【ビデオ】スイングはアドレスで全て決まる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.08.25
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「スイングはアドレスで全て決まる!?」

というテーマでお話をしたいと思います。

「スイングの問題の80%以上がアドレスにある」
と言われるほどスイングの土台となっているのがアドレスです。

トッププロでも一番意識するのはアドレス。

上級者やプロ程、最初のアドレスをとても意識しています。
正しいアドレス無くして、正しいスイングは作れません。

これまでメルマガの中で何度となく
アドレスの重要性をお話してきましたが、

今回は動画で一つ一つ丁寧に説明していきますので、
あなたのアドレスも是非チェックしてみて下さい。

アドレスチェックリストもPDFでプレゼントしていますので、
是非コメントをしてダウンロード印刷してご活用下さい。

(続きはビデオにて)


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

いかがだったでしょうか?

アドレスはスイングのスタート地点。

正しいアドレスが取れるようになることで、
正しいスイングも出来るようになります。

今回の動画のおさらいです。

 

正面からのアドレスチェックポイント

左右の体重配分 左右均等に構える
手元の位置 グリップエンドが左ももの内側を指すように構える
頭の位置 骨盤のセンターに頭が来るように構える

後方からのアドレスチェックポイント

前傾姿勢の取り方 気をつけをした状態から脚の付け根を支点に前傾する
重心は拇指球にかかった状態で構えて
手元の位置は肩の真下に来るように構えます。
身体の向き 両肩の向き、両ももの向き、スタンスの向き
この3つの向きがターゲットラインに対して並行に構える

 

最後に、

今回正しいアドレスについて
ご紹介させていただきましたが、

何よりも大事なことは

「実践すること」

最初のアドレスが間違っているだけで
間違ったスイングに繋がってしまいます。

動画を見て、「あーなるほど。」
と見て終わるのではなく、ぜひ実践してみて下さい。^^

具体的には今回の動画でお伝えしたアドレスについて、
ぜひセルフチェックしてみてください。

そして、あなたの声を聞かせてください。

このように僕が無料でゴルフの記事を公開しているのは、
少しでもあなたの上達のきっかけになればという思いからです。
正直、実践無くして上達は難しいです。

現実的に全ての方を直接レッスンさせていただくことは叶いませんので
このようなメールマガジンという形で配信させていただいています。

コメント内容は、新しい気付きや成果。
疑問、質問など何でも構いません。

「コメントをする」という行動こそあなたが実践し、
結果を出すために大切なことで、とても価値のある一歩となります。

今回の内容をまとめたPDFファイルを
コメントいただいた方にだけに準備していますので、
日々の練習に是非お役立て下さい。^^

arrows

tokuten

コメント特典のPDFの請求はこちらをクリック ››

※特典はコメントをいただいた方にプレゼントしています。
 コメントをご記入の上、上記ボタンより特典受け取りの申請をお願いします。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

(実践者の声)
長谷川様「ストレスのないゴルフをしたい方におすすめです」
村越様「2回目のラウンドでベストスコア91達成」
島崎様「方向性のドリルだけをゴルフの前にやっています」
中島様「スイングを組み立てる際のポイントがわかります」
亀井様「いつもより7~8打ほどスコアがよくなりました」

これは、小原プロの20年にわたる
自身のレッスン経験をもとに開発した
他にはないプログラムです。

詳しくはコチラ・・・

http://g-live.info/click/obr_170822/

※付属で魔法の杖がついてきます。

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】スイングはアドレスで全て決まる!?」への87件のフィードバック

  1. けん

    今までは腕を地面と垂直にすることを意識しすぎて、ドライバやロングアイアンのアドレスが悪くなっていたように思います。
    クラブを握って水平にした後、クラブを地面につけることルーチンにしてさっそく練習してみます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      けん様

      コメントありがとうございます!

      適正なボールとの距離というのはナイスショットをする上で重要な要素になります。
      間違った距離で構えるとナイススイングをしても、
      そのクラブの軌道上にボールが無いので、自分でアジャストしないといけない事になってしまいます。

      ぜひ、正しいアドレスでボールとの適正な距離をとれるようにしていきましょう。^^

      返信
  2. taka-kita

    いつも役に立つ内容であり参考にしております。
    アドレスが重要なことはわかっているつもりでも、次第におろそかになることもあるので、改めて確認できてよかったと思います。
    これからも、有効なアドバイスをお願いします。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      taka-kita様

      コメントありがとうございます!

      アドレスの重要度はtaka-kita様のご存知の通りですが、
      アドレスを特に意識しなくてもある程度打ててしまうという所もありますね^^;

      ただ、次第にスイングのズレに繋がりますので、絶対にチェックはかかせないですね!
      ぜひ練習時、コースでもアドレスを大切にしてくださいね。^^

      返信
  3. akinosuke

    アドレスは大事に考えていますが、ミスしあとなど、テンパってしまうと忘れがちになり負の連鎖になる時があります。焦らずに焦らずにと思っていますが、忘れてしまわないようにやりたいと思います

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      akinosuke様

      コメントありがとうございます!

      アドレスの取り方もそうですが、
      そのアドレスを取るまでの一連の動作(ルーティン)を確立させる事によって、
      慌てずにいつも通りのアドレスを取れるようになりますよ。^^

      返信
  4. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Masahiro Yamane 様

    コメントありがとうございます!
    Masahiro Yamane 様のおっしゃっているスイングの振り幅はフルスイングでしょうか?
    フルスイングであるという過程でお話をさせていただきますと、
    基本肩をバックスイング、フォロースルー共に90度捻転させていきます。

    その中で腰も45度近く動きますので、
    テークバックの始動で右尻を後方に引きながらトップ
    へもって行くのは良いイメージですね。^^

    体を正面に向けたままテークバックすると
    トップまで肩の捻転が足りずにアウトサイドインの軌道になりやすいので注意です!
    (実際のMasahiro Yamane 様の体の動きを見ないと確実なことは言えませんが、、、^^;)

    Masahiro Yamane 様にはビジネスゾーンの練習で、
    両肩と腕で作る三角形をキープしたまま打つ練習をされる事をおすすめいたします!

    体の動きに手元の動きが同調し、テークバックの始動も安定します(^ ^)

    ダウンスイングで右手を主体に振り下ろし、
    フォローでヘッドを飛球線方向に向けた時点で止めるというのは、
    これもMasahiro Yamane 様のご年齢や体力を知らないと確実なことは言えませんが、、、

    もし地面にヘッドが刺さるようなダフリのミスが出る、
    ドライバーが上手く打てない、そのようなミスがあるようでしたら、
    フォロースルーは正面から見て左右対象になるように
    スイングすると全体のバランスが良くなります。

    Masahiro Yamane 様のスイングが良くなることを願っております。^^

    返信
  5. おがちん

    ゴルフを始めて30年になります
    やり初めに先輩にいいかげんにゴルフを教えてもらって
    そのままだったのでサッパリ旨くなりませんでした
    アドレスの重要さがよくわかりました
    心を入れ替えてもう一度ゴルフに取り組もうと
    おもいます

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      おがちん様

      コメントありがとうございます!

      ゴルフ歴30年はすごいですね!!
      今までのスイングの動きがありますし、
      その動きに合ったアドレスもありますので、

      今回ご紹介した内容を参考にしていただき、
      おがちん様に合ったアドレスの取り方を研究してみてください。^^

      返信
  6. タクヤ

    水柿プロ

    改めてアドレスの重要性を再認識いたしました。特に練習場ではボールの球筋やスイングなどに気を取られアドレスがおざなりになっていたと反省しています。正しいアドレスをマスターしてスコアアップにつなげたいと思います。

    ありがとうございました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      タクヤ様

      コメントありがとうございます!

      ボールが飛んでいく要素としてインパクト時のクラブの動きがあり、
      そしてそのクラブを動かしている人間の動きがあります。

      さらにその動作を行うスタート地点であるアドレスと、、、、
      元を辿っていくとアドレスの取り方に行き着きますので、
      今回ご紹介した内容を参考にしていただき、
      タクヤ様のアドレスの基準を作っていければと思います。^^

      返信
  7. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Sadaharu Hora様

    コメントありがとうございます!

    目線、アドレスの姿勢、
    すごく大切な要素です。^^

    その日のショットの調子を左右するものですので、
    これからもアドレスのチェックを大切になさってくださいね。^^

    返信
  8. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Taiju Yamazaji様

    コメントありがとうございます!

    左肩に力が入ると右を向いたり、いわゆる怒り肩になり
    スムーズなスイングが行えなくなりますね。

    そんな時はわざとぐっと力を入れて、
    息を吐きながら肩の力を抜いてみてください。^^

    返信
  9. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Manabu Watanabe様

    コメントありがとうございます!

    チェックは鏡があると客観的に見れて良いのですが、
    もし鏡が無ければケータイなどのカメラを使用する方法など。

    それ以外ですと、体の向きはクラブを
    ターゲットラインと平行に置いて確認できますし、
    左右の重心や頭の位置などは足の裏の体重配分を
    均等にするなどで確認してみてください。^^

    返信
  10. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Mie Saito様

    コメントありがとうございます!

    スイングのミスには様々な原因がありますが、
    やはりチェックする順番としてはスタート地点である
    アドレスを先に疑うべきですね!

    スイングを修正する順番が正しいと、
    修正も迷わずスムーズに行えます。^^

    返信
  11. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Takasuke Kurahashi様

    コメントありがとうございます!

    アドレスは体調もそうですし、
    ラウンドしていても次第に狂ってきます。

    それが積もりに積もって気づいた時には大きく崩れていた、、、
    なんてことが起きてきます。

    そこからスイングが崩れていくことが多いので、
    欠かさずにチェックは必要ですね!

    僕は自宅でもそうですし、
    街中でもガラスがあるとついチェックしてしまいます^^;

    返信
  12. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    岩﨑孝幸様

    コメントありがとうございます!

    いつもありがとうございます。^^

    これからも上達のお役に立てるよう
    情報を発信していきますので、
    どうぞ宜しくお願い致します!

    返信
  13. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    マルヤマ トモマサ様

    コメントありがとうございます!

    そうなんです、
    鏡などでチェックは欠かせないですね!

    街中でもガラスなどあるとついつい
    アドレスチェックしてしまいます、、、、^^;

    返信
  14. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Jouji Hirano様

    コメントありがとうございます!

    そうです!基本なのですがついつい抜けがちです、、、
    ぜひPDFをご活用くださいね。^^

    返信
  15. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    玉垣徳久様

    コメントありがとうございます!

    肩のラインは方向性に大きく影響しますからね!
    これからもチェックを欠かさずに、ですね。^^

    返信
  16. 齋藤芳男

    水柿さま

    アイアンでダフリが多く、左に重心をおくべきか、悩んでいます。
    ウッドはやや右においた方が、自分は結果が良いようですが。

    齋藤

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      齋藤芳男様

      コメントありがとうございます!
      基本的に左に重心をかけた方がダフリにくくはなりますが、
      その前にボールの位置を確認してみてください。

      重心を大きく移動しないタイプであれば、センターから右めでもいいですし、
      大きく移動して打つタイプであれば左めでもいいです。

      ボール位置によっては最初から左に重心をかけるとインパクトが間に合わずに、
      手で合わせにいく、または右に重心を戻そうとしたりします。
      結果ダフるミスになりかねません。。。

      ですので、まずはボール位置からチェックされることをオススメ致します。^^

      返信
      1. 齋藤芳男

        有難うございます。 昨日ラウンドで試してみました。9Iでセンター右、7Iでセンターと、いつもよりボール1~2個、思い切って右に置いたところ、ナイスオン。今まで苦手だった、左足上がりでもダフらず、距離もでているようでした。もっと練習してみますね。

        返信
  17. クラミツ

    アドレスの基本を、再認識することができました。
    練習場で、再確認します。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      クラミツ様

      コメントありがとうございます!

      クラミツ様のアドレスチェックの
      お役に立てて良かったです!

      これからも練習時には必ずアドレスを
      チェックしながらスイングしてくださいね。^^

      返信
  18. マークン

    よくわかります、しかし、自分ではそう構えているかどうかよく分かりません。いつも疑問があるのですが、ボールの後ろから見てターゲットラインを定めてそれに平行にアドレスしているつもりなのですが 、そのラインでアドレスして目標を見ると目標が自分がイメージしているよりかなり左サイドに見えます。でも自分は絶対平行に構える事が出来ているのだからこれで良いと思って打っているのですがーーーそんなこと無いですかね?

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      マークン様

      コメントありがとうございます!

      もく目標が左サイドに見えるということは
      体が右を向いている可能性がありますね、、、

      右を向いて目標方向に振ると
      アウトサイドインの軌道になりやすいです。

      練習場ではクラブなどをスタンスラインに置いて
      向きをチェックできると良いですね。^^

      アドレスに入る際に右手でクラブを持ち、
      セットアップしてみてください。

      また、左サイドの景色が広く見えるようになってくると思いますので、
      その景色の見え方を覚えて置いてくださいね。^^

      返信
  19. ろくさん

    アドレスで右を向く傾向があって、なかなか直せません。
    よいチェック方法と直し方がありましたらご教示ください。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      ろくさん様

      コメントありがとうございます!

      右を向く癖がある場合はアドレスに入る際に、
      右手でクラブを持ってセットアップしてみてください。

      その際に左足も後ろに引いた状態で入り、
      その後アドレスに入ります。

      あと重要なのが練習場でアドレスを取った時の
      ターゲット方向の景色の見え方を覚えてください。

      それがコースでも活きてきます。^^

      返信
  20. ハセやん

    アドレスの重要性は理解していたつもりで、特に前傾がフラフラしていてスイングの都度違っていたので、基準を示して頂き早く自分のものにしたいと思います。ありがとうございました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      ハセやん様

      コメントありがとうございます!

      スイングの安定(クラブの軌道の安定)のために
      アドレスのチェックは欠かせないですね。^^

      今回ご紹介した内容を参考にして頂き、
      ハセやん様のアドレスの基準を作ってみてください。^^

      返信
  21. マナティ

    アドレスとグリップが大切と頭ではわかっていてもゴルフ場へ行くと忘れてしまいます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      マナティ様

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね!一番大切な部分なのですが、
      ついつい抜けてしまうのもこの部分です。

      できるだけショットを打つ前に確認できるように、
      ルーティン化できるといいですね。^^

      返信
  22. aoyoroi

    よくわかるお話でした。ゴルフ日の発車時、クラブとのかかわり前傾姿勢がいい加減だったと反省しました。アドレスをしっかりさせたゴルフにしていきたいと思います。有難うございます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      aoyoroi様

      コメントありがとうございます!

      アドレスはその日の体調などでも変わってしまいます。
      ぜひaoyoroi様の基本となるアドレスの
      チェックポイントを作ってみてくださいね。^^

      返信
  23. サードアイ

    いつみてもアマチュア目線でわかりやすいアマチュアが求めている情報、アドバイス、本当にお世話になっております
    水柿プロのメールは必ず見ています。見ちゃいます、
    これからも読者が求めているわかりやすい指導宜しくお願いします

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      サードアイ様

      コメントありがとうございます!

      そう言っていただけると励みになります。^^

      はい!上達のヒントになるよう、
      出来るだけ分かりやすくお伝えできるように頑張りますので、
      これからもどうぞ宜しくお願い致します。^^

      返信
  24. 緑ちゃん

    アドレスの大切さが再確認できました。特に、ラウンド中にショットが乱れたときには、思い出してチェックして気をつけてスイングをしていきたいと思います。 足し幅の取り方、膝の曲げ方についても注意点があれば教えて下さい。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      緑ちゃん様

      コメントありがとうございます!

      ラウンド中にショットが乱れてしまうのは、
      メンタル的な部分やアドレスの狂いなどが大きく要因します。
      できたら毎ショット確認できるよう、ルーティン化できると良いですね。^^

      足幅は全体的なバランスをみて、基本肩幅を目安にされると良いですね。
      膝の曲げ方ですが、足首が地面と垂直になる程度を目安にしてみてください!

      返信
  25. A.W

    アドレスの重要性が再確認できました。チェックポイントも分かりやすく、コースでも実践できそうです。
    今回のブログは保存版の内容です。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      A.W様

      コメントありがとうございます!

      今回の内容がA.W様のアドレスの再確認に繋がって良かったです!
      これからも宜しくお願い致します。^^

      返信
  26. つぐみ

    大変参考になりました。
    アドレスが不安定だったので、1つ1つ確認しながら、安定させていきたいと思います!
    ありがとうございました!

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      つぐみ様

      コメントありがとうございます!

      今回のチェックするポイントを参考にしていただいて、
      つぐみ様のチェックポイントが明確になると良いですね。^^

      返信
  27. 堀江伸行

    水柿プロ

    ご無沙汰しております。新宿店でお世話になった堀江です。アドレスのチェックポイントの動画を見て、ゴルフを初めたばかりの頃に水柿プロのレッスンを受けていたことを思い出し懐かしくて感じたとともに、基本の大事さを再認識しました。
    相変わらず、忙しくてレッスンにもラウンドにもあまり行けませんが、2月、5月、8月と3か月に1回のラウンドですが90代を何とかキープしております。
    レッスンにあまり行けないので、水柿プロや近藤プロの動画を見てさらなるレベルアップをしていきますので、今後も有意義な動画配信をよろしくお願い致します。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      堀江伸行様

      コメントありがとうございます!

      初めたばかりの頃の堀江さん、懐かしいですね。^^
      今は90台で安定しているという、
      僕の知らない堀江さんにイベントなどで
      お会いできることを楽しみにしております!

      これからも少しでもお役に立てるよう、
      情報を発信していきますのでどうぞ宜しくお願い致します。^^

      返信
  28. じゅん

    右に出るのが治りません。スクウェアに構えているつもりがオープンになっているかもしれません。練習でチェックしたいと思います。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      じゅん様

      コメントありがとうございます!

      右に出るのがどこに原因があるのかは見てみないと分かりませんが、
      体の3つのラインの中でチェックする場合は
      ボールの曲がりや方向性に影響度が高いのが上半身からなので
      まずは肩の向きから疑ってみてください!

      ぜひスマホやカメラなどでチェックする事をオススメいたします。^^

      返信
  29. 山岡 清

    ベスト88去年一回出ましたが、94~110と原因?試行錯誤するものの脱け出せない69歳月2ゴルフです。前傾角の取り方、やってみます。ウッドになると、手首角大きくとってきましたが、ヘッドが戻らず右出傾向のバラツキでて困ってました。グリップで調整すると今度は左出となり収れんしません。スタンス時右手だらんと下げた位置でグリップする基本に戻った所、軌道もよくなり、トップが横から上に変化してきて。トップの姿勢も取りやすくなって、球筋もほぼストレートになってきました。アドレスとか右手のグリップという基本が、ものすごく大事だと再認識しています。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      山岡 清様

      コメントありがとうございます!

      そうです!やはりアドレス(スタート地点)が違ってしまうと
      途中経過やその先のインパクトが変わってしまいます。

      いつも変わらぬスイングをするということは
      いつも同じスタート地点に立つ必要があります。

      ぜひこれからも山岡清様のベストなアドレスを取れるよう
      チェックを続けてみてくださいね。^^

      返信
  30. ヘイ ジョー

    自分もミスショットのほとんどはアドレスが原因と感じています。
    集中力が切れた時に限ってアドレスがおろそかです。
    先日も、久々の雨のゴルフでやらかしてしまいました。
    土砂降りで、気がついたらOBの連発です。
    どんな時でもアドレスをキッチリとれるようになりたいものです。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      ヘイ ジョー様

      コメントありがとうございます!

      そうですね、アドレスが原因のミスは非常に多いです。

      夏場の暑い日や、雨の日などおろそかにしがちですが
      逆に言えばそこを改善できればどんな状況でも
      もっと安定したゴルフができるという伸び代がありますね!

      どんな時でも変わらぬアドレスを目指していきましょう。^^

      返信
  31. がんちゃん

    このような基本中の基本を丁寧に解説・動画して頂いたことに感謝申し上げます。いつアドレスしても、このようにスッと立てるようになれるよう、一つずつチェックしながら練習します。ミスショットをしては、アドレスを反省し、反省だけならサルでもできると思っているのが我が実態です。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      がんちゃん様

      コメントありがとうございます!

      やはり基本の部分ですが中々しっかりと意識して
      取り組んでいるという方が少ないようですので、
      今回あげさせていただきました。

      徹底して毎回確認できるように
      ご自身のルーティンの中に組み込めると
      コースでも活きてくる事と思います。^^

      返信
  32. のぶちゃん

    アドレス チェックポイントのご教示有難うございます。 ドライバーなどの長いクラブとアイアンの短いクラブにおける相違点、グリップとの関係、膝の曲げ加減などについて、さらにご教示いただければと思います。 あと、年齢との関係(柔軟性が低下しています)についてはどう捉えれば良いのでしょうか? いろいろと実践してみたいと思います。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      のぶちゃん様

      コメントありがとうございます!

      基本的にはどのクラブを持っても同じスイングをするという考えですので、
      長いクラブと短いクラブとの相違点は、基本的にはあまりありません。

      もちろんクラブの長さによってボールとの距離が変わったり
      それに伴い前傾角度などの違いや、ボールの位置に変化はあります。

      グリップはクラブフェースの動きに直結する部分ですので、
      どの様にボールを捉えるかによってアドレスの取り方にも繋がってくる部分はあります。

      ですのでのぶちゃん様が
      どのようなスイングをするのかによって変わってきますね!

      膝の曲げ度合いですが、
      基本は足首が地面と垂直くらいの曲げ度合いを目安にしてみてください。

      姿勢は年齢とともに猫背になりやすいですので、
      無理に背筋を伸ばそうとしなくても良いです。

      あくまでも普段の立ち姿勢の状態から股関節から前傾を取ってください。
      また、腿の裏の筋肉が硬くなるとうまく前傾姿勢が取りづらくなりますので、
      腿裏を伸ばすストレッチなどをされると良いかと思います。^^

      返信
  33. でんチュー

    私のために配信して戴いたのかと思うほど、タイムリーなテーマでした。
    ものになるよう、実践あるのみ!
    がんばりますよ~

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      でんチュー様

      コメントありがとうございます!

      そうです、でんチュー様の為に書きました(笑)

      やはりアドレスというのは軽視しがちですが、
      ここにゴルフの多くのものが詰まっております。

      ぜひ実践していただき、
      ゴルフの上達に繋がる事を願っております。^^

      返信
  34. nagaka

    方向性については、目の前のターゲットを決めて実践しているつもりですが・・・・

     やっぱり、どこかいい加減なのだと思いました。

     この機会に。頑張ってアドレスのルーティーンをしっかりしたいと思います。

     以上

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      nagaka様

      コメントありがとうございます!

      ゴルフはスイングの動きの部分に注意しがちですが、
      ミスの原因がアドレスにあることが多いです。

      nagaka様のアドレスチェックのきっかけに繋がって良かったです!
      ぜひゴルフの上達に繋がることを願っております。^^

      返信
  35. 高田

    アドレスの大切がよくわかりました。
    一つ一つ確認しながら練習してみます。
    ありがとうございます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      高田様

      コメントありがとうございます!

      アドレスはゴルフにおいて重要なポジションです。
      高田様のゴルフの上達に繋がることを願っております。^^

      返信
  36. 小林

    前傾に悩んでいました この方法で自分のベストポジションを確立したいと思います。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      小林様

      コメントありがとうございます!

      前傾姿勢は結構悩まれる方が多いようです。
      小林様のベストな前傾姿勢が見つかること、
      上達へ繋がることを願っております。^^

      返信
  37. kimitsu

    自分がメンバーのゴルフ場で毎回左へ行きやすいホール、右へ行きやすいホールが有るのですが、それらは谷越えだったり左右どちらかにOBが迫っていたりで心理的にアドレスが乱れやすい共通点が有ります。ビデオで説明戴いているチェックポイントをプリショットルーチンに取り入れてコースに惑わされないようにしたいと思います。ありがとうございました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      kimitsu様

      コメントありがとうございます!

      コースには景色で惑わされたり、
      心理的な部分でアドレスが狂いやすいことがあります。

      ですが、毎回練習場でアドレスチェックを
      ルーティン化して取り入れることで、
      自分の球筋の安定に繋がります。

      練習場ではアドレスを取った際の
      「景色の見え方」を覚えておいていただきたいと思います!

      kimitsu様のホームコースでの
      苦手なホールの克服に繋がることを願っております。^^

      返信
  38. 芝刈り名人

    水柿プロへ

     本日、猛暑の中を友人とラウンドしてきました。
    年に5~6度回るコースなのですが、ハンディキャップ1のホールで、打ち下ろしの400ヤード越え~セカンド地点から15~6メーターほど打ち上げになる難ホールに幾度となく打ちのめされてきました。
    セカンド地点が相当な左足上がりになり、私の飛距離では残りが160ヤードで上りを入れると180ヤード近くで、打つ前から置かれた状況に精神的に圧倒され、ミスショットを繰り返していたのですが・・・

    6月16日のプロのブログで質問させていただいた”左足上がりのアドレスの取り方”でのアドバイスを実践したところ、5番UTで少し左奥でしたがナイスオン、2パットでやっとパーが取れ、今までひれ伏していた難ホールに肩を並べることが出来ました。
    プロのアドバイスは”スタンスはややオープンで肩のラインは目標にスクエアー、味付けで少し高いフィニッシュを取ってみたらどうでしょうか”という内容だったのですが、ドンピシャでした!!
    理に適ったアドバイスを頂き、それを実践して成果を出せたことは単なる一打ですが、自分にとっては感無量なものがあります。
    これからも、私たち悩めるアマチュアーの伝道師として“キラ星の様なアドバイス”を発信続けてください。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      芝刈り名人様

      いつもコメントありがとうございます!

      猛暑の中のラウンド、暑くて集中力を持続させるのが大変ですが
      途中の売店でかき氷を食べるのが僕の密かな楽しみです。^^

      以前いただいたご質問の答えが
      芝刈り名人様の1ショットの成果に繋がったこと、
      そしてこの様な結果のご報告含めたコメントをいただけることが
      本当にレッスンをしていて良かったなと感じます。^^

      これからも、少しでも皆様の楽しいゴルフライフへの
      アドバイスをお送りできる様に頑張りたいと思います!

      返信
  39. たな

    前傾角度はいつも定まっていなかったと
    思います。さっそく自己流のいつものアドレス
    をした時の状態と動画で教えて頂いた通りの
    アドレスをした時と比べました。明らかに
    前傾姿勢とボールの距離が違いました。
    前傾姿勢のとり方をしっかり何回も何回も
    練習します!ありがとうございました!

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      たな様

      コメントありがとうございます!

      最適な前傾角度はボールとの距離を一定に保ちやすいです。
      ぜひ、前傾角度が安定してたな様のゴルフの上達に繋がることを願っております。^^

      返信
  40. これ

    いつも少し違う角度からのゴルフ記事、非常に参考になっています。
    明日の練習場ではアドレスチェック主体にやってみます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      これ様

      コメントありがとうございます!

      いつもご覧いただきありがとうございます。^^

      ぜひ練習の時間をアドレスのチェックに
      費やしてみてください!

      基本が出来ると応用でボールを
      コントロールすることも出来るようになります!

      返信
  41. 鈴木和男

    スライスが直りません。小原プロのメールや動画を見て練習していますが、左肩が下がって(平行線より後ろに位置している状態)のアマチュアが多い、と指摘されていますが、その辺を注意してアドレスする方法を教えて頂きたいです。
    毎朝、折れ曲がるアイアンでビジネスゾーンの練習とドライバーで水平、45度、ティーを打つ素振り(アームローテーションの練習)を継続しています。練習場ではストレートボールが打てるのですが、コースに出るとスライスボールになってしまいます。
    直すにはどの様な練習をすれば良いのでしょうか。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      鈴木和男様

      コメントありがとうございます!

      小原プロのおっしゃるように
      鈴木和男様の様なお悩みを持たれている方は多いですね。

      左肩が開いた状態で構えてしまう場合は、
      アドレスをとる際に一度グリップを胸の高さに上げて
      両肘の高さが同じか右肘の方が少し低いくらいの状態にし、
      そのまま下ろして構えてみてください。

      左肩が開く方はこの時に右肘の方が
      高くなっていることが多いです。

      ぜひ試してみてください。^^

      返信
  42. yukky

    アドレスでの前傾と膝の「角度」については、正しく出来ているか、自分では基準が無いので分からないままずっと気になっていました。
    今回のアドバイス頂けた事で、チェクポイントが出来ましたので、次回からおへその前で水平に構えた状態をキープしたまま前傾してクラブヘッドが地面に着地したところが自分の正しい位置と理解して練習に取り入れてみます。シャフトが長いクラブは、前傾して行く途中で、グリップが肩の真下に来る前にヘッドが着地してしまう分、肩よりグリップが前に出て正解ということですね!ありがとうございました。これでまた自分のスイングが確率できそうです。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      yukky様

      コメントありがとうございます!

      毎回同じようにアドレスを取るためには
      自分の中での基準があると迷わないですし、
      スイングの再現性も高まります。

      ぜひ今回ご紹介した事を参考にしていただき、
      yukky様が上達されることを願っております。^^

      返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      Take様

      コメントありがとうございます!

      膝を曲げる度合いは身長や体型などで誤差はありますが、
      足首が地面と垂直くらいの曲げ度合いを目安に鏡で確認してみてください!

      返信
  43. ラパン

    スイングの基はアドレス
    もう一度自分のアドレスを振り返って、チェックポイントを毎回きちんと実践できるように
    がんばります

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      ラパン様

      コメントありがとうございます!

      今回のメルマガがラパン様の
      アドレスの再確認に繋がってよかったです。^^

      返信
  44. シンジ

    大変参考になりました。一つ一つチェックして実践していきたいと思います。ただこれはあくまでアイアン時のアドレス
    でドライバーではアドレスの取り方が違ってくるという理解でいいでしょうか。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      シンジ様

      コメントありがとうございます!

      ボール位置やスタンス幅、重心位置などは
      スイングのタイプや打ちたい球筋によって変わりますが
      基本は同じで良いですね!

      返信
  45. K.S

    アドレスいついては基本的な理解はしているつもりですが、いくつかに分解して一つ一つについて見ていくと普段
    忘れてアドレスしている点もあったため、再度練習場でチェックしながらスイングをしてみます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      K.S様

      コメントありがとうございます!

      今回ご紹介したようにポイントがいくつかありますので、
      一つひとつチェックしてみてください!

      K.S様の再確認のきっかけになれて良かったです。^^

      返信
  46. なかちゃん

    いつも楽しみに拝見しております。今回のアドレスは基本の基本なのにできていないことでした。アドバイスを頼りにがんばってみたいと思います。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      なかちゃん様

      コメントありがとうございます!

      そうですね、実際一番大切な部分なのですが
      おろそかになりやすい所でもありますので、
      練習時やご自宅でもチェックしてみてくださいね。^^

      返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      KKCJ様

      コメントありがとうございます!

      ぜひご自身でもチェックしてみてくださいね(^ ^)

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。