【ビデオ】スライスに効くアドレスの向き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

11月10日(土)に、ゴルフライブサミットが
開催されました。

様々な演目がある中、
特に注目が集まっていたのが
北田瑠衣プロとのトークショー。

その写真が一昨日届きました。

grip

北田プロの礎となった練習の話は印象的でした。

「芝に砂を敷いて、何度も打つ」
合宿中に他の練習を一切せず、
熱心にこの練習を朝から晩まで続けていたそうです。

やはり、正しい方法でたくさん練習することが
何よりもゴルフを上達させるのだと
改めて痛感しました。

毎週紹介している動画を、
皆さんの練習の役に立てていただけるよう
これからもたくさん配信していきますね。

さて、先週のフックに続き
今日はスライスについて
改善方法を紹介していきます。


「アドレス時のフェースの向き」が
今回のテーマです。

フェースが左を向くとフック、
右に向くとスライスの原因となります。

癖がうまく直せなかった方も、
リーディングエッジで確認をしていけば
具体的なイメージが出来ていきます。

grip

スライスに悩む方は
ショットルーティーンに組み込んで
正しい感覚を体に覚えさせましょう。

それでは、またメールします。

小原大二郎
 

<本日のオススメ>
もし、あなたが、
ゴルフをしていて

ここ一番でダフリトップなど
ミスが出る…

思ったように飛距離が出ない…

スイングに再現性がなく
同じ弾道で打ち続けられない..

という悩みを持っているのなら、、、
この秘密兵器がきっと役に立つでしょう。

http://g-live.info/click/ohgi_1811/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, グリップ, スライス, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】スライスに効くアドレスの向き」への2件のフィードバック

  1. 小川義水

    アイアンをこの方法でグリップし、クラブを降ろして普通にハンドファーストに構えると、
    フェースが若干オープンになり、スライス気味のショットのなるのではないかと思いますが、
    どうですかね?

    返信
  2. YAYASU

    おはようございます。とても理解しやすく、ありがとうございます。具体的にリーディングエッジの向きやグリップの方法は、
    小生の家宝にします。

    返信

YAYASU にコメントする コメントをキャンセル

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。