ゴルフスウィングはワッグルが8割

2018.06.12
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

さて、今日あなたにお話したいのは、

 「ゴルフスウィングはワッグルが8割」

です。

私は以前から、いろいろなところで
こんなふうにお伝えしています。

 「いいワッグルができれば
  スウィングの8割は完成したも同然」

もしこんなことを言ったら
あなたはちょっとビックリしてしまうでしょうか?

ではそもそも、ワッグルの目的って何か、
あなたはご存知ですか?

そもそもワッグルとは?

多くのアマチュアゴルファーの方は、
もしかしたらワッグルのことを
 

 「アドレスに入る前の準備運動」
 

ぐらいにしか考えていないかもしれません。
 

もちろんワッグルにはそうした意味もあります。

ですがワッグルというのは、あなたが思っている以上に
いいスウィングづくりのために重要なパーツなのです。
 

ちなみにワッグルというのは、体の動きで言えば上体、
特にひじや手首の関節を柔らかくして、
クラブを左右、もしくは上下に動かす動作のことです。

そうすることによって、特に上体の筋肉をほぐしながら
インパクトゾーンのクラブの動きやスウィング中の体の動き、
球筋を強くイメージして、より集中力を高めていきます。

その結果、自分なりのリズムや流れが生まれて、
力感のコントロールも可能になります。

つまりワッグルによって、思い描いた球筋に対して
「スッと構えて、スッと打てる」理想のスウィングに
近づくことができる、というわけです。
 

ちなみに私が理想とするスウィングは、
 

 「打ちたい球筋に対して、スッと構えて、スッと打つ」
 

そういう迷いのない、淀みのないスウィングなのですが。。。
 

ワッグルは、その理想のスウィングを実現するために
不可欠な要素というわけなんですね。

ワッグルってそんなに大切なの?

 「だとしたら、自分たちアマチュアも
  ワッグルはした方がいいの?」

 

はい、それに対する答えはもちろん「Yes!」です。
 

ただし、多くの方に「ワッグルをしてみて下さい」と言うと
 

 「球を打ちたいだけのワッグル」
 

になってしまうのです。
どういうことかというと。。。
 

それは、ボールにヘッドを当てようという意識はあるものの
 

 ・どこを狙って

 ・どこに打ち出して

 ・どんな高さで

 ・どんな弾道を描く球筋を打つか
 

こうしたイメージが薄く、簡単に言ってしまえば
「打ちたい球筋がイメージできていない」。。。
 

こうした意識が透けて見えてしまうワッグルを
「球を打ちたいだけのワッグル」と私は呼んでいます。

まあ簡単に言えば、ワッグルする時に球しか見ていないので
見ていればよーくわかってしまうのですが(笑)。

ワッグルはヘッドを動かすだけではない

こうした「球を打ちたいだけのワッグル」ですと
上体の筋肉がこわばってしまい、
体もクラブもスムーズに動かなくなってしまいます。

ですので、ワッグルをするときには
「狙ったところに球を運ぼうとする意識」
を持つようにします。

そうすることで、自然と視線も遠くなってきて
体がリラックスしてくるのを体感できるはずです。
 

ちなみにアマチュアの方の場合、
「緊張すること=集中を高めること」だという
誤解を持っている方が多いのですが。。。

本当の集中力というのは、
リラックスした状態で初めて、可能になります。
 

それと、これも誤解が多いのですが、ワッグルというのは
単にヘッドを動かせばいいというわけではありません。

試しに、ツアー中継などでプロのワッグルを
見てみるとよくわかるのですが。。。

プロたちは足踏みをしたり、股関節の入り方を確認したりしながら
「体全体で」ワッグルをしていることがわかるはずです。

もちろん人によってその動きに違いはありますが
体の動きもワッグルなのです。

これはちょっと考えれば当然だとわかることなのですが、
打ちたい球筋にスッと構えるためには、
体の動きも必要だということを意味しています。

ですが、多くのアマチュアゴルファーを拝見していると
ワッグルで体が全く動いていないのを目にすることがあります。
 

とはいえ、ツアープロだからといって
みんながみんな、スムーズにワッグルができているかというと
必ずしもそうではないのです。

私はプロたちにも、ワッグルの重要性は伝えます。

重要性を伝えて、そして実際にやってもらうことで
「気持ちよく打てるようになった」と言ってくれます。
 

繰り返しになりますが、
ワッグルは理想のスウィングに必要不可欠なものなのです。
 

体全体でのワッグル。。。
あなたはきちんと、できていますか?

追伸:ベン・ホーガンのワッグル…

私が敬愛してやまないベン・ホーガンのワッグルは
まさに全身で行っています。

全身と言うのは、クラブヘッドだけではなく体全体で
球筋をイメージさせるワッグルだということです。

そのへんの話については、先日からご紹介している
「ベン・ホーガンの永久不滅のパワードライブ理論」
でも詳しく解説しています。

まだ若干であれば手に入るようなので、
ぜひこちらもチェックして、
ワッグルを意識して練習してほしいと思います。

http://g-live.info/click/hog_ezu180531/

※本数限定でのご案内です
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: スイング, スイング理論, ツアープロ, メルマガ, ワッグル, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。