成功の習慣を持とう

2018.07.17
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉のゴルフ場より

早起きって本当に気持ちいいです。

私、最近は毎日朝5時に起きます。

ベッドでじわじわ身体を動かします。
一気に起きるとめまいが発生したり、
腰を痛めてしまいます。

窓をあけて新鮮な空気を
部屋に入れます。

太陽の光を体いっぱいに浴びます。

屈伸をしたりストレッチをして
身体を起こしていきます。

身体を目覚めさせるために
常温の水を飲みます。

そして日課になっている
エゴスキューのストレッチをします。

眠っている筋肉が動き出して
身体が喜んでいるのを実感します。

このようなルーティンを決めて
それを毎日実行するということは
実はとても難しいです。

「特別に凄いことを成し遂げたわけではないけど
いつもうまくいっていることがある」

これに気づくことはとても大切です。

日常生活でいえば、

・毎朝同じ時間にベッドから出る

・運動の習慣がついている

・しばらく病気をしていない

・家族にやさしく接する

・毎日本を読む

などなど。

ゴルフで言えば、

・得意なコースでは必ずいいスコアが出る

・4パット以上は絶対に打たない

・どんなに大叩きしたとしても
110以上を打つことはほぼない

などなど。

実はこういうことって「成功」なのですが
なかなかそれに気づかないのです。

ゴルフを上達していくためには
こうした「当たり前に上手くいっていること」に
焦点を当てて伸ばしていくことも大事です。

結構私たちは、
今までもそうだと思いますが、

「うまくいかなかったこと」
「失敗した事」

はよく覚えていたり
気にしたりするんですよね。

だからゴルフにおいても、

「いやー、アプローチは得意なんですけど、
 ドライバーが曲がって飛ばなくて・・・」

と、苦手な部分にフォーカスしてしまいます。

そして、、、

「アプローチはもう得意になったから、
 ドライバーが飛ばせるように練習してるんです」

というようなことになっています。

一種の飽きのようなものもあるのかもしれません。

でも、本当にそのやり方がいいのか?
ということを考えてみてもいいかもしれません。

ゴルフは学校の勉強と違って
弱点を克服することが必須ではありません。

プロでもアプローチが苦手な人もいれば
バンカーがどうしても苦手な人もいます。

プロは基礎レベルが高いので
パッと見てわからないかもしれませんが
実は特定の苦手意識は誰でもあります。

ゴルフは弱点を克服するよりも
得意なことを徹底的に極めるほうが
良かったりする場合もあります。

つまり、いつも何気なくしていること、
特に新しくはないけど、
いつもうまくいくこと、
というのがとても大事だということです。

前振りがとても長くなりましたが
私がいつもうまくいっていることを
シェアしようと思います。

実は私はセミナーマニアでして、、

人間関係をよくする方法とか
モチベーションを引き出す方法など
色んなセミナーに参加しました。

そこで教わったノウハウが
私を一つ大人にしてくれました。

それは人と接するときに
どんな意識で望むべきか?ということです。

これは初対面の人でなく
比較的長い付き合いの人にこそ
いい結果を生む方法です。

例えば長い付き合いのある人と
ちょっとしたことで言い合いになったり
イライラすることってあると思います。

例えば小原さんやモンゴさんとは
もう20年以上の付き合いがあるのですが、
お互いイラっとすることはあります。

例えば約束の時間に来ないとか
ちょっとした意見の食い違いで
ギクシャクしてしまうとか、、

そんな時に教えてもらった考え方をします。

それは、、

この先、この人とどういう関係になりたいのか?

ということです。

もし長期的に付き合っていきたい、
仲良くしたいと思うのであれば、

お前が謝るべきだ!とか
絶対にお前が間違ってる!とか
そういったことはどっちでもいい、ということになりませんか。

その時イラっとしたとしても
私は小原さんやモンゴさんとは
一生付き合っていきたいと思っています。

なので、その場の勝ち負けとか
損得なんてささいなことです。

自分が先に謝るというのは
意外に難しいことなのですが、
そういう時は、

「なんて自分は器が大きいんだ!」

と自己満足するようにしています。苦笑

逆に、相手が本当に間違っていて
相手のことを大切に思っているなら
きちんと伝えるべきということになります。

怒りの感情で間違いを指摘するのと、
相手を思って間違いを指摘するのでは
全然違う意味を持ちます。

逆に長期的に付き合いたいと
思えないような人にムカつくことを言われても
それはそれで反論するのが時間の無駄と思います。

そんな小さな怒りはスッキリ忘れて
もっと楽しく前向きなことに
時間を使ったほうがいいということです。

コースに出ると知らない人の
態度やマナーにイラっとすることもあるでしょう。

そういう人に怒りの感情をもって
嫌な気持ちを引きずったことも多いと思います。

文句を言って言い負かしたい
と思うこともあるかもしれません。

でも、それは余計なエネルギーですし
ストレスになりゴルフも楽しめなくなります。

あなたの周りにもずっと付き合いたい人、
大事に思っている人っていると思います。

そういう人と長期的に良い関係を築くために
日頃の行動を変えてみてください。

あなたは大事な人にどんな行動をしますか?

近藤雅彦

<本日のおすすめ>

スコア108のゴルファーが
コレを使っただけで、
なんとパーオンが5つも増えました…

簡単にパーオンするので
「もう次は使わないで…」と
ライバルに叱られた
この秘密兵器。

この距離計測器に隠された秘密とは??

http://g-live.info/click/betapin180717/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: エゴスキュー, ストレッチ, メンタル, 小原大二郎, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。