【ビデオ】グリップの右手親指の跡が付いていませんか

2018.05.20
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「グリップの右手親指の跡が付いてませんか」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

あなたのドライバーのグリップをよ〜く見てみましょう。

ちょうど右手の親指が乗せられているポジションが
減っていませんか?

ひどい人だと週2回程度の練習頻度で半年使っているだけで、
グリップの右手の親指の当たる所が、
下のシャフトが見えてしまうぐらい減っていることもあります。

ですが、もし減っていたとしたら、大変です。
スイングに重大な問題を抱えていることになります。

一体、どういうことか?

(続きはビデオにて)

グリップの右手親指の跡が付いてませんか

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf180520/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

なぜ、右手親指ところが減るのか

では、なぜ右手親指ところが減るのかと言うと、
それはボールヒットに向かって右腕の前腕を左に捻って
フェースを閉じる動きを力で行っているからです。

よくボールヒットに向かって
フェースを閉じなさいと言われたりします。

しかし、それはグリップがウィークなために行わなければならない、
本来必要のない動作です。

本来は、ボールヒット前後でフェースを力で閉じる動きを行わないで、
クラブを振り切ることだけに専念したいものです。

ウィークなグリップでの問題

ウィークなグリップでの問題については、
私もいろいろなところで幾度となくお話していますが、
やっぱり重要ですのでお伝えしておきます。

ボールヒットに向かってクラブが遠心力で引っ張られると、
上腕から中指の付け根まで繋がっている
長橈側手根伸筋ちょうとうそく しゅこん しんきん)が伸びます。

この筋肉は前腕を斜めにまたいでいるため、
伸びると前腕は内側に回転します。

普段どうりにグリップを作って右手を外し左手片手でグリップを持って、
誰かに体の正面方向へ引っ張ってみてもらうとどうなるでしょうか。

左手はクラブが抜けて行かないギリギリの力だけを出そうとします。

要するに、左右に捻る力を入れないようにします。

そのときに、体がターンする面に対してフェースはどんな方向を向きましたか。

もし、軌道面に対してフェースが開いていたら普段のグリップがウィークすぎていて、
ボールヒットに向かって前腕を左に力で捻ってフェースを軌道に向ける操作が必要です。

そして、だいたい95%の方がグリップがウィークです。

ということは、95%近くの人たちが、
ボールヒットに向かって前腕を左に捻る力を入れなければならない状態
ということになります。

そのため、グリップがウィークになるほど
右手親指の下には捻るための横向きの力が入り、
横ずれするためグリップが減ってきます。

正しいグリップの人ではたくさん練習して
何年もグリップを交換しないでいても、
右手親指の下には特に何も横ずれの痕跡は見えません。

また、グリップが横ずれしているということは、
グリップの形がスインング中に崩れていることにもなり、
精度良いショットは打てません。

さて、あなたのグリップの右手親指の下には
擦れた跡はありませんでしたか。

もし、右手親指の下が減っていたら、
さっそく正しいグリップを作るようにしましょう。

そして、右手親指の下が大丈夫であったとしても、
左腕で捻っているかもしれませんし、捻る力はさほど使わずに、
別の方法でフェースをターゲットに戻しているかもしれません。

何れにしても、これを機会にグリップを確認してみましょう。

ボールヒット前後の動き

ゴルフのボールヒット前後でのヘッドの速度は、
平均的なヘッドスピード40m/sであっても、時速で言うと144kmです。

こんな高速道路でも禁止されているようなハイスピードで動いているヘッドの向きを、
精密にコントロールしながらボールに当てるなんて、
とても人間業とは思えません。

しかも、ボールはボールヒットでのフェースの向きに
かなり依存して飛び出します。

ドライバーなら80%、アイアンなら75%
フェースの向きに依存して出球の方向が決まります。

そして、「ゴルフデータ革命」の著者である
マーク・ブロディ氏は、面白い統計を出してくれています。

その統計によると、ツアープレーヤーのトップ選手の曲がりも含めた
方向の精度は平均で約2.7度となっています。

スコアの平均が90のプレーヤーでも6.5度が平均的な方向精度となっています。

そうなると、ツアープレーヤーのトップ選手では
ボールヒットでのフェースの向きの精度は
2度以下ぐらいのかなり精密な精度を保っていることになります。

ついでながらパッテングでの方向はフェースの向きに90%程度依存します。

そして、入れごろ外しごろの約1.5mのパッティングでホールに沈めるためには、
ボールの強さにも依存しますが、約2度のフェースの向きの精度が必要です。

ちょっとパッティングのお話までしてしまい、脱線してしまいましたが、
スイングの精度は案外高いレベルが要求されるものです。

そんな中で、前腕を左に捻る力でフェースの向きをコントロールするとなると、
これは難しいと言うことになります。

そのため、正しいグリップを作って、
ボールヒットでの微妙なコントロールを少しでもなくすことは
簡単にスイングするためには非常に大切なこととなります。

グリップのVの字の開き

ところで、親指と人差し指でできるVの字の形は
スイング中に余計な力を加えないでもグリップの形が崩れないためには
かなり重要です。

グリップのVの字の開きについて、
左右の手で大きな違いがありますから
しっかり頭に入れておいていただけたらと思います。

ズバリ言って左手のVの字は密着ですが、右手のVの字は開きます。

そして、右手の親指と人差し指は軽くグリップの上に乗せておくだけで、
絶対に力を入れてはいけません。

そして、右手の人差し指は
ピストルのトリガーを軽く触っている感じにします。

ここで右手のVの字が閉じていたり右手の親指や人差し指に力が入っていると、
ボールヒットに向かって確実に右腕でクラブを左に捻る動きを行うことになります。

逆に言うなら、グリップがウィークな場合は
右手の親指や人差し指に力を入れて閉じることをセットアップから行わないと、
フェースがセトアップの向きに戻りません。

また、さらに良いスイングにとて重要なこととして、
左手のVの字に隙間があるとトップでグリップは100%ずれます。

そして、トップでグリップがずれると、
セットアップでグリップをきつく握るようになってしまいます。

しかし、セットアップでいくらグリップを強く握りしめたとしても、
左手のVの字に隙間があるうちはトップでグリップは何らかの形でずれます。

そして、悪循環が始まります。

グリップを入れる向き

ついでながら、グリップ交換をやってもらうときに
一言付け加えてお願いすると良いことがあります。

それは、グリップのブランド名、
さらにはグリップセンターの印が入っている向きです。

そもそもグリップを精密に入れてくれるところは少ないです。

そのため、グリップの表面の印を頼りにグリップを作っていると、
番手間でグリップの向きが微妙にずれたりします。

また、セットアップしていてグリップのブランド名に気を取られると言うのも、
集中を欠く要因にもなります。

グリップをシャフトに入れるときには、
ブランド名とかグリップセンターの印がセットアップしていて
見えないように下側になるように入れてもらいましょう。

また、私はグリップの盛りあがりであるバックラインは無いほうが好きです。

と言うのも、ボールを多めに曲げたいときに、
手の中でグリップを回してフェースを開いたり閉じたりしてセットアップしますが、
そのときの微妙な角度を作りにくいからです。

グリップの上に乗せる左手親指のポジションは、
本来スイングが良ければ零点何ミリ単位でボールは曲がります。

基本的にコースでは左右のどちらかにボールを曲げようとしてショットします。

トラブルになりそうな方向から離れて行く方向へ
ボールを絶対に曲げるつもりでショットします。

そうすれば、逆球を出さなければそれほどミスにはなりません。

20y以下の幅で曲げるなら、フォローの高さとか、
打ち出し方向の左右にイメージで障害物を作ることで曲げます。

20y以上曲げるなら、グリップを手の中で回す
インテンショナルスライスやフックを打ちます。

このように曲がりを微妙にコントロールして逆球を出さないためには、
安定したスイングも重要ですが、グリップを微妙に意図的に回すことも大切となります。

そのためにも、まずはボールヒットでの余計な力やコントロールを
できる限り排除することです。

さて、あなたのグリップはどうでしたか。

さっそく見てみましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

アメリカのアマチュアゴルファーが
どんな理論でゴルフを練習しているか知っていますか?

今、NYのとあるゴルフレッスンスタジオに
こぞって、セレブたちがレッスンに通っています。

しかも、日本人の中にはわざわざ、
NYまでの航空券手配して
レッスンのためだけに渡米する人もいるほど。

そんなアメリカで行列ができるほどの
レッスンを提供しているのが、この「Mr.T」です。

http://g-live.info/click/mrtip1805/

※ゴルフライブ新登場

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: クラブ, グリップ, ゴルフクラブ, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。