何故?スイングがよくなったのにミスが出る

2017.05.18
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「何故?スイングがよくなったのにミスが出る」

という話をしたいと思います。

正直、今回のテーマは
お話しするかどうか迷いました。

でも、今後のことも考えて、
敢えてお伝えしたほうがいいのかなと思いまして
思い切って公開したいと思います。

以前にレッスンにいらした方で

自分が「チーム小原」に加入したばかりの頃です。
千葉のほうにレッスンにいらした方で、
 

 「レッスンを受けているうちに
  得意だったクラブが当たらなくなった。。。」

 

という相談を、お客さまが担当コーチに相談してきたと、
そんな話が、コーチたちの間で出たんですね。
 
 

具体的には、得意なクラブは
フェアウェイウッドだったそうなんですが、
それが前よりも当たらなくなったとのこと。

私は担当コーチからその話を聞いて
「もしかして。。。」とピンと来るものがあって
 

 「フィッティングに来ていただいたらどうか?」
 

という提案をしました。

二種類のスイング

実際にフィッティングに来ていただいて
スイングとクラブを見せていただいたんですが、
結論から言うと、
 

 「フェアウェイウッドだけクラブバランスが
  他のものよりも大きく外れていた」

 

ということがわかりました。
 

つまり、自分の見立てはこうです。
 
 

・「得意」と思っていたフェアウェイウッドは
 おそらくそのクラブだけ、別個のスイングをすることで
 当てることことで「得意クラブ」になっていた

  ↓

・でも、レッスンに通うことようになったことで
 (ビジネスゾーンのスイングなどを続けることで)
 全てのクラブを通じて、スイングがよくなってきた

  ↓

・そうすることで、別個のスイングで当てていた
 フェアウェイウッドが当たらないようになった。。。

 
 

おそらく、レッスンに通われる前までは、
それなりに自分でクラブごとにアジャストをして、
うまく切り抜けていたのでしょう。

ですが、レッスンを受けたことで
「一つのスイング」でクラブを振るようになったことで。。。

フェアウェイウッドの合ってないという事実が
浮き彫りになってしまった、ということですね。
 

通常、ゴルファーというのは結果しか見ません。

ですので、クラブが変わっても同様かそれに近い結果を得るために
クラブごとに打ち方を変えて対応してしまうのです。

これは人間の「高次の技術」といえばそうなのですが、
実際は「悪循環」への入り口であるとも言えます。

何度もこの場ではお伝えしていることですが、
それによって、二種類のスイングができてしまうからですね。

下手になっている?

これも繰り返しになりますが、私たち「チーム小原」のレッスンは
フィッティングがレッスンに基本組み込まれています。
(一部そうでないコース、プランもありますが)

それはすなわち、全てのクラブで同じようなスイングで振って、
全部同じ球筋になることが、ゴルフにとっては合理的だからです。
 

・1種類のスイングでゴルフをやるのか?

・2~3種類の、複数のスイングでゴルフをするのか?
 

どっちがシンプルでしょうかと問えば。。。
答えは言うまでもありませんよね?
 

もしここでフィッティングというものがなかったとすると
せっかくスイングがよくなったとしても、
 

 「あれ、球の結果が以前より
  バラバラに飛ぶようになって気がする。。。」

 「もしかしたら、レッスンを受けているのに、
  スイングがむしろ悪くなっているんじゃないか?」

 

と、そんなふうに思い込まれてしまう可能性があるわけです。

もちろんマイナスばかりではない

とはいえもちろん、
これはある意味仕方のないことだとも言えます。

結果だけを見れば、ゴルファーの方にとっては
そのように「見えてしまう」わけですから。。。

でもそれは事実とは反していることですし、
そうなると、レッスンの結果が正当に評価されなくなる、
ということでもあるわけです。

クラブごとにスイングを分けるという非効率なことをしていて、
たまたまクラブのせいでスイングがバラけていただけなのに、です。
 
 

ですが結果となる球筋、見えている球筋が違っていたら、
一般の人であれば
 

 「同じスイングをしていないんじゃないか?」
 

と捉えてしまうことは、本当のことを言うと
仕方のないことだと思っています。
 

今回、冒頭でお話しした例は
「マイナス」が表面に出た例ですが、
もちろんそればかりではありません。

レッスンによってスイングがよくなったことで、
今まで苦手だと思っていた番手が、
急に当たるようになったりすることもあります。

これはもともとクラブとしては合っていたのが
適切なスイングを手に入れたことで、
そのクラブの本領が発揮されてきた、ということですね。
 
 

今回の事例で、改めてあなたにお伝えしたいのは。。。
 

・ゴルフクラブというのは、あなたの思っている以上に、
 あなたのゴルフに大きな影響を与えているということ。

・スイングが一個になることで、
 当たる番手と当たらない番手がハッキリするということ。

・そのことを知るには、フィッティングを受けていただくのが
 やはり一番良いということ。

 

これらのことを改めて確認していただけたのなら、
これほど嬉しいことはありません。

こうしたこともあるんだよということを、
少なくともあなたには知っていただけたらうれしいです。
 

ちなみに、今まで紹介していた神田のフィッティングが
かなり一杯になって来ている状況です。。。

また空き枠が出てきましたら、
このメールマガジンの場でもご紹介いたしますので、
もうしばらくお待ち下さい。
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

卑怯なくらいカンタンに上手くなる
ズルいくらいスコアアップが出来ると噂になった…

簡単にゴルフを上達できる秘密兵器
「PlaneSwing」が緊急再入荷しました。

毎日たった5分の練習で
お手本のように美しいスイングが身につく
その秘密をこちらで公開しています…

http://g-live.info/click/ps20170516/

※5個限定の緊急入荷。早いもの勝ちです

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。