2018年、最後に重大発表があります…

2018.12.27
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

おそらくこれが、今年最後のメールマガジンになります。

今年も一年、あなたには大変お世話になりました。

とはいえこの場で、
2018年の思い出にひたるつもりはありません。

今年の反省会をするつもりもありませんし、
2019年の目標についても語るつもりもありません。

今までも、そしてこれからもやり続けたいのは。。。

クラブの重要性を伝えること

今、このメールマガジンをお読みの方は
すでにクラブに対しての意識が高い方だと思います。

そういう意味では、今年もそうした方々に
このメールマガジンを読んでいただけたことに
心より御礼申し上げます。
 

そして今年もたくさんの人に
フィッティングを受けていただきました。

昨年末に秋葉原店が本格稼働して、
大阪店も今年2月にスタートしました。

東京にしても、大阪にしても
この2店舗がオープンしたことは
本当に大きかったです。

おかげで今まで以上に多くの方が
フィッティングを受けていただけるようになりました。
 

そして、フィッティングの中でご提案をして
クラブをご購入いただいた方からは
 

 「おかげさまでスコアがよくなりました」

 「ご提案いただいたクラブで飛距離が伸びました」

 「こんなに変わるのかとびっくりしています」
 

といった声を、多数いただくことができました。

このような声を聞けるのは本当に嬉しいですし、
まさにフィッター冥利に尽きます。

購入されなかった方からも…

とはいえ、自分たちは無理やり購入していただくことは
考えていないので、フィッティングを受講された方の中には
クラブを購入していないお客様もいらっしゃいます。

そうした方からも
 

 「実際にフィッティングを受けたことで
  クラブの重要性がよくわかってよかった」

 「クラブに対する考え方が変わった」

 「ぜひ今後購入を検討したい」
 

という声はいただいているので。。。
 

こちらについても、直接お会いしてやりとりをすることで
メルマガを濃くした内容が伝えられて、
それはそれでよかったと思っています。

(もちろん商売ですので、売らないというのは
 商売人としてはアレなのですが。。。汗)
 

そして。

「こういうことを2019年にはやりたい」
みたいなこととしては。。。

あなたをさらなるゴルフの上達に導くために
より「スコアメイク」の面にこだわっていきたいと
思っています。

今まではスイングを作るということを
メインに置いていたわけですが、
来年はよりスコアを作る上で、実は。。。

新パターを制作中です!

実は現在、ゴルフパフォーマンスプロデュースの
新しいパターを開発しています。

あなたもご存知のとおり、
パターはスコアメイクを考える上で
もっとも重要になるクラブです。
 

ウェッジはすでにウチで出しているものがあるので、
そこにパターを加えて、
ショートゲーム面を強化していただく。。。

というのが、この企画の狙いになります。
 

ですがこれがご紹介できるまでには
もう少しお時間がかかるかもしれませんが、
どうぞ楽しみに待っていてください。
 

そして、今までのウェッジにしても、
今回のパターにしても。。。

制作にあたっては、なによりあなたに
「お礼」を言わなければならないのです。
(どういうことか?)
 

私たちがこうして開発してご紹介する商品については
 

 「お客様からの意見を聞いて開発したもの」
 

ばかりだからです。
 

ということは。。。
これは私達の商品ではなく、まさに
 

 「あなたのための商品」
 

なのです。
 

こうした「あなたの商品」を、
2019年以降もお届けできればいいなと
思っていますので。。。

引き続き、どうぞよろしくお願い致します!
 

(結局、2018年総括&2019年目標みたいな話になりましたが 笑)

「チーム徳嵩」フィッティング

そんなことはさておき、枠数限定の
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」。。。

1月枠を若干名、ご用意いたしました。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

東京千葉大阪
各3店舗でお申込みいただけます。

しかしながら、こちらからのお申込みで予約確定ではなく
後日担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。

年末年始休みに入るため、
ご連絡が年明けになる可能性もありますが(1/7以降)
必ずご連絡はいたしますので、どうぞご安心ください。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので、
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

「なぜ飛ばし屋は軽く振っても飛ばすのに、
 飛ばない人は一生懸命振っても飛ばないのか」

小原プロが明かす、飛距離アップが出来ない
ゴルファーが見逃している3つの秘密とは?

ハードな筋力トレーニングをしなくても、
ドライバーに10万円使ったりしなくても、
毎日練習場にわざわざ行ってボールを打たなくても…

このメソッドなら、飛距離が伸びます。

http://g-live.info/click/od_b1812/

小原プロ、年内最終のお知らせとなります

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, スコアアップ, パター, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

2018年、最後に重大発表があります…」への7件のフィードバック

  1. Qoo

    興味深いメールマガジンをありがとうございます。
    パターを開発中との事。どんな仕上がりになるのか、楽しみにしております。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      Qoo様
      コメントいただきまして、どうもありがとうございます。
      パターについては、このメールマガジンでもご紹介しますので、楽しみにしていて下さい。

      返信
  2. バーディ

    いつも参考にさせてもらっています。
    次に買うときは、フィッティングを受けてからにしたいと考えています。
    さて質問です。

    年に1回程度グリップ交換をしています。
    これまでは、クラブメーカーのもの、取り寄せてをつけていました。
    小生のクラブは、ウッド系3本とその他10本(パター以外)のメーカーが違います。
    全部揃えなくて良いのでしょうか?またクラブメーカーの純正?のものが良いのでしょうか?
    グリップだけを全部そろえる場合に、どういう基準、考え方で選んだらよいでしょうか。
    また、お勧めのクリップがありましたらご紹介ください。
    よろしくお願いします。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      バーディ様
      ご質問どうもありがとうございます。
      まず、バーディ様が年に一回程度、必ずグリップ交換をしていらっしゃるのはすばらしいことです。これはぜひ続けてほしいです。

      さて、ご質問の趣旨としては「グリップを全て同じメーカー、同じ種類でそろえたほうがいいのか」ということだと理解しました。
      結論から言って、メーカーさんのグリップから他のグリップへの変更の場合にご注意頂きたいのが「グリップ単体の重さ」です。
      最近、メーカーさんによっては軽量グリップを装着してあるものも多くなりました。これを知らずに違う重量のグリップをつけてしまうとクラブの性能が変わってしまいます。
      今付いているものと、出来るだけ同じ重量のグリップを装着して下さい。

      バーディ様もすでにご承知のことかもしれませんが、グリップ交換は金額も手頃で作業的にも簡単に見えるものの、実は奥深いです。
      これについては以前にも下記にも書いたことがありますが、手のサイズ、汗をかきやすいタイプかといったところから、太めのグリップが好きか細めが好きか、普段使っているグローブは何か、バックラインがあったほうがいいかないほうがいいか、そして雨の日にゴルフをするかしないかなど、ゴルファーの体質や趣向によって、チョイスを多岐に変えて自分たちはご提案させていただいています。

      グリップ、5年間そのままという人へ
      http://g-live.info/click/160929_nikkan/

      また、グリップ選びについては以前、下記のビデオでも説明させていただいておりますので、よろしければ参考になさって下さい。

      [ビデオ]春に向けコレだけやればスコアUP!?
      http://g-live.info/click/180125_nikkan/

      グリップ交換につきましても、自分たちのところにフィッティングにいらしていただければ、ご相談に乗ることは可能です。ぜひ一度、ご検討下さい。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

      返信
      1. バーディ

        ご丁寧にありがとうございました。
        奥が深いのですね。
        参考にさせていただきます。

        以上

        返信
  3. YAYASU

      先生にお願いがございます。名古屋にも出店して下さい。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      YAYASU様
      コメントいただきまして、どうもありがとうございます。
      残念ながら、名古屋出店の予定は現状ございません。ご期待に添えず、申し訳ございません。
      過去には名古屋で出張フィッティングも行っておりましたが、以前にお話しした柿のような事情で会場の手配が難しく、思うように開催ができていない状況です。

      地方でフィッティングしてくれるお店教えて
      2017.01.12
      http://g-live.info/click/170112_nikkan/

      難しいかもしれませんが、東京方面にお越しになる機会がありましたら、秋葉原ないしは千葉での受講をご検討ください。クラブは事前に店舗にお送りいただくことも、もちろん可能です。
      ご来店、お待ちしております。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。