日本人ゴルファーの性格タイプ

2019.01.27
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたのゴルフ中の性格タイプってどんなですか?

1)ミスにくよくよ、いろいろ心配、冷や汗
2)淡々とプレー、さざ波のように
3)ささいなことでイライラ、頭に血が上る
4)楽しい、エンジョイ、笑顔

他にもいろいろあると思いますが
ゴルファーは、どうも日本人ゴルファーは
1番めの人が多いそうです。

ただ、どの性格だからいいというわけでも
悪いというわけでもありませんが

ゴルフのミスに対しての考え方だけは
あなたにも参考にしてもらいたいと思います。

私は、
オーストラリアでゴルフを学んできました。

オーストラリアも広いですが、
シドニーの近く。

シドニーのゴルフ場一帯の地域で
ゴルフ合宿をしていたんです。

シドニーから30分も行けば
ゴルフ場がたくさんあります。

オーストラリアのプロゴルファーといえば

・カリー・ウェブ
・アダム・スコット
・グレグ・ノーマン
・ブレンダン・ジョーンズ
・ジェイソン・デイ

などなど
世界的な選手がたくさん生まれています。

そして、そんな
PGAプロゴルファーの産地でもある

オーストラリアで
学ぼうとするゴルファーは多かったんです。

私もそんな夢見るゴルファーの一人でした。

日本人と真逆のオーストラリア人のゴルフ観

私が、特にオーストラリアのコーチたちに叩き込まれたのは
ゴルフに対するマインドセットです。

これは、オーストラリア人の国民性から来るのかもしれませんが
ミスに落ち込む日本人ゴルファーをみて、彼らは

「何を落ち込んでいるんだい?」

「ゴルフはミスのスポーツじゃないか」

「ミスする前提でゴルフしないと話しにならないぞ」

と声をかけるのです。

日本人はどうしても
ゴルフをミスをなくして、
完璧なショットでラウンドしようとします。

完璧なショットが続いていると
余計ミスショットが出た時のショックが大きかったり
連続してミスが続いて自滅してしまったりもします。

そんなときは、
心が折れてしまうものです。

100%まっすぐ飛ばす方法

私は、ゴルフの技術を高めて
完璧なショットを目指していました。

完璧なスイングができれば
絶対に、ミスしないゴルフができる。

そう信じていたのです。

しかし、そんな状況が続いているなら
ゴルフで勝ち続ける
絶対王者がもっといても良い気もします。

しかし、なかなかゴルフで勝ち続けることは難しいのです。
優勝者は毎回異なります。

ゴルフをするひとはみんな
完璧なまっすぐなショットを目指します。

しかし、オーストラリアのコーチたちは
「そんなショットを目指すだけ無駄だ」といいます。

しかも、
私がアイアンで大きくダフったときには

「Nice!」

と声をあげて私に皮肉を言ってきたり…(笑)

「ミスを最後に、スコアにつなげていくんだ」

「ミスは毎日ずっと起こるんだ」

「その中で、いかにリスクマネジメントしていくか」

この言葉に出会えたからこそ
今の私があるんです。

どんなにゴルフが上手くても
100%うまくいかないということを

オーストラリアの留学で
知りました。

賞金ランキングに絡む選手でさえも
全くうまくいかない大会もあります。

アマチュアゴルファーだって同じです。

ミスをするから、練習したって仕方がないじゃないか。
ということではありません。

ミスがある前提のもとマネジメントをして
最後まで粘り強くゴルフをする。

そして、練習もミスをへらすよう努力するけれども
ミスも利用したり、ミスを予測したゴルフをする。

そうすることで、
大怪我をへらすことができるようになります。

服部コースケ


<本日のオススメ>
「森崎プロが教えてくれた
 秘策で100が切れました」

そう語るのは63歳の金井さん。

なぜ、彼は今まで切れなかった
100を簡単なアドバイス1つで
達成することができたのか?

http://g-live.info/click/mori_cs/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

日本人ゴルファーの性格タイプ」への1件のフィードバック

  1. 佐藤春信

    服部プロと田口プロの、ロングドライブプログラムは、凄いと感心しています。これ程説得力あるレッスンCDは、私にとって一番です。インパクトの再現性の教え、下半身と上半身の45度の違いの具体的デモ等、これ程具体的な説明は目にした事は有りませんでした。20年前に出逢っていれば、今頃、片手シングルかも?と云う程、素晴らしいと思っています。5枚のCDは3回目の視聴に入っていまし。ゴルフを最後まで楽しみたい方には、お薦めです。服部プロ有難うございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。