サッカーワールドカップとゴルフの関係

2018.07.16
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。
 

ワールドカップがフランスの優勝で幕を閉じました。

私たち日本代表チームは「ベスト16」で終わりましたが、
世論としては「健闘した」という声が大半のようです。

ご存知の通り、前評判は散々だったわけですが。。。

国内外で賛否両論だった時間稼ぎ

絶対に勝てないと言われていたコロンビア戦は
相手のハンド退場という運もあっての勝利。

そしてセネガル戦はドロー。
 

そしてとりわけマスコミの議論の的になったのは
グループステージ3戦目の、ポーランド戦。

0-1で敗れたものの、
同時刻にあったコロンビア対セネガルの試合で
コロンビアが1-0で勝利したため。。。

日本は2位で決勝トーナメントに進出しました。
 

負けている状況での日本のボール回しは
海外メディアでも報じられ、日本国内でも議論を呼びました。

0-1で負けている状況で、もしセネガルが同点に追いつけば
日本はグループリーグ敗退となる可能性もあったわけです。

こうした状況で、日本はボール回して時間稼ぎをしましたが、
この戦い方については国内外で賛否両論。
 

ですが私の見解として
たとえばプロ野球での優勝のかかった試合で考えれば
理解出来るかと思うのです。

あるいは、サッカーを会社にたとえるならば、
社長としては会社の存続を一番に考えて当然です。

理想論では、たとえば銀行だって手を貸してくれません。
 

サラリーマン時代に営業をしていて
担当部長から言われた一言を思い出します。
 

私の「頑張ります!!」という言葉に対して、
上司である部長は一言、こう言いました。

「頑張らなくてもいいから、結果が出ればいいよ」

まさにそうだと思い、このフレーズは
今まで色々なところでたくさん使わせていただきました。

今の時代、リーダーに求められるのは
即決する力かと思います。
 

ちなみに今回チームを率いた西野朗監督は
ベスト16のベルギー戦後のインタビューで、インタビュアーから
「世界との差は?」という質問をされていました。

その質問に対して、
西野監督はこのように答えました。
 

 「全てだと思います。
  でも、わずかだと思います」

 

今回の戦いについては、
私も言いたいことはあるんですが。。。

ゴルフのマッチプレーにて

ゴルフの話になりますが、
先日、ゴルフをマッチプレーで回って、前半2アップ。

ところが、14番で基本のルーチン忘れて、
相手にダウンを献上。

「タナボタ」をもらった相手はそこから調子付いて
17番でイーブンに追いつかれ。。。

最終、18番で再度アップされて、万事休す。
 

本当にただのケアレスミスで、
せっかくの好プレーを台無しにしてしまいました。

「2点差」をひっくり返されたという
まさにベルギー戦のような展開だったわけです。

勝てると思っていた「勝ち」が
スルスルと自分の手をすり抜けて行くような。。。

サッカーも怖いスポーツですが、
それはゴルフも同様ですね。
 

僅差が大差になることを今回改めて学びましたし、
勝負の流れというのは、本当に大事だと思いました。
 

あなたもゴルフで似たような経験はあるでしょうか。
 

今日は祭日ということで
ゆっくりこのメールを読んでいる方も多いと思うので、

そうしたあなたのゴルフでの経験も
お聞かせいただけるとうれしいです。

(下の方にコメントを書くことができます)
 

余談ですが… 40年前

2018-0716_1
 

小さいですが、メンバーのところに名前が出ています。

今なら「イエローカードもの」の
中盤で相手をつぶすプレスをしていました。

姿は変わりましたが、今でも当時の思い出は
浮かび上がってきます。
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

最初、この企画については
受け入れられるかは半信半疑でした…

ですが手に入れた多くの方は口を揃えて言います。

 「もっと早く、コレを知っていれば…」

なぜ、この方法があなたのゴルフに
最短の結果をもたらすことができるのか?

その秘密は、このプログラムでわかります。

お客様からの大変な反響により「期間延長」。
本日7/16(月)で延長終了です。

http://g-live.info/click/omrsci_180712/

※本日まで。安心の返金保証付き

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: メルマガ, メンタル, モチベーション, 夕刊メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

サッカーワールドカップとゴルフの関係」への8件のフィードバック

  1. エンちゃん

    古賀さんは、W杯での日本の戦いに更に
    付け加えたいお考えがあった様なので私も一言
    言わせて下さい。ポーランド戦での他力にかけた
    西野監督の決断は、結果が伴わなければ、個人的に
    非難を一身に背負う事になる非常にシビアなものでしたq
    選手以上に彼自身が不本意だっただろうと思います。
    欲を言えば、セネガル戦で勝利していれば、あの様な
    事にならずに済んだのですが。
    しかし、ベルギーとの真剣勝負を経験出来た事は、
    日本の貴重な財産になる筈です。ドーハの悲劇を経て98年に初めてW杯に出場した様に、この様な真剣勝負を何度も経験しないと次に進まないと思います。
    私は西野監督と同じ年ですので、古賀さんは恐らく
    一つか二つ年下かと推測します。
    私は、月3回のゴルフラウンドと月2回のサッカーを
    楽しんでいます。サッカーの話ばかりですみませんでした。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      エンちゃん
      西野監督と同じなら私と同い年ですね。
      非難されることを覚悟しての決断、私は立派だと感じます。

      返信
  2. kh46

    古賀さんの教材を1ヶ月前に購入した者ですが、

    ゴルフの基本的な事がわかりやすく、今までの疑問が晴れて、日々練習しています。

    成果が上がれば又、メールします。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      kh46様

      ご購入有り難うございます。
      同じ動きを色々な観点でとらえていくことで、必ず新しい感覚に気づいて頂けると確信しています。
      朗報お待ちしておりますね!

      返信
  3. 佐々木亘

    会社の営業とスポーツの勝敗は違う。
    会社は倒産すると多くの人が路頭に迷うから、一生懸命やっても結果が悪ければだめ。
    ただ、スポーツはプロスポーツといえども、正々堂々と一生懸命やって、スキルを競うことに観客は感動する。
    勝つだけが目的になっているから、先日の大学のアメフトのように監督の命令でとんでもないタックルをする選手が現れる。
    こんなことをしていれば、プロもアマチュアもスポーツはファンからみななされます。
    実力の差があれば、必死で練習すればよい。それでも負ければ、さらに練習を!

    81才の熱烈なスポーツファン

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      佐々木亘様

      あの試合で、ある学者が確率を計算したところ1点差で負ける方が30パーセント以上決勝トーナメントに行ける確率が高かったと言います。
      ゴルフも確率のゲームです。
      今置かれている段階で一番高い方法を選択する。
      もちろん佐々木様のご意見もごもっともだと思います。
      ですが私は監督として、そう采配した西野監督の勇気を称えたいと考えているのですが、如何でしょうか?

      返信
  4. yasu119

     こんにちは
     小生も大きなミスで校内記録を逃しました。
     校内体育祭の陸上競技で、好きな子が見ているのでトラックをあと一周でゴール。校内記録を3秒上回る。計時係の後輩が「3」を示して「三・三・三」と叫んだ。観て、聴いて油断した。一周を手を振りながら、ウイニング・ランしてしまった。
    結果は校内記録に一秒届かなかった。2位を100m引き離し目だったのに・・・・・・・・。残念・無念。
     何事も、「ケアレス・ミス」はダメですね。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      yasu119さん

      私もアマチュアの時、試合でラインバッカー(決勝に進むのに1打足りない事)を数回経験しています。
      ダボで済むところを、いい加減なパットをしてトリプルにするなど・・・
      後で「あの一打が・・・」
      と思うと悔しくてたまりませんでした。
      今できる事に全力を尽くす。
      大切なことと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。