ビジネスゾーンの卒業とは?

2018.05.28
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

「ビジネスゾーンはできるようになっているので
 次のステージをもっと教えてください」

実は、
こんな声を教えてもらいました。

あなたもビジネスゾーンはやっている
そして、次にのステージはまだか?

そう考えたことはありませんか。

ビジネスゾーンを多くの方は
卒業するべきものと捉えているみたいです。

”ビジネスゾーンが出来た”

という基準について、私は明確なものを示していません。

そして、私自身もビジネスゾーンを卒業はしていません。
未だに、ビジネスゾーンを離れる、ということはないのです。

でも、そうおっしゃりたくなる気持も非常にわかります。

私も、若い頃は
ゴルフスイングを完成させるために
自分の長いクラブでの大きなスイングにこだわっていた時期がありました。

「これだけ基礎は実践したんだから
 もう大丈夫だろう。

 ドライバーの曲がりさえ押さえればOK。
 あとは、ドライバーのフルショットの練習が必要だな。うんうん。」

こんな感じです。

完全に若気の至りでした。

実は、これ、上手くいかない人が
典型的に陥ってしまっている人の事例なのです、、、

たとえば、その人はこんな練習をします。

練習場到着:
・ストレッチ
・ドライバーフルショット(納得行く球が出るまで打つ)
・FWフルショット(納得行く球が出るまで打つ)
・アイアンフルショット(納得行く球が出るまで打つ)
・ウェッジでアプローチ(納得行く球が出るまで打つ)

こんな風に、練習場へ
納得行く球が打てるかどうかの自己確認のための練習になっています。

基本、今の悩みを解決するための練習や
今、自分が気持ちよくゴルフをするための練習になってしまっています。

あなたの基礎力をあげるための練習になっていないのです。
どちらかと言うと、実力確認と調子を見るためのショット練習になっています。

気持ちのいいショットが出たら満足というのも
ラウンドが近い人からすると非常に危険です。

なぜなら、ラウンドに出た瞬間に
こんなミス練習場ではでなかったのに、という
期待感が裏切られてしまうからです。

ビジネスゾーンで必要なのは、、、ゴルフ上達の在り方です

話を戻しましょう。

ビジネスゾーンを卒業していいのか?
次の練習にはいつ行けるか?

という基準はありません。
いつまでもあなたにはビジネスゾーンを心に
練習を続けてほしいのです。

もし、次の練習に移りたいという気持ちがあるなら
今回の文章を思い出してください。

あなたのゴルフ上達の習慣に
ビジネスゾーンを実践するスキームが組み込まれていなくなっているかもしれません。

もし、ビジネスゾーンを実践していても
練習の中身が変わっていないとしたら
ビジネスゾーンを使いこなせていないと言ってもいいでしょう。

練習量の話で言えば、

100切りを目指しているなら
ビジネスゾーン練習が5割、
肩から肩が4割
フルショット1割。

これが100切りプランとして推奨しているものです。

あなたのスコアが上がるごとに、1,2割り程度の誤差でビジネスゾーンと肩から肩の範囲が変化していきます。
フルショットの練習はほとんど必要ありません。

だからこそ、ビジネスゾーンで
改めてゴルフ上達を目指す方は、
ビジネスゾーン練習を、本当の意味で実践できるのか?

確認してみてください。

少し、きついことを言ったかもしれませんが、
あなたなら理解出来るはずです。

まずは、本気で
ビジネスゾーンを実践してみてください。

小原大二郎


追伸:
ビジネスゾーン練習を心がけているあなたは
これを使うことで、より効率的に上達出来るようになります。

試してみてください。

http://g-live.info/click/b9g_1805/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

ビジネスゾーンの卒業とは?」への2件のフィードバック

  1. ゴルフ平(へい)

    こんにちは。

    前回のラウンドで3回ほど林に入れてしまいました。

    ただ5、7鉄で木の間を抜けてFWに戻したら同伴者から褒められました。これもビジネスゾーンを

    練習した効果ですね。その他にもつま先下がりやFWバンカーショットも上手く打てました。

    これからも継続してビジネスゾーンの練習をしたいと思います。

    返信
  2. 市居 勉

    お疲れ様です。
    ビジネスゾーンをDVDで知った市居です。
    私は60才で練習は月に2回前後でコースは週1ペースで年間70ラウンドぐらいです。

    30才から45才ぐらいまでは競技ゴルフでしたが、練習のやり過ぎで腰と首のヘルニアなった関係でフルショットの練習ができなくなりました。

    今は週一ゴルフを最優先にしてゴルフと向き合っています。月2回の練習では5ヤードから50ヤ ードを300球、フルショットをアイアン20球、ドライバー10球ぐらいでしたが、ビジネスゾーンを知ってからは練習の最初にSWで100球してから、いろんなアプローチ練習をしています。あとアイアン(9.7.5 or P.8.6.4)フルショット前に10球づつぐらいビジネスゾーンをしています。

    私のSWでのビジネスゾーンキャリーは今は20ヤードぐらいです。そして練習、コースでのフルショット時にビジネスゾーンにクラブヘッド(被ったり、開いたり)を入れられるかを意識してゴルフを楽しんでいます。

    ビジネスゾーンを実践するようになってからは振り下ろしのスイングスピード、左足のめくれ上が りを特に意識しています。

    自分自身は以前よりゆっくり振っているつもりですが、全体的に飛距離がワンクラブ変わってきました。

    これからはドライバーのポカ(OB)を無くして寄せとパターを今以上に磨きをかけてゴルフ楽しめればと思っています。

    ビジネスゾーンと出会えて本当に良かったです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。