飛距離アップに右脇は重要?

2017.12.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

今日は飛距離アップを最大化する
スイング時の右脇についてお話します。

「右脇は開かずに締めること」
よく耳にすると思いますが

言われたとおりやっているのに
なかなか上達しない、、、
ボールが飛ばない、、、
右にスライスしてしまう、、、

こんな経験をした方も多いんじゃないでしょうか?

私もゴルフを始めたっばかりの頃、
まさにこの罠にハマったことがあります。

それは多くのゴルファーが
「右脇は開かずに締めること」
間違って理解してしまっているからです。

切り返しとダウンスイング

名称未設定-1

ではまずスイングを
2つに分けて説明していきます。

まずは切り返しですが
次の写真を見てください。

脇の上部は閉じていて
下部は少しだけ開いているのが理想です。

続いてダウンスイング
次の写真を見てください。

名称未設定-1

右肘と脇腹が少し触れる程度を意識します。
切り返しの時よりその距離は狭まり
ゴルフボール1個分ぐらいが理想です。

この感覚を覚えておいてください。

やりがちなミスは?

名称未設定-1

・右脇を締めすぎる
意識しすぎて右脇を締めすぎると
上半身の動きが固くなりスイングの円が小さくなってしまいます。

その結果上半身の動きがスムーズにならずタメが作れないので
ヘッドスピードが出ずに飛距離が出なくなってしまいます。

名称未設定-1

・右脇が開きすぎる
逆に右脇が開きすぎてしまうと
ダウンスイング時に右腕が伸びるタイミングが
早くなってしまうので振り遅れやアーリーリリースになります。

その結果ダフリやプルボールにつながってきます。

右脇を適正に保てると

右脇を適度に締めると
飛距離アップだけでなく
ボールが真っ直ぐ飛ぶようになります。

右脇が適度に締まるときちんとタメができるスイングになる。
これが力強いインパクトを生むのです。

また、右脇が適度に締まることで
スイングがインサイドインの軌道になり

インパクト時にフェースが正面で当たるようになるので
ボールはどこまでもまっすぐ飛んでいきます。

右脇の動きを正しく行うことは
飛距離にとってとても重要です。

ぜひ取り組んでみてください。


<本日のオススメ>

お待たせしました。
近藤プロのNEWプログラムが
昨日ついに公開されました。

ヘッドコーチとして実際に
ゴルフスタジオで長年活躍してきた
近藤プロだからこそ見つけられた上達法。

1週間で90切り達成する
全く新しい「新・上達理論」です。

その効果は折り紙つき。

このプログラムを実践した
85%のゴルファーが90切りを達成しました。

それもたった一週間で…

12/13(木)まで
リリース限定の特別価格で
手に入れることが出来ます

http://g-live.info/click/kdbst171207/

_

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 方向性, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。