金メダリストの共通点。「強さ」ではなく…

2016.08.22
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

自分一人の力で
何でもやろうとするのは、強さなのでしょうか?

リオオリンピック、盛り上がっていますね。
特に女子レスリングは素晴らしい結果で
試合を見ていて胸が熱くなりました。

わたしが先日見た朝のニュースでは
女子レスリングの選手が生活している寮母さんのインタビューが放送されていました。

我が子のような思いで見ていたと涙ながらにお話しされていました。


「周りの支えがあったおかげ」
とよくスポーツ選手がインタビューに答えますが
周りに支えてもらうのも強さのひとつではないかと思います。

ある高校生ゴルファーの話

ゴルフに打ち込むある高校生に、いい大学から招待が来ました。
しかし、学費が高いところです。

ただでさえゴルフというお金のかかるスポーツをやらせてもらっているのに
彼は家族に迷惑がかかるのでは、と悩んでいました。

その時、いとこの伯母さんが学費を負担してくれると言ってきてくれました。

彼は「そんなものは人に頼ってまでやるもんじゃない」
自分の力でできる範囲でやるものだと言っていました。

高校生にしては立派な言葉のように聞こえます。

しかし、何でもかんでも
自分一人の力でやろうとするのは
決して強さではないのではないでしょうか?

私はそういう考え方は、
ちょっともったいないと思います。

何故なら、人は自分一人の力でなんて
とてもじゃないけど生きて行く事はできないし
強くなることはできないからです。

もちろん高校生の彼は
思いやりのある心優しい青年だと思います。ですが、

自分一人の力で何でもやる。

という考えは、
今までも、自分一人の力でやってきた。
という捉え方もできます。

強さと弱さ

本当の強さとは、自分の弱さを認める事です。

そして、その弱さを補ってくれる人に助けを求める力です。

そして、自分の強い部分を
頼って来た人に、助けを差し伸べる事です。

上手くいかなくなったら、
誰かに教わることは弱さではありません。

他人の意見を受け入れ、新しい視点取り入れることは強さです。

怪我をしたら、
病院にいって医者に見てもらうことは弱さでありません。

怪我を治す事、医者に助けを求める事は強さです。

負けてしまったら、
自己嫌悪に陥って落ち込むことは弱さではありません。

自分を見つめなおすこと、もう一度立ち上がろうとする事は強さです。

人は環境や、状況によって
自分の力ではどうしようもないこともあります。

でも、それを克服しなければならない。

ゴルフをしていて
あなたの支えとなっているもの
あなたを強くしてくれるものはなんですか?

それは、周りのゴルフ仲間であったり
愛用のクラブたっだり
ゴルフコーチだったり
様々だと思います。

もしスランプになったときは
一人で克服しようとするよりも、
助けを得て、克服していきましょう。

それは弱さではありません。
それこそが強さではないでしょうか。

またメールします

小原大二郎


<本日のオススメ>
大森睦弘コーチの新ウェブセミナー無料公開中!
「力みを取ったら、飛んじゃった!」

あなたのゴルフスイングのスキルを
どうすれば最大化させることができるのか?

その秘密は「○○を取る」ことにありました・・・

http://g-live.info/click/omr_smn1608/
※公開期限:8月24日(水)まで

The following two tabs change content below.

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。