チャー、シュー、メーン!

2016.10.19
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のスマイラックより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

「ゴルフではリズムが大事だと聞きますが、
チャー、シュー、メーンのリズムだと私に合っている気がしないんです。
いいスイングリズムを作れる言葉を知りませんか? 」

先日、生徒さんから質問をもらいました。

スイングのリズムで、

「チャー、シュー、メーン!」
「オォォォオオオ~」
「スーッ・ガァーーーー」

のようにスイングリズムをとるための
様々な掛け声がありますよね。

みなさんにもオリジナルの掛け声があると思います。

で、彼はスイングをゴルフ仲間見せたとき、
リズムがそろっていないと注意されたので
「チャー、シュー、メーン」と心の中でつぶやくように意識するようになったのですが…

逆にスイングが早くなってしまい、引っかけ等が多くなってしまった。
というのです。

さて、これについてあなたはどう思いますか?

確かに、「チャー、シュー、メーン」のようにリズムでスイングを掴むと
スイングに”基準”ができるので、安定した動作を行いやすくなります。

こういったスイングのリズムは
再現性が高くなると芯を捉えやすくなって飛距離が伸びる上に、
精神的にもリラックスすることが出来ます。

がしかし、、、僕はこう答えました。

「それは確かに、スイングリズムのテクニックとしては有効かもしれません。
でも、、、構えてから打つリズムも大切なのではないでしょうか?」

確かに、
こういったちょっとしたスイングリズムの掛け声テクニック、
というのは存在します。

しかし、、、、

大切なのはどんな掛け声でスイングするかではなく
あくまで再現性を高めるために掛け声をつかうということです。

構えてから打つリズムを崩してしまうと
スイングリズムにも影響が出てきてしまうのです。

アプローチを成功させる重要な要素として
リズムは2つ存在します

・スイングのリズム
・構えてから打つリズム

です。

アプローチに自信がない人は
構えてからいつ打つんだろうというくらい長く構えて
急にふと打ち始めることがあります。

得意な方は
素振りをしたらイメージができていますから
すぐに打ち始めます。

ではどのように練習したらリズムが身につくか。
その練習法を少しご紹介したいと思います。

リズムを身に着ける連続打ち

まず、ボールを3つから4つ直線に並べます。

1、口でいちにーさんと唱えて素振りをする
2、1歩近づいてリズムを唱えながら1球目を打つ
2、どんどん次の球を打っていく

このようにしてリズムよく連続打ちを行ってみてください。

ここでトップやダフりは気にせずに
リズムを意識して打っていきましょう。

この練習ができたらゴルフ場でも
同じリズムで打てるように意識してみてください。

「スイングがうまくいかない」というときに、
スイングの形を修正したくなる方も多いかもしれませんが、
スイングで大事なのは形だけではありません。

むしろ、形よりもリズムを見直していったほうが、
再現性の高い安定したショットが出来るようになり、
弾道の安定性や飛距離が向上します。

特に構える前のリズムを整えることで
自然とスイングリズムも身につけることができますので
優先度は…

1構えてから打つまでのリズム 2スイングのリズム

です。

ぜひ実践してみてくださね。


追伸・・・

【緊急のビックプロジェクト決定!】
10月29日(土)ビジネスゾーン最短養成プロジェクト@仙台

累計参加213名がたった1時間でスイング上達を実感した
自慢のレッスンプログラムです!

チーム小原があなたを本気で上達に導く1時間。
是非、真剣に上達したいと願うあなたに参加していただきたいです。

詳細はこちら
http://g-live.info/click/sdi161029/


追伸2・・・

「1、構えてから打つまでのリズム」を身に着けたら
「2、スイングのリズム」を習得して
さらに飛距離UPも目指しましょう

スイング作りゼロでスコアUPする方法を
小原プロが徹底解説しています

http://g-live.info/click/obrhythm161013/

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。