左手の親指が…(泣)

2018.03.29
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

当たり前ですが、ゴルフにおいて、
グリップって重要ですよね。

グリップが定まってないと、
何もかもがうまくいきません。

特に、親指の位置が決まらないって
とても気持ち悪いと思うんです。

何を隠そう、僕もたまにあるのですが、
あれすごく違和感がありますよね。。。

そこで、今日はゴルフにおける
左手の親指の重要性について
話したいと思います。

まず、1番重要だと思うのは、、、

トップのフェースが安定する

左手の親指は、
トップにおけるフェースの向きの
安定させる効果があります。

他にも、トップで
親指にシャフトを乗せようと
教わった方っていると思います。

それもすごく重要で、コンパクトなトップが
出来上がり、シャフトのしなりが活かせる
現代的なスイングに生まれ変わります。

また、親指の話をすると
ロングサムとショートサムの話になりますが、
これは結局のところどちらでも構いません。

確かに、今ではショートサムが
主流ですが、自分なりにしっくり来るのが
ロングサムならば、何も問題ありません。

スイング中にグリップが。。。

さて、ここが一番の本題なのですが、
スイング中にグリップが緩んでしまう
経験ってございませんか?

ラウンド中に突然違和感を
感じてしまうと、
大きくスコアを崩しかねません。

まず、原因なのですが、
大体は力み過ぎが原因です。

どうしても、人間は緊張すると
手に力が入ってしまいます。

なので、もしラウンド中に
グリップに違和感を感じたら、
一旦グローブを外しましょう。

そして、手をブラブラさせる。

これだけでも、十分
仕切り直すことが出来ます。

また、改めてオススメの
グリップの握り方をご紹介すると、

左手の親指の位置は、グリップのセンターから
少し右側に位置するのが理想です
(トップで親指の上にシャフトが乗る形になります)

この親指の位置がセンターから左にずれてしまったり、
そもそもグリップに乗っていなかったりする方というのは、
意外と多くいらっしゃいます。

フェースの向きを安定させるためには、左手の親指の
位置は重要ですから、必ずグリップのセンターから
少し右側に位置するように心がけてくださいね。

ちなみに…

小原さんはアドレスする前に、
必ず顔の前まで、グリップを持ってきて、
ちゃんと握れているか目視で確認しています。

すごくシンプルなローテーションなのですが、
アドレスする時も、流れでグリップを
握る方も多いと思うので、こういう手順を踏むのも効果的です。

まとめ

今日は、左手の親指の重要性と
それに関連するグリップについて
話していきました。

グリップは、
クラブとゴルファーが
唯一繋がる部分なので、

たまにでいいので、
基本に立ち戻ってみるのもオススメです!

PS

グリップが劣化すると、手に余計な力が入るので、
2年以上変えてない人はなるべく早く変えてくださいね^^;


<本日のオススメ>

ゴルフスイングの練習はしている、
ビジネスゾーンの練習はしているのに、
なぜかラウンドだとスコアが伸びない…

もしかするとあなたは、こんな感情を
お持ちではないですか?

しかし、この悩みが

スイングを改善しなくても
クラブを買い換えなくても
レッスンに通わなくても

解決出来るとしたら少し興味はありませんか?
興味のある方は、こちらをご覧下さい。

http://g-live.info/click/mori_seven1803/

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
カテゴリー: 100切り, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

左手の親指が…(泣)」への1件のフィードバック

  1. tj

    よろしくお願いします。アイアンを打ち込むには、どうしたらいいでしょうか。ボールがうまく上がりません。9番アイアンでギリギリ100ヤードです。トップはあります。処方箋をお願いします。感謝

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。