「スロープレー」と言われたら…

2017.08.07
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、ゴルフを始めて2年ばかりの高校の友人と
久しぶりに千葉でお酒を飲んでいました。
(友人Tといいます)

お酒を飲みながら、私は
クスクス一人で笑っていました。

なんでか?

彼のオトボケで、みんなを笑わせる愛嬌たっぷりの性格が
一体どんなゴルフを生むのか、楽しみで仕方がなかったんです。

だから、ゴルフでもきっと何か大事件を引き起こして
ラウンドが爆笑の渦になるのではないかと・・・(笑)

そうしたら、友人Tに
「小原なに、 ニヤニヤしているの(笑)」

と聞かれてしまい、ごまかせずに私は
「Tとゴルフするところを想像して笑っていたんだよ」

「いや、 実は前こんなことがあってさ、、」

そして、こんな話をしはじめました。

~~~~~~~~~~~~

友人Tが、会社の同僚(Aさん)と、その友達(Bさん)と3人でゴルフをしたそうです。

友人Tは、Bさんとはその日初顔あわせでした。

最初は、3人でわきあいあいやっていたのですが、

ハーフを過ぎたくらいで
同僚(Aさん)が、Bさんに対して、

Aさん「お前はスロープレーすぎる!」
   「マナーがなってない!」

Bさんも言い返すように
Bさん 「急にそんなに怒らなくてもいいじゃないですか!
     あなただって、さっきOKって言ってないのにボール取り上げて!

     ルール違反ですよ!」

しまいには、言い合いの喧嘩を始めてしまいました。

友人Tは、近くで聞いていたのですが、
考えながら、こう口を開きました。

友人T「いやいやお二方、、

    さっきから お話を聞いていると、、

    お二人とも 正しいことを言っていると思うんですよ。

    私はゴルフを 始めたばっかりの下手くそなので、、
    お二人の意見に それぞれ納得してしまいます!

    ゴルフってルールと マナー難しいので
    私、 まだまだ不勉強ですよ。
 
    ちゃんと しなくちゃいけないですね、、
    何か 私に気になることがあればアドバイスになると思って聞いていたら、、

    だから、お二人ともそんなに、、
    熱心に意見をかわされてすごいな~!とおもいまして。

    でもせっかく みんなで楽しみに来たので、、
    あっ止めなきゃ! と思って出てきたんですよ(^^)」

二人は、友人Tの
天然的な語りぶりに
一瞬あっけに取られたようにして、

我に返って、その場で仲直りしたようです。

この話を聞いて、
私は友人のことを
素直にすごいと思いました。

喧嘩を無視して、ラウンドも出来たはずですが
二人を落ち着けさせたのは、
彼の素晴らしい人徳があってのことだと思います。

高校の頃から良い奴だったけど、
オヤジになって、もっともっといいやつになっているな、、、と。

私たちは怒ってはいけない

ゴルフ中にイライラして、
スロープレーになっていたり、

ルール違反をしたり、
ラウンドって、普段のお仕事や人生のように
いろんなことが起きると思います。

だからこおそ、感情の起伏があったり
イライラしてしまったり。。。

何かが気になってプレーに集中することが出来なかったり。

でも、Tさんのように
怒るのではなく、

人を励ましたり、
その日のゴルフが有意義なものになるよう
努力することが出来る人は
きっとゴルフでも成功するはずです。

(ちなみに、モンゴさんは、何かにイライラしたら太ももをよく叩いています笑
 その時どのようにストレスを発散するかという手段を持っておくことも大事ですよね。)

スロープレーと言われたことがある人へ

いきなり、君のプレー遅いよ!
なんて言われることは無いと思いますが
(人にこんなこと言うのも、中々いいづらいので)

スロープレーと言われたことがある方は
基本的には遅い方が多いです。

感覚的な話になってしまいますが、
やはり、誰かの指摘というのを素直に受け入れられて
努力出来る方の方がゴルフではうまくいくと思います。

自分で納得いかないと思いますので

同組のプレーを全て撮影してもらい、
どれくらいの時間がかかっているかを見てみるだけでも

あなたの今後のプレーファストのために、
誰かに迷惑をかけないゴルフのためにも必要だと思います。

プロゴルファーの場合は
40秒以内にプレーをするというルールがあったかと思いますが、
アマチュアにはより早いプレーが求められます。

他のプレーヤーの流れを止めないよう、円滑にプレー出来る方が
スコアだけではなく、一緒にプレーしたいと言われるためにも必要ですよね。

見ていても気持ちがいいゴルフ。

スコアアップという
自分の目標達成だけではなく、
他の方と気持ちよくプレーするという気持ちが
末永くゴルフを楽しむ秘訣。

ちなみに、
今度友人Tとゴルフしますが、
きっと良いゴルフが出来ると思います。


追伸:
私のビジネスゾーンのアプローチ特化のプログラム
本日がキャンペーン最終日だそうです。

7日間シングルプログラムが
よりバージョンアップしたコチラ。

ぜひ見てみてください。

http://g-live.info/click/obad_170801/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

「スロープレー」と言われたら…」への1件のフィードバック

  1. suzhoumi

    Tさんては素晴らしい方ですね。課長時代に日頃口うるさい担当常務から「ゴルフを始めたので、コースに連れて行け」と言われ、「その日一日は我々課長達の注意を無条件で聞く」という条件を付けてご一緒しました。「クラブを持って走れ」とか、「遅くなったので、アドレスを繰り返さずサッサと打ってください。」とか・・。その日は無事終わったのですが、後々まで「この男はゴルフの師匠だが、始めた頃散々文句を言いやがった」と笑いながら他の人に言うのには閉口しました。その自分が、先日のコンペで更に年上の方から「君のやり方だろうが、プレイが遅いよ」と注意されました。年をとるとなかなか注意してくれる人がいなくなることを痛感しました。気をつけましょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。