【ビデオ】すんドめしました・・・

2018.04.04
miyamoto

From:宮本大輔
神戸のスクールより

おはようございます、宮本です。

以下の質問が来ました。

ーーーーーーーーーーー
どうすればパターが上手くなりますか?

パターマットで毎日50球練習していますが
コースに出ると距離感がわかりません。

調子よくパーオンしても必ず3パットして
ボギーを叩いてしまいます。

by 福岡のかまじい
ーーーーーーーーーーー

パターに関してはよく質問を頂きます。

パターって凄く教えるのが難しくて
はっきり言ってしまいますと、

「感覚」なんです。

セオリーはありますけど
距離感とかラインを読む力は
感覚を養わなければいけません。

あなたもご存知の通り
パターはスコアにめちゃくちゃ影響します。

例えば平均ストロークが90の人は、
18ホールすべて2パットとすると、合計36ストローク。

つまり40%がパットになります。

「残り60%の54ストロークはショットじゃん」

と思うでしょうか。あるいは、

「40%もあるのか!」

と思うでしょうか。

ここにスコアの差が大きく出ます。

で、距離によるストロークの強弱、
打ち分けをどのように養うかという問題ですが
ぜひ自宅で実践してほしい練習があります。

それが、、、「すんドめ上達法」です。

特別にビデオで授業をしますので
心落ち着けて、じっくりご覧ください。

このビデオはいずれ削除しますので
メモなど取っていただくと良いかと思います!

ビデオを見たら感想をコメントください。

学びはアウトプットすると何倍にもなります。

あなたの上達を心から応援しています。

宮本大輔

<本日のおすすめ>

ビッグニュースです!

江連忠プロの上達プログラム最新作が
なんと無料(タダ)でもらえます…

第1巻の内容を少し話すと…

=======LESSON 1==========

スウィングの心地よさを決定づける「インパクト」

・「ボールの横を叩く」インパクトがスウィングを狂わせる理由
・インパクトを決める「3×3」の法則
・飛距離を稼ぐツアープロのスウィングタイミングとは
・自然と下半身リードにある素振り
・スウィング軌道よりも大切なクラブフェースの向き
・真っ直ぐ遠くに飛ばす秘訣はパターにあった
・プロたちが一番嫌うボールとは
・インパクトからナイスショットを作る3つのポイント

=======LESSON 1==========

30日間完全無料トライアルです。

4/9(月)でキャンペーンは終了しますので
今すぐチェックしてください…

http://g-live.info/click/ezrestart180403/

The following two tabs change content below.
宮本 大輔

宮本 大輔

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
宮本 大輔

宮本 大輔 について

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】すんドめしました・・・」への6件のフィードバック

  1. 井上 正紀

    入れる練習ばかりやってましたが、なるほどですね。距離感を磨きたいと思います
    実際にコースへ出ますとロングパットの場面が多いですが、カップに近くなってからのパット数が多いので
    この練習を部屋で徹底的にやってみようと思います

    返信
  2. 金子今朝秋

    マットでの練習方法、ありがとうございます。
    すん止め、ふり幅、参考になりました。早速、練習に取り入れます。

    返信
  3. 55歳の再挑戦

    なるほど勉強になります。ただパターマットが無い場合、絨毯でも良いでしょうか?
    やはりボールのスピードが違ってしまうのでしょうか?

    返信
  4. akinosuke

    大変参考になりました。最近距離感が悪く40パットを打つこともしばしばです。
    練習して何とか36パットまでもどしたいと思います。

    返信
  5. 三村 信明

    宮本プロ!いつも適切なアドバイス有難うございます。今までは、カップインの音で、強かったとか弱かったとかを感じていましたが、そうですね、すん止めですか!わかりました!早速やってみます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。