何故?フィッティングで個々に見解が違う…

2018.04.05
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日だけれども、あなたに
 

 「何故?フィッティングで個々に見解が違う…」
 

という話をしたいと思う。

今回は読者の方から質問をいただいた。
(いつもどうもありがとうございます)

それはこんな質問。。。

フィッティングがわからない…

> フィッティングは、たくさんの要素が多く
> 自分によくわかりません。
>
> また、上級者の方で一緒によく回る方達でも
> 見解が違っていたり。

 
 

これについては、全くもっておっしゃる通り。

このメルマガを熱心に読んでいるあなたなら
もはや言うまでもないことだが。。。

フィッティングといっても、
クラブの合う合わないを考える上で、
ものすごくたくさんの要素がある。

お店ということで言えば、重要視しているポイント、
クラブの何を重要視しているかにもよっても、見解が違ってくる。

なのだから、そこで「言うことが違う」というのは、
ある意味「当たり前」と言える。
 

ちなみに、ゴルフパフォーマンスでは
 

 「ビジネスゾーンからスイングをよくしていく」
 

というのが基本方針であるため、
「スイングを変えていく」という路線になる。

そして、チーム内で「ココを見ましょう」ということを
統一しているので。。。

ゴルフパフォーマンスのお客様は
どこでフィッティングを受けても画一したサービスを
受けることができる。

ちょっと本質的な話…

でもその一方で、
 

 「スイングを変えないまま、
  変わらないままで、お客様が求める結果を出す。。。」

 

これもフィッティングの一つの形態であることは間違いない。

たとえば、フックしてしまうということなら、
単純に「フックしないクラブを提案する」という対応をするということ。

これもやり方としては、
正論といえば正論、ということだ。
 

でも、そのフックの原因が
 

 「スライスが嫌で、強烈なフックを打っている」
 

というのなら、
「フックしないクラブ」を提案するだけではダメということだ。
(少なくとも、ゴルフパフォーマンスでは。。。)
 

つまるところ、
その人そのものを見ている必要があるということ。

さすがにスイングを見れば、
どんな球を打ちたいと思っているかは
ハッキリわかるからだ。

よくお客様から
 

 「フィッティングを受けたいけれど、
  遠いので、遠隔でクラブを提案してほしい」

 

という要望を受けることもある。

でも、実際にスイングが見られないので
そういうお話は基本お断りしているのが現状だ。

個別の見解よりも「世界観」

話が前後してしまうけれども
 
 

> 上級者の方で一緒によく回る方達でも
> 見解が違っていたり。

 
 

と、質問者様からはあったが。。。

申し訳ないけれども、ゴルフの上級者であったとしても、
フィッティングでのクラブを見る目、スイングを見る目があるかは
全く別のことだと思っている。
 

しかも考えだって、人によって全くことなるわけだから。。。
 

もちろん、自分たちもチーム5~6人でお客様を担当していて
結論が微妙に違うこともある。

クラブの提案にしても、アクセントの付け方に
ちょっとした違いが出ることも、実際にある。

でもそれはそもそも、答えが決まったことでないから
そのようになっているだけのこと。

自分たちの場合は、チームの裏に流れている
「世界観」のようなものは統一されているので。。。

提案するクラブに多少のズレはあったとしても、
出てくる結果はほぼ同じになるわけだ。
(もちろん、提案するクラブがドンピシャの場合もある)
 

というわけでフィッティングの要素がどうこうよりも
その担当者の「世界観」がどうなっているのか?

そうした「共感できる世界観」で選ぶことを
心よりオススメする。
 

そして何より、こうした情報発信をしているのは
あなたに「世界観」を理解していただくためなのだが。。。

今日のこの話でも、そうした世界観が少しでも
共有出来たのなら、とても嬉しい。

「チーム徳嵩」フィッティング… 残り枠あり

ゴルフパフォーマンスでの「徳嵩流」フィッティング。。。

東京(秋葉原)大阪(弁天町)
そして千葉(千葉市内)の3ヶ所で枠を用意している。

フィッティングは有料だけれども、
先ほども述べたとおり、どこでも「同じ世界観」で
フィッティングを受けていただくことが可能だ。

まだもしフィッティングを受けていないなら、
下記から申し込んでいただきたい。

http://g-live.info/click/a_bstudio180301/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

2018年春… 新たなゴルフシーズンを
スタートするための必要不可欠なスキル

江連忠の「ザ・スウィング理論ー上達へのリスタートー」

私たちはどうしてもホンモノのメソッドを
あなたに知ってほしいと思っているので、
あり得ない方法でご提供することにしました。

http://g-live.info/click/ezrestart180403/

※期間限定のご案内です。お早めに

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。