アイアン「小原大二郎 VS モンゴ」結果は…

2018.08.30
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

冒頭から刺激的なタイトルですが(笑)
ゴルフのガチンコ勝負のことではありません。

前回、シャフトのことについて
ご質問をいただいたことをお話ししましたが
それについて補足的なお話をしておこうと思いました。

前回のメールマガジンで

ちなみに、前回のメールマガジンはこちらです。
 

なぜ、カーボンシャフトは曲がらないのか?

http://g-live.info/click/180823_nikkan/

 

前回、自分はこんなことをお話ししました。
 

> プロが比較的スチールを好むのは
>
>  ・方向性重視のライン出しショット
>
>  ・フェースコントロールでボールを曲げるショット
>
> こうしたことを、アイアンで自由自在にしたいから、
> というわけですね。

 

たとえば、これをウチのゴルフパフォーマンスの
プロたちに当てはめるとすると。。。

モンゴプロは、どちらかというと
「球をこねくり回したいプレイヤー」(失礼!)
ですので、スチールのほうが合っています。
 

実は以前、モンゴプロには一回
カーボンシャフトを試してもらったことがあるんです。
 

そうしたところ。。。

まさに「シッチャカメッチャカ」…

自分の予想を超える、ひどい結果になったようで。。。
まさにゴルフにならなかったそうです(笑)。
 

たとえば、残り100ヤードで
通常ならアプローチウェッジのところ、
一個上の番手をもってチョンとしたいところが。。。
 

それが出来なくて、ミス。。。

前回もお話ししたように、カーボンシャフトは直進性があるので、
いろいろショットに細工をしたいしたい人には
使いづらいクラブになります。

たとえば、球を曲げたい場合に
スイングをちょっと変えてみたり
フェースのコントロールで曲げようとしたりすると。。。

直進性のあるカーボンシャフトですと、
やりづらくなってしまうのです。

これは一連のインテンショナルショットについても同様で
どうしてもカーボンはスチールよりは曲げにくくなります。
 

そうなると、モンゴプロにとっては
カーボンシャフトは不利、というわけですね。
 

そして実は。。。

モンゴプロと逆のスタイルが小原プロ

小原プロの場合、たとえば風がアゲンストだろうが
何だろうが、同じ様に淡々と打っていきます。

こういう小原プロのようなプレイヤーの場合は
ショットでいろいろやらない分、再現性の高い
カーボンシャフトのほうがメリットが大きいわけです。
 

もちろん、スチールシャフトでも
結局クラブで操らないのであれば、
淡々とプレーすることは、可能です。

ですが、その逆はできません。
はじめから操りにくいクラブを操るのは、難しいからです。

操れないクラブで出来ない動きをしたらダメで、
このへんのところをちゃんと把握しておかないと。。。

先ほどのモンゴプロのような状況に
なってしまうわけですね。
 

ですので、アマチュアの方で
スイングを安定させたいというのが
第一の目的であるのなら。。。

多少のブレを吸収してくれて
それなりの球が出るカーボンを選ぶのがよいと思います。
 

車がお好きな方であれば、このカーボンとスチールの違いは
車のハンドルにたとえるとわかりやすいかもしれません。
 

 ・直進性に優れた車は遊びがあるので
  運転者のハンドルのブレを吸収してくれる

 ・逆に、ハンドリング重視な車(スポーツカー)は
  ハンドルの遊びが少なく、ハンドルを切った分だけ前輪が動く

 

普通の車であれば、ハンドルを添えるだけで真っ直ぐ進むけれど
極端な話、F1みたいな車であれば、ハンドルを切った分だけ曲がります。

クイックに曲がりたいのにハンドルが切れないと
曲がらない、というイメージになりますし、
逆もまたしかりです。

ということで、どちらの車を選ぶのかというのも、
ゴルフでカーボンとスチール、どちらを選ぶのかも
その人のスタイルによる、ということになります。

カーボンは制作側のメリットが大きい

蛇足ついでにもう一つ。。。

カーボンシャフトというのは、設計する側からすると
「設計の自由度が高い」ということが挙げられます。

スチールというのは読んで字のごとく
「鉄素材」ですので、もともと重たいものです。

逆にカーボンは軽いので、
シャフト単体で軽量化ができるのがメリットですが、

逆に重くしたいのなら、重たく作ることもできます。
そう考えると、設計者側としては、
 

 ・機能を付加して特性の持ったものを作りやすい、

 ・いろいろなシャフトが作れる
 

これらが、カーボンのメリットとしてあるわけですね。
 

ということで、設計側にとっての
「直進性に優れている、曲がりづらい」いうのは、
むしろカーボンのサブ的なメリットと言えるかもしれません。
 

とはいえ繰り返しになりますが
カーボンシャフトだからといって全く曲がらないわけではないので
そのへんはくれぐれも勘違いしないでいただきたいと思います。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

実は… このパターは、
ゴルファーの個性を活かす“ある1つの仕掛け”が
施されているんですが…

これが、20年以上の「パター下手」を克服し、
突然スコアを70台を叩き出すことができた
“驚くべきゴルフテクノロジー”だったんです。

その“驚くべきゴルフテクノロジー”の正体とは?

http://g-live.info/click/btp_1808/

50本限定です。残数わずか

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: アイアン, ウエッジ, クラブ, ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。