ミート率が落ちるスイングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.30
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

ゴルフスイングは不思議なもので、
軽く振ったほうが飛ぶことがありますよね。

めいいっぱいスイングしてるのに、
軽く振ったほうあの人の方が
飛んでいる。。。

その差はどういうところから
生まれてくるのか。

今日はそういった話を踏まえつつ、
飛距離を出していく方法について
お伝えしたいと思います。

頑張って振るとミート率が落ちます

まず、先に結論だけ申しますと、
インパクトの時に手元が体から
離れていると飛びません。

何故かと言うと、ミート率が
極端に下がるからです。

想像してみてください。

アドレスを取った時に
通常はクラブの真隣に
ボールがありますよね。

ゴルフはボールが動かない競技ですから
インパクト時にアドレスの位置にクラブが
戻らなければ、当てることすら出来ません。

なので、前後のズレは多少あるにせよ、アドレスした時の
状況により近い環境でインパクト出来れば、
一番ミート率が良いことになります。

逆に、体が起き上がったりすると
どんどんアドレスした時の環境から
離れるため、芯で当てることは出来ません。

ミート率が落ちるスイングとは?

では、ミート率が落ちるスイングとは
どんなスイングなのか?

それは
「腕だけが頑張るスイング」です。

どういうことかというと、
スイングをしていると、
クラブヘッドには遠心力がかかります。

※遠心力と向心力問題がありますが、
 ここでは分かりやすく遠心力にします。

この遠心力は、ヘッドがゴルファーから
遠ざかろうとするエネルギーなので、
制御出来ないと、体がクラブヘッドに引っ張られます。

これが、体が手元から離れる原因の1つです。

つまり、腕だけではクラブヘッドに
かかる遠心力を制御出来ないんです。

人体の腕って、体重の12%しかありません。

例えば体重50kgの人なら、6kgです。

たった6kgの重量と、クラブヘッドにかかる
遠心力を比べたらどう考えてもヘッドが勝ちます。

ただ、胴体を含めた体を使うことが出来れば

腕(6kg)vs遠心力

だった図式を

体(50kg)vs遠心力

に変換することが出来ます。
どっちが対抗出来そうかは
一目瞭然ですよね?

まとめ

少々難しい話をしましたが、
よく聞く体を使おう、腕だけで振るなという
アドバイスの原理は、このような感じです。

では、どうすれば手元がアドレスに
近い状態で戻るのか、飛ぶスイングに
変えることが出来るのか。

また後日お話したいと思います。


<本日のオススメ>

パッティングに重要な
距離感、方向性をどれだけ磨いても
パターが言うことを聞かなければ、

全てが無駄になってしまいます。

じつは、本人も気づかない間に
こういったケースに陥っている
ことはゴルフでよくあるんです。

あなたのパターは大丈夫ですか?

大丈夫と思った方、絶対に自分は
大丈夫だと言い切れますか?

もし、少しでもパターに
疑問があるのなら、
こちらの手紙を読んでみてください。

あなたのお悩みを解決してくれるでしょう。

http://g-live.info/click/btp_1808/

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。