バレンタインから学ぶベストスコア達成法

2017.02.14
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

今日は2/14日、バレンタインデーだそうです。

小・中学生の頃は男女共学だったので、
当日は貰えることを期待をして一日中ソワソワしていたことを思い出します。

他のみんなよりバレンタインデーへの思い入れは
強かったと思います(笑)。

しかし、なぜか

1個ももらえない年と
沢山もらえる年とがあり、

その違いが何なのか

子供ながらに導き出した答えがありました。
じつは、それはゴルフにも共通するものがあったんです、、、

チョコを貰うためには、、、

特に多く貰えた年は、
球技大会のキャプテンを
一生懸命取り組んでいました。

逆に貰えない年は、
何もせずだらだらと過ごしていました。笑

翌年、チョコが貰えず悔しかった私は、
文化祭の実行委員に立候補しました。

その年は、たくさん貰えたのです!笑

そこで中学生の時に、
一生懸命何かに取り組み、みんなの感情を動かせたときは
多くもらえるんだと自己分析をしていました。

チョコを貰うための最短の道は、
外見や容姿を整える事よりも、

「その一瞬にベストを尽くすこと」だと
当時の私は導き出しました!笑

これってゴルフにも似ていると思いませんか?

例えば、ベストスコアを出したい、
というときに多くの人は毎日の練習をすることを考えます。
もちろん持続的なスコアアップのために練習はとても重要です。

でも、まずスコアをあげるなら、
夜遅くまできつい練習をするよりも、

ラウンドの前の日に、持っていく物をしっかり早めに準備して、
栄養と睡眠がきっちり取ったほうが良いスコアはでたりします。

その場しのぎで練習をするよりも、
自分がやってきた事を信じ、
翌日のラウンドに向けてコンディションを整える。

そのほうが合理的なんです。

さらに、ラウンド当日のコンディションが良ければ、
細かいところまで頭が回るので、、、

例えば、、、

・ティーショット前のウォーミングアップで、連続素振りなどの動的ストレッチを行う
 →筋肉の温度を温めてパフォーマンスを上げてナイスショット!

・スタート前に確実に入る距離(50センチ)のパットを3回行う
 →カップインする音を聞いて成功のイメージを脳に記憶させると、ラウンド中もパットが入る!

万が一トラブルショットがでてしまっても、、、


・林の中からの脱出や難易度の高いアプローチ
 →打つ前に1回大きく腹式呼吸をすると、ナイスアウト!

というように色々な状況に対応できる
思考が可能になります。

テクニックの練習も大事ですが、、、

あなたがベストスコアを出すために、
今、あなたが取り組んでいる方法は
本当に最短の道なのでしょうか?

実はもっと簡単な方法があるかもしれません!
今何をするべきか合理的に考えることが必要です。

そして、その「すべきこと」を実行に移すために、
なるべく実行のハードルを下げます。

何をするべきか考えるというところまでは
割とできる方が多いです。

が、そのハードルを下げる
というところまで考える人は意外と少ないのです。

これまで、熱心にゴルフに取り組み、練習をしてきたあなたなら、
ベストスコアの更新は容易いと思います!

ベストスコアを出すためには、
「当日のラウンドでいかにベストを尽くせるか」
だと思っています。

練習に本気を出して、
本番でベストを尽くせない、、、

私も何度も経験したことがあります。。
ですが、これじゃ元も子もありません。

まずは、ベストスコア達成の為、
簡単に出来ることは何か?
最短の道は何だろうか?

そこから考えてみてはいかがでしょうか?^^

ぜひ考えてみてください!
またメールしますね。

近藤

追伸

その当時自分はモテると思い込んでいたので、
貰えない年は、家でよく落ち込んでいた記憶があります(笑)。

今は貰えたとしても義理チョコなので、当日ソワソワしたり、
悔しい思いをしたりすることはなくなりましたが(笑)。


<本日のオススメ>

【Q.ゴルフクイズ】

ゴルフで

プロが練習時間の9割を

あてている練習はなんでしょう?

正解はこちら

http://g-live.info/click/mongo-a1702/

※2/15(水)までの限定公開

 

Facebookでコメントする

バレンタインから学ぶベストスコア達成法」への2件のフィードバック

  1. マークン

    近藤さんはスマートだし男前だから、少し目立てばOKですね(^△^)いいですね~チョコレート分けて星。ゴルフではバーディ逃しのダボは良く来るけどもうジジには義理チョコも来ない、絶対来るのは妻からの苦情、自信有り。
    先日柿種にチョコをコーティングしたのを自分で買ったら結構美味かった、で、冷蔵庫に保管してたら食われたけど喜んでもらえばいいんです。先週のゴルフではというか ずっとなんですけど、バンカーで苦労しています、クラブが抜けないのでピンが遠いとき全くダメ、出るのは問題ないのですがサンドウェッジをバンスの有るのに変えてもパットしないどころかほぼ3パットして皆に喜んで貰って熱くなって、ソールのやや幅広のを試そうか、重いのにしようかと思ってるのですが、同じ結果かなあと思ったりしてます。しかしどうも打ち方の問題が先のように思ったり・・・コレステロール値も高いのでチョコよりまたブログでSWの選び方や打ち方をプレゼントしてください。

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      マークンさん

      とてもユーモアのあるコメント楽しく読ませていただきました。
      ありがとうございます。

      私のレッスンしている方の中にもバンカーを苦手にしている方が多くいらっしゃいます。

      バンス角の多いウェッジ、重いウェッジはオススメです。
      クラブを変えて楽に出るようになった方も多くいらっしゃいます。

      もし迷ってしまった時は、
      スタンススクエア、フェイススクエア
      アプローチと同じ振り方で打っていただくことをおすすめします。
      以外と簡単に出てしまうかもしてません。

      フェイスオープンのアウトサイドインは
      視覚的にも、スイング的にも、難しくなる場合がありますので、
      シンプルにオールスクエアをまず試してみてはいかがでしょうか。

      コメントありがとうございました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。