようと思います。

例えば、同じレッスンをしても結果が出る人と出ない人がいます。

その違いはどこにあるのでしょうか。

上達できない人は、何か新しい話を聞いた時、
こんなリアクションを取ります。

「これは上手くいくかもしれない。
そうだ、他の人はこの事に関してどう言ってるか調べてみよう」

「これは上手くいく。そうだ。
既に実行している○○さんにどれくらいの効果出るのか聞いてみよう」

「これは上手くいきそうだ。
早速ゴルフ仲間に話して意見を聞いてみよう。」
などなど。


つまりレッスンで上達できない人は、
新しい知識を得てから行動にうつすまでのステップが
やたらと長いことがあります。

友達の意見を聞いてみたり、
他の人がどう言ってるかを聞いてみたり。

どれくらいの効果がでるのかと聞いてみたり、
色々な情報がないと行動ができない人がいます。

そうこうしている間に、他の知識が入ってきます。

となると他にもやらなきゃいけない事が増えることになります。

スグに実践に移すことができないので、
その事に関しても調べることになって・・・。

結果、膨大な時間がかかってしまいます。

一方で、上達するタイプの人は、十分な情報がなくても、
「いい」と思った事はスグに実行します。

そして、失敗したり、壁にぶつかったりしながら、
新しい事を実践に移します。

実際、やってみると分かるんだけど、
人間やらなきゃ理解できないゾーンと言うものがあります。

見たり聞いたりしただけでは理解できない部分があります。

どんなに見たり、聞いたりしても、
ゴルフができるようには絶対になりませんよね。

実際に、スイングを何度も何度も、毎日毎日、繰り返してるからこそ
上手いゴルファーになることができます。

どんなにDVDを見て学んだところで、
決して一流のゴルファーになることはできません。

あなたは完璧主義ですか?

レッスン教わった事、新しく手に入れた知識を
「キチンとやろう」という気持ちは、実は罠だったりします。

ハマってはいけません。

「キチンとやろう」という気持ちは
一見とてもいい心構えのように見えますが、
実はそんな事はありません。

何故なら、完璧にやろうという
「完璧」という状態が存在しないからです。

ゴルフも、完璧という状態は存在しません。

私はMac信者になっています。
アップル社が出しているMacやiPadはまるで完璧な商品のように見えます。

じゃあ、何故、毎年新しいバージョンが出るのか?
何故、定期的にOSがアップデートするのでしょうか?

答えは簡単。完璧と思っているのは幻想で、そんな事はないからです。

ゴルフも修正を繰り返して上達します。

成功する人が共有している極めて重要な習慣は、
「知識はスグに行動にうつす」
「情報不足でも動く」ということです。

新年の目標を立てたあなた、
大胆に行動してみましょう!

またメールします。

小原大二郎

<本日のオススメ>
すでに5万人以上の方にお試しいただいていますが、
そのプログラムがお年玉キャンペーン中です。

「じゃあまずは何をやればいいの?」
と思っている人は、まずはコレをやってみることを
強くオススメします。

http://g-live.info/click/otoshidama2016/
※明日1月6日(水)までとのことです。

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【診断】上達できる人、できない人の違い」への4件のフィードバック

  1. いけ

    自分の位置するレベルステージを知り、オンラインレッスンプログラム(ウイクリーレッスン等)により自分の今の姿(何が出来て何が出来ないか)がよく分かってきました。出来ない部分をいかにして克服するかが楽しみで練習に励んでおります。(コースに出る機会が少ないので家の中・畑仕事の中で工夫をしての練習が主です)今後も宜しくお願いします。

    返信
  2. 教えてもらった事は、実行するようにしています。(多分、半分もできていないでしょうが・・・)。
    先輩方は、だれに習っても表現が違うだけで同じ事を言われてるのよ! と言い助言してくれますが、申し訳ないのですが耳に蓋して受けたレッスンを思い出しながら練習し、ラウンドするようにしたいと思います。
    スイングは、いつまでも練習、修正の繰り返しなのですね?

    返信
  3. サミー

    大変参考に、なります
    ゴルフの竪琴なんかの、販売企画等
    ゴルフの、上達の為の、用品等の、企画も、お願いします

    返信
  4. カズ

    今年の目標
    ゴルフスコアアベレージで90台
    ベストスコアで90キリ

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。