5ヤードのアプローチ…簡単?難しい?

2015.03.07
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、最近ちょっとモンゴの少年時代ネタが続いて
みなさんの反応がよくないみたいです!(泣)

ということで、今回は技術的なところに
いっちゃおうかなあと思います。

 「5ヤードぐらいのアプローチが難しい…」

こんな悩みをいただいてしまったので、
それについてお話ししたいと思います。

さて、5ヤードって相当短いですよね?
でもこの距離が結講クセモノなんですよ。。。(汗)

距離が短いほうが簡単って本当?

そもそもこんな質問の内容だったんです。

 「パタ-の距離感が悪い。
  5ヤード位のアプローチがチョロやトップしてしまう」

ということでこの方、パターの距離感にも
難しさを感じていらっしゃるようですね。

えーと、まずいいですか?
ズバリ言いますよ。。。(笑)

そもそもの問題として、5ヤードぐらいの短いほうが、
アプローチは難しいんです。。。

 「え! Σ(゚ロ゚ノ)ノ驚」

そんなふうに驚いちゃったあなた、
実は短いほうが難しいことはけっこう多いんですね。

なんで難しいかというと、、、

ウェッジを持つと「打つ」イメージで
クラブを打ってしまうからなんですね。

で、そんなあなたにオススメな打ち方は、、、

パターみたいに振ること!

ホントを言うと、こういう短いアプローチは
パターみたいに振るのが一番です。

で、構えもパターのように打ってしまってOKです。

いや、打つというよりは運ぶ感じですね。

それでコントロール出来たらきっと自信がついてきますし、
苦手なパターの距離感もよくなると思います。

「だったらはじめからパターで打てばいいじゃん」

「オレは自信がないから短いのはパターで打ってるよ」

そんなふうにおっしゃる方もいると思います。

でもこれは芝目によるところはあって、
パターだと打ちすぎてオーバしちゃったり、
手前のくぼみとかがあってうまくいかなかったり。。。

それはそれで、難しいところはありますよね。
(そういう経験、あなたも経験ありませんか?)

特に競技ゴルフをやっている方であれば、スプリンクラーとかが
あったりするグリーンエッジだったとしても逃れられないので、、、

やっぱり、こういう短い距離であっても
いろいろな距離をコントロール出来たほうがいいですね!

家でもできちゃう簡単な練習を紹介!

あ、実はこの短いアプローチ、ちょっとした工夫で
得意になれちゃう方法があるんです!

それは何かというと。。。こうやってみてください。

1.まず、家の中でいいので、パターを持って、
  ボールを打って下さい(カーペットの上でOK)

2.次に、SWでもPWでもいいので、短めに持って
  先ほどの1と同じようにパターみたいに打つ

これだけです。
この1と2を、交互とか何球かずつ打ちます。
このときにパターと同じように振ることが大切です。

SWでパッティングの練習、モンゴもよくこれを練習しました。

モンゴの場合、グリーンでこれをやると怒られるので、
わざとトップさせて打つ練習もよくやりましたね~

あ、ちなみにこのわざとトップさせる練習って、
打点をコントロールする最高の練習になるんです!

普通の練習グリーンだと傷つけますが、
これはパターマットでも可能です。

打ち出しから最後まで、
サンドの刃でボールのお腹を打つんですね。

これが浮かないで打つように打てるようになると、
本番で長めに持って、パッティングのスタイルで打てるようになります。

刃の部分を真ん中に当てるので難しいと感じるかもしれませんが、
若干ヘッドを浮かせて打てるようになっていれば
やっているうちに普通に打ってもわけないはず

で、話は戻りますが、
短いアプローチはパッティングのように、です。

ラフが深いと勇気が必要で難しいかもしれませんが
それほど深いラフでなければ、そのままパットの要領で打ちましょう。

それでかなりのところは対応できちゃいます。
ダマされたと思って、お試しあれ!

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

追伸:

そういえば、モンゴのアプローチプログラムが
今週はキャンペーン中とのことです! (∩´∀`)∩ワーイ

え、まだ持ってない? それならこの機会にぜひ!(笑)

http://g-live.info/click/mongo-a201503/

※今なら期間限定の価格で買えますよ~

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アプローチ, ウエッジ, パター, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

5ヤードのアプローチ…簡単?難しい?」への3件のフィードバック

  1. モンゴモンゴ 投稿作成者

    加用さん

    モンゴもこうして返信していないのがいけないのかな~とも思っています。すみません。引き続き、どうぞよろしくお願いします!(^O^)

    返信
  2. ヨッシー

    モンゴプロ、お楽しみ様です。

    私の場合、落とし所まで5ヤード程のアプローチ
    は大得意です。 仲間からも、「それが上手いんだよねー」、と言われます。

    それはやはり猛練習しましたし、今も練習場
    では20〜25パーセントの時間はアプローチ
    に費やしています。
    それと私は、58°と、52°を2本、バウンス角
    ちがいで入れています。

    芝の長さ、硬い砂、柔らかい砂などでバウンスを
    変えて使っています。

    1ヤードを30センチ程上げて打つ練習などよく
    やっていました。1ヤードでも5ヤードでも、
    加速しながらインパクトを迎えないといけませ
    んよね?モンゴさん。

    結構それを出来ていない方が多い気がします。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      ヨッシーさんいつもありがとうございます!
      良い練習をされていますね(*^_^*)
      仰るとおり、リズム良く加速が大切ですね(^O^)
      急な加速が危険なのは車と同じですね(^^;;

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。