そのプレーの成功確率は何%?

2018.10.10
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

私は実際に生徒さんと
コースに行ってレッスンする

「コースティーチング」
というものを行っています。

これをするメリットは
実戦力が向上するというもちろん、
もう1つメリットがあるんです。

むしろ個人的には
その人が今後さらに上達していけるかを
見る上で、この方が重要だと思っています。

それは、、、

「◯◯さん、コースだと性格違う…」

これ、あなたも思ったことありませんか?

いつもおとなしい◯◯さんが
こんなギャンブルショットするなんて、、、

とか、

いつも豪快な◯◯さんが
こんな慎重に刻んでいくなんて、、、

といったようなギャップ。

私がコーチをする上では、
その人のスイングの次くらいに
これを気にします。

特に気をつけているのは
無謀に攻めてしまっているパターン。

もちろん、ゴルフをしていれば、

ここを狙わねば!

という場面は1日1回は必ず出てきます。

ただ、果たしてそれが
チャレンジなのかギャンブルなのかの
見極めが重要です。

そこで、私がそれは
ちょっと無謀かも…と思うのは、

・コースレイアウトを考えずにドライバーを振る

・林の中から木の間を通そうとする

・球をわざと曲げてみる

・深いラフから攻めちゃう

こういったあたりです。

コースに出れば、真っ直ぐな
ミドルホールでも左右が狭ければ、
精度重視にしたほうがOBは無くなります。

林にボールを入れても
前進したくなりますが、
潔く真横に出したほうが傷は浅いです。
・球をわざと曲げてみる
・深いラフから攻めちゃう

こちらに関しては言わずもがなですが、
これはあくまでも一例です。

ゴルファーによっては、
リカバリーがとにかく
得意だって方もいます。

なので、この考え方を
1つの基準にしていただきたいです。

それは、、、

そのプレーの成功確率は何%?

レッスンをしていて思うのは
最低でも50%の成功確率が無ければ
そのショットは諦めましょう。

一か八かでは、字のごとく賭けです。

本当は80%以上成功する
イメージが無いショットは、
コースでは恐いです。

なので、難しいショットを
選択するときは、これを
1つの基準にしてください。

最後に

ゴルフはミスをするスポーツです。

成功確率100%と信じている
ショットですら、ミスをすることも
少なくありません。

なので、せめて自分の中で
自信が無いショットはしない。

こう考えるだけでも
スコアはかなり変わりますので、
是非次回のラウンドで試してみてください。


<本日のオススメ>

ゴルファーが10人いれば、
ゴルフ理論も10通り。

まさにそのとおりですが、
じつは現存するあらゆる理論の
オリジナルが今話題になっていることをご存知ですか?

この理論は今から60年前に発表されたにもかかわらず、
今なお多くのゴルファーの目標として愛されています。

そんなスイング理論を映像で
解説した日本初、いや世界初の教材を
今日まであなたに公開します。

http://g-live.info/click/edbh_1810/

The following two tabs change content below.
宮本 大輔

宮本 大輔

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。
カテゴリー: ダフリ, トップ, ビデオ, 新着ビデオ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
宮本 大輔

宮本 大輔 について

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。

 

Facebookでコメントする

そのプレーの成功確率は何%?」への3件のフィードバック

  1. ふじたつ

    コースでプレーをしていて、次のショットの成功率を考えてプレーをしたことは少ないです。
    ただ、過去の成功率から低いケース(苦手な番手、ラフ、傾斜等)は不安を抱えてのショット
    になっていると思います。毎回頭に不安がよぎります。
    コースで気を付けている事は、同伴者のショットはよく見るようにしています。すなわち、
    同伴者の成功(率)=じゃあ、自分もやってみよう(ラフからのFWとか)
    同伴者が上手で、自分では失敗するケースが多いです。これも、同伴者をまねての成功率に
    置き換えて考えれば使えますね。ありがとうございます!!

    返信
  2. Kimitsu

    宮本プロ、コースマネジメントについて示唆に富んだ記事で大変参考になります。ミドルやロングのティーショットをドライバー以外で打つのが以前は周囲の目がきになって気恥ずかしかったのですが、最近はやっとクリークとかでも普通に打てるようになりました。お陰で出だしの数ホールでトリプルとか叩くことが随分減りました。最近は反動であまり守りに入り過ぎないように注意しています。何事もバランスが大切ですね。

    返信
  3. 黒ウサギ

    いつも楽しく読ませていただいています。最近でこそ、無謀かもと思うようになりましたが、初心者のころは何が無謀なショットなのかわかっていないのですよね。そんなシチュエーションであったことがないので、できるのかできないのかもわからず・・・いろいろ無茶をやったころを思い出しました。はい、ギャンブルたくさんやりました。でもそれも楽しかったんですよね。そしてアンプレということもしらなかったので、とにかく打ってみた・・という笑える思い出も。いまならアンプレにしたほうがいいかとも考えます。これも進歩かと思います。

    返信

Kimitsu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。