あなたは二本足で立っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.04.02
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「二本足で立っていますか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 「え? 江連さん、だって人間は普通
  二本足で立っているじゃないですか?」

 

はい、確かにそうなんですが、ゴルフについて言えば
二本足で立っていないことのほうが、多いのです。

どういうことか?

普段できていることができない

そもそも、ゴルフというスポーツは
 

 「普段できていることが、
  コースに出るとできなくなるスポーツ」

 

だと、私は思っています。
 

おそらくきっと、これをお読みのあなたも
このことには納得していただけるのではないでしょうか?
 

ですがこれは別に
アマチュアゴルファーに限ったことではありません。
 

実はプロの場合でも同じで、プロで言えば大きな試合
あるいは優勝争いなどをしていれば。。。

なおのこと普段通りというわけにはいかなくなります。
 

よく、実力を兼ね備えた一流のプロでさえ
なぜわざわざティーチングプロを付けるのかと
問われることがあるのですが、
 

 ・「普段できることができないこと」を、まず認識してもらう

 ・そして、普段できているスウィングにより近いスウィングをしてもらう
 

これこそが、ティーチングプロの仕事だと、私は思っています

「三本足」になってしまう理由

というわけで、プロであれアマチュアであれ
いざコースに出れば、力んでしまうものなのです。
 

特に、上体が力むようになります。

上体が力むようになると、
アドレスで無意識にクラブを地面に押しつけてしまい。。。
 

「二本足+クラブ」の「三本足」になってしまうわけです。
 

そこで修正をして「二本足」で立てるようになれば
力んだ上体をリラックスさせることになります。

そして同時にそれは、体を自然に動かすことにもつながります。
 

コースで普段どおりのスウィングをしたいのであれば、
これは非常に重要なことです。

「二本足」「三本足」あなたはどっち?

もうここでハッキリ言ってしまいますが。。。
 

多くのアマチュアの方は「三本足」です。
 

 「え、私のスイングのどこが三本足なの?」
 

アマチュアの方を拝見していると、
大抵の方は、ヘッドをソールした状態で
クラブを握ろうとすることが多いと感じます。

そうすると、クラブを上から押しつけるような形になり。。。
 

これが「三本足」になる理由です。
 

もちろん、全てのアマチュアの方が「三本足」だと
言うつもりはありません。そして。。。
 

どうぞ安心して下さい。
「二本足に戻すドリル」も、あります。

2つの「二本足に戻すドリル」

ドリルは二つあります。

「二本足に戻すドリル」一つ目。。。
 

 1.クラブを体の目の前に立てた状態
   (ヘッドを上に向けた状態)でグリップをします。

 2.そこからクラブを前に倒しながら
   その重さを感じつつ、前傾していきます。

 

 「え、たったそれだけ?」
 

はい、これだけです。
 

この時に気をつけてほしいのは
背筋でクラブを吊るように前傾してみてください。

そして何より、クラブを地面に押しつけないことが大切です。
 

「二本足に戻すドリル」二つ目。。。
 

 1.クラブを持った状態で
   相撲の四股を踏むように、一度体を沈ませます

 2.その沈ませた状態から
   アドレスの形に立ち上がります

 

これも、二本足で立つ感覚を磨くのにいい方法です。
 

 「江連さん、写真や図で説明してくれませんか?」
 

いえ、たったこれだけのことですので
まずはクラブを手にとって、やってみてください。

上のやり方を読みながらやるだけですし、
クラブは振りませんので、家の中でも簡単にできるはずです。
 

あなたもご承知の通り、
「無駄な力を抜く」ということが
ゴルフではとても大切なことです。
 

ですが、あなたが「三本足」で立っているうちは
絶対に上体の力は抜けないということ。

これだけは、どうぞ忘れないでおいて下さい。

追伸:私の新プログラム「エフォートレスパワー」

先日まで案内していた私の新プログラム

 「エフォートレスパワー」

ですが、本日4/2(火)まで延長すると
事務局から連絡がありました。

 ・ゴルフ歴は長いが、飛距離が伸びるどころか
  むしろ飛ばなくなる一方…

 ・もう一度昔みたいに飛ばせるようになりたい…

 ・ドライバーの当たりが薄く
  ナイスショットの数が減ってきてOBの数が多い

 ・一回のミスが原因で大叩きのホールがある

 ・この練習だけをしていれば
  スコアアップ出来るというメニューが欲しい

こうしたことが一つでも当てはまるのなら、
このプログラムは、あなたのものです。

今日までだそうですので、
下記からチェックしておいて下さい。

コチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, セットアップ, メルマガ, 上達テクニック, 力み, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

あなたは二本足で立っていますか?」への1件のフィードバック

  1. YAYASU

    おはようございます。四股を踏んだり、アドレスに戻したりすると腹筋や背筋が弱いと感じました。二本足のドリルは、一石二鳥の得がありますね。有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。