飛距離を損(ロス)していませんか?

2018.06.12
近藤kondou

From:近藤雅彦
市原のゴルフ場より

90台前半で回れるようになっても
ドライバーが苦手という方は多いです。

スコアが良くなったとしても
ドライバーが上手くいかないと
なんだか素直に喜べないですよね。

「気持ちよくドライバーを飛ばしたい!」

というあなたの気持ちは
とてもよくわかります。

なぜドライバーは難しいのでしょうか?

ドライバーはアイアンに比べて
軽くて長いのでコントロールが難しいです。

そして、もう一つの原因があります。

ドライバーはアイアンに比べて
ボールが左に位置しています。

なので、バックスイングのトップで
重心がボール側に寄ってしまい、
ダウンスイングでは右側に体重が乗ってしまう。

通称・リバースピボットと呼ばれる形です。

これは正しい体重移動とは
真逆の動きになってしまいます。

私もゴルフを始めた頃は
このリバースピボットになってしまい
かなり苦戦しました。

リバースピボットになると
必要以上に打ち込んでしまったり
または、左に傾いた軸を右に戻しながら打って
ギッタンバッコンと軸が傾いてしまいます。

ボールの手前をダフってしまうような
ミスも多く出ます。

「いくら振っても飛ばないんです・・・」

その理由はリバースピボットかもしれません。

ではリバースピボットを改善するために
有効なドリルを紹介しましょう。

今日紹介するドリルを続けることで
右から左へのスムーズな重心移動を習得できます。

何をするのか?

まず、ドライバーを握って素振りを行います。

バックスイングで左肩が入ったら、
トップの位置で一度止めてください。

そして、右の土踏まずで重心を感じて
「1,2」と沈み込む動作を行っていきます。

この時に、右ふとももの張りを
感じてみてください。

次に、フォローでは右肩が入って
左の土踏まずで重心を感じながら
「1,2」と、同じような動作を行っていきます。

そして、筋肉がこの動きを
覚えているうちに実際に打っていきます。

打つ際は沈みこまずに
普通に打ってみてください。

この動作を繰り返してみてください。

1.バックスイングで左肩が入ったら
右の土踏まずで重心を感じて
「1,2」と沈み込む

2.フォローの形で右肩が入って
左の土踏まずで重心を感じながら
「1,2」と沈み込む

3.その感覚を覚えているうちに
普通に打ってみる

右の土踏まずから左の土踏まずに
スムーズな重心移動が行われることで
ボールに対してクラブヘッドが入る入射角が安定します。

その結果、ミート率が上がっていきます。
そして、更には飛距離アップにも繋がります。

ドライバーが苦手で上手く打てない方は
実際に打つ前に右の土踏まず、そして左の土踏まずに
重心移動を感じながら打ってみてください。

とてもおすすめです。

分かりずらい場合はコメントで
質問をくだされば回答します。

またメールします。

近藤雅彦

<編集部のおすすめ>
江連忠プロが涙した「伝説のスイング」とは?

あなたのマキシマムな飛距離を
引き出す信頼度100%のノウハウとは?

特別にビデオで語ってくれています。

http://g-live.info/click/ezvideo180610/

*ビデオの公開は6月14日まで!

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

飛距離を損(ロス)していませんか?」への4件のフィードバック

  1. やっさん

    一年前にも同じ内容のブログ(動画付き)がありましたよね。
    そちらを先週拝見し、先日のラウンドで早速実践してみました。
    これ、良いです。目から鱗が落ちたようです。
    左ひざが流れるクセも改善されたようで、フィニッシュがしっかり取れます。
    ミート率も良くなりストレートが出ます。
    まだまだミスショットはありますが、ティーショットの恐怖(特にチーピンフック)から解放されそうです。
    ありがとうございました。

    返信
  2. 久保 政明

    「1、2」と沈み込む。の沈み込むというのは、具体的にどうすればいいのか、教えてください。

    返信
    1. 近藤雅彦

      久保政明さん
      コメントありがとうございます。

      「1、2」は重心移動を正しく行い、左右の土踏まずで受け止めることが目的です。バックスイング時に左に重心がかかり軸が目標方向へ傾かないように、右土踏まずへ重心を乗せたらそれを感じるために「1、2」と沈みこむように、重心の位置を確認します。ダウンスイングからフォローでは、同じように左土踏まずに重心を感じたら、「1、2」と沈みこむように重心の位置を確認します。筋肉に重心がかかる位置を記憶させることで、正しい重心移動が行いやすくなりますので、ぜひ試してみてください。今後動画でも紹介させていただきますね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。