その時、歴史が動いた…

2016.12.18
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

ロリー・マキロイ「こんなのおかしい。ペナルティなんてない。
余計なことを考えさせずにプレーさせろよ。」

ジョーダン・スピース「アドレスをしていないじゃないか。
彼がボールを動かしていなかったことは、ルールで決められているだろ。」

ダスティン・ジョンソンの罰打を巡って
一緒にツアーで戦っている多くの選手たちが声を上げました。

今年の全米オープン最終日の5番ホール、
1.5mのパーパットを決めたダスティン・ジョンソンに
競技委員から衝撃の内容が伝えられました。

「アドレス時にボールが動き、
ラウンド終了後に再協議され1罰打が加えられる可能性がある。」

「処分保留」のままプレーするという異例の事態。
この情報がテレビで伝えられるとコースの外は騒然としました。

メジャー初勝利がかかった大事な最終日に
大きな不安を抱えたままラウンドすることになったのです…

世界一の飛距離

今世界一飛ばす選手は誰か?
この問いにほとんどの人が
ダスティン・ジョンソンの名前を挙げると思います。

56m/Sのヘッドスピードから繰り出す飛距離は
平均で320yに迫ると言われています。

手を全く使わないでトップまでひねった体を
元に戻すだけというとてもシンプルなスイング。

飛距離にこだわりを持っているわたしにとって
よきライバルであり、少しでも近づきたい。
心から尊敬できる選手です。

繰り返される悲劇

2010年の全米オープンの最終ラウンド。

2位に1打差をつけて回ってきた最終18番パー
締めくくればダスティン・ジョンソンの
念願のメジャー勝利が実現する。

プレッシャーのかかる中打ったティーショットが右に反れ
多くのギャラリーが立ち並ぶ中に落ちました。

なんとかボギーで上がりプレーオフ進出かと思われたとき
競技委員から待ったがかかったのです。

ギャラリーが入り込み、枯れた芝やゴミ空き缶が散乱した状態。
本人も気づかずにソールした場所が実はバンカーだった。

2打罰が与えられ結局ダスティン・ジョンソンは
プレーオフに進出することができませんでした…

今の自分にできることを全力でやる

「あの時点で自分は何もできない。
12番のティーショットに集中するだけだった。」

コース後に1罰打を科せられながら
2位に4打差をつけてメジャー初優勝を飾りました。

自分にコントロールできないことは考えても意味がない。
今自分がコントロールできることを全力で取り組む。

何度もの悲運を乗り越えた王者の
その精神力や集中力を心から尊敬します。

ラウンド中突然起こる様々なアクシデント
それに動じずやるべきことを確実にこなす。

その大切さを改めて教えてくれたような気がします。

「ビデオを見たけど、僕はいまだにボールを動かしたと思っていない。」
この言葉にダスティン・ジョンソンのPRIDEを感じました。

先日ビッグニュースが飛び込んできて
世界のゴルフルールを統括するR&AとUSGAは
2017年1月1日からローカルルールの追加を発表しました。

「パッティンググリーン上で球が偶然動かされた時の
罰をなくす。」というものです。

今回の悲劇がゴルフの歴史を動かしたのかもしれません。


<オススメ>
キュアパターは、販売開始から約2年。
今年は、レクシー・トンプソンの国内メジャー優勝や
国内でもテレビ番組「Enjoy Golf」でも著名な牧野裕プロのご紹介

アマチュアゴルファーも含めて
累計1万名以上の方にお使い頂きました。

キュアパターご利用の感謝の気持ちとして
特別割引30%OFFセールを実施致します。

http://g-live.info/click/cure161215/

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。