打ちっぱなしを有意義に過ごす3つのステップ

2018.04.05
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

最近、とても暖かくなってきましたね!

しかしシーズンインを迎えたためか、
とてもコースの予約が取りづらくなっているそうです。
(特に土日祝など)

梅雨時まではこんな日々が続くので、
予約は早めの内に!です。

さて、今日は

「打ちっぱなしを有意義に過ごす3つのステップ」

というお話。

突然ですが、あなたは
月にどれくらい練習していますか?

もし、この一文を見て「ギクッ」と
した方は最近してないなー…という風に
思ったかもしれませんね。

ただ、働いている方だと
あまり多くは練習時間も取れないと思います。

なので、今日は初心にかえって、
改めて練習場を120%活用できる
方法をステップ形式でお伝えしたいと思います。

STEP1.持っていくクラブは多くて5本

練習場には車で行くという方も
多いと思います。

そうすると、着いた時に
トランクに入っているキャディバッグを
そのまま持っていく方も多いでしょう。

ただ、そこで丸ごと持っていくのではなく、
「片手に収まるくらいにしておく」
という方法にチャレンジしてみてください。

普段からキャディバッグを
そのまま持っていく方だと、
どれを持っていくかすごく悩むと思います。

ステップ1の狙いはまさにそこで、
練習できる本数が減った時、
自分が本当に練習したいクラブが見えてきます。

それが人によっては
アイアンだけだったり、ウッドだけだったり、
ウェッジだけだったりするかもしれません。

なので、まずは練習するクラブを制限してみてください。

1本あたりの練習時間も確保できる上に
熟練度も上がって一石二鳥です。

STEP2.とりあえず1球目だけフルスイングする

通常、コースに行った時に、
パー3でもない限りは
ドライバーもしくはFWを握るでしょう。

そこで、打ちっ放しの一発目は
思いっきり振ってみましょう。

擬似的に「朝イチティーショット」を
作り出す感じです。

けっこうというか、かなり緊張します。

週一で練習場に行ったとしても、
1ヶ月で4回も朝イチティーショット気分を
味わえるので、是非やってみてください。

STEP3.動画を撮影する

これもなるべくやってほしいと思っています。

やはり、動画を撮るだけで
自分のスイングってこんな感じかと
客観的に見ることが出来ます。

またおススメは、STEP2の
「1球目のフルスイング」を撮影してみてください。

緊張状態でのスイングを撮影することによって、
コースで出る自分本来の癖を知ることができます。

そのスイングの癖を改善できれば、本番に強いスイングに
生まれ変わっていきますから、1球目の撮影をおすすめします!

それに、最近のスマートフォンでは、
スロー撮影なども出来るので、
是非動画は撮影してくださいね。

まとめ

今日は練習場での効果的な
過ごし方をお伝えしましたが、
それぞれゴルフに割ける時間に限りがあると思います。

なので、その時間をいかに
有効活用出来るか、あなたも
色々と考えてみてくださいね。


<本日のオススメ>

ゴルファーならば、誰もが自分の理想の
スウィングをイメージしたことがあるでしょう…

もし、それが現実に手に入るとしたら、
あなたはどうしますか?

自分がなりたい自分になれるとしたら
あなたはどうしますか?

これは、そんな理想の自分を
手に入れたい人のためのプログラムです。

http://g-live.info/click/ezrestart180403/

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
カテゴリー: 100切り, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

打ちっぱなしを有意義に過ごす3つのステップ」への2件のフィードバック

  1. yasu119

     今晩は。朝一でのショット同様の実践的練習とは・・・・・。ありがとうございました。実践します。
     しかし、動画は難しい。協力者を探さなくっちゃね。最後に持ち込みクラブの選択を考えて効率よい時間を大切にしたいです。

    返信
    1. 志賀康平志賀康平 投稿作成者

      yasu119さん
      コメントありがとうございます!

      是非実践してみてくださいね!
      練習場での撮影は、難しいところもありますが、
      効果は抜群ですので、今は撮影用の三脚なども
      ありますので、是非活用してやってみてください!(^-^)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。