【ビデオ】タッチを確定する極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.03.31
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「タッチを確定する極意」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

アプローチショットで楽々ワンパット圏内に寄せる
絶妙なタッチがコンスタントに出せたら、
ゴルフはものすごく楽しくなります。

距離感であるタッチはロフトと振り幅で決めることも
多く聞かれることですが、実はもっとヒトの本来の能力を
使える方法があります。それは。。。

(続きはビデオにて)

本題の前に… これが最終案内となります

私が主宰する「大森睦弘・脱力み飛ばし塾」の
最終案内をさせていただきます。

ゴルフのスイングで余計な動き、さらには余計な力は
悲しいことに私達の努力を台無しにしてしまっています。

まさに、私が提唱する「脱・力み」ができるほど
飛距離も伸ばせることはもちろん、
思いもよらぬボールの曲がりも少なくなるわけです。

以前から何度もメルマガの中でもお伝えしている通り、

単純な計算でトップから上半身が10cm落下して、
腕は50cm落下したときのエネルギーをすべてヘッドに伝えて、
ボールを打ち出す場合の飛距離を計算した結果があります。

(ヘッドスピードに対するボール初速であるミート率が、
 理論限界の1.56、飛距離はボール初速の数字の4倍という
 一般的な数字を当てはめます。)

そうするとなんと、トップから上半身や腕が
落下するエネルギーをすべてヘッドに伝えられたら。。。

それだけのエネルギーで
ボールは約150y飛ぶ計算になります。

その結果、筋力はたいして使わなくても
無駄なく動くことで250yは飛ばせるということです。

ところが、一般男性の平均で見ると、
ヘッドスピード40m/sで
飛距離が200yとも言われています。

実際女子のツアープレーヤーの平均を見ると
ヘッドスピード約43m/s、
飛距離約250yといった数字もあります。

では、この差50yは一体、どこに消えてしまっているのか?
 

それはズバリ、
「力み」によるブレーキが、大きな原因です。

そして「力み」の要因は大きな勘違いからの
間違った動きがほとんどとなっています。

ご案内中のコレは、そんなあなたのスイングにおける
悲しい「勘違い」を確認して。。。

それを解消することを目的とし、
あなたといっしょに積み上げていきます。

もしまだ、あなたが一度もご覧になっていないのであれば、
ぜひ一度、確認してみて下さい。

決してあなたに、損はさせません。

こちらをクリック
 

失礼しました。では、本題に戻ります。

タッチを確定する極意

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf190331/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

タッチの要はスピードをイメージ

それは、ズバリ言って
打ち出すボールのスピードをイメージすることです。

誰でもゴミ箱にゴミを放り投げて入れようとするとき、
そこそこ上手く入れられたり入りそうな距離まで運べるものです。

そんなに練習しているわけではないのに、大外しにはなりません。

小脳がシミュレーションして
神経に伝達するべき必要な信号を決めてくれるので、
それに素直に従えばそれほど外れません。

道路を横断しようとしたとき、
車などの速さで安全に渡れそうかイメージで判断しますが、
そんなときに小脳が大活躍しています。

クリーンヒットさせてファーストバウンドをグリーンに落とし、
今のところからターゲットまでボールを運ぶための
ボール初速をイメージします。

落下地点の状況をできるだけ正確に判断して、
小脳が動きを予測できる状況でのショットにすることが
タッチのための要です。

ちなみに、ラフなどはタッチを合いにくくするペナルティとなっているので、
ラフに入れないこともタッチのためにはつきなみですが大切です。

具体的なタッチの出し方

ヒトの能力の使い方がわかったところで、
では実際にはどのように動けば良いのか見てみましょう。

必要なボール初速を出すためのヘッドスピードをイメージして、
そのヘッドスピードを出す素振りを行います。

そして、ヘッドスピードの調整は
セットアップでのスタンスの幅で行えば、
一番簡単で再現性が高くなります。

スタンスの幅を広くするほど股関節がたくさん入るので、
脚の可動域をより多く使えて振り幅が大きくなります。

スタンスの幅を変えながら素振りして
イメージに合致したヘッドスピードが出せるスタンスの幅を決めて、
本番ではそのスタンスの幅でセットアップに入れば良いです。

ただし、スタンスの幅に振り幅が連動して
ヘッドスピードが確定できるためには、
注意しなければならないことがあります。

それは、決めたスタンスの幅の中でしっかり脚を使い切ることと、
手で出来るだけ振りにいかないことです。

まずはバックスイングで、
できる限り手元を上にあげないようにしようとすれば良いです。

そのためには上半身では親指側に折れるコックだけは
自ら意識的に曲げる力を出しますが、その他は受ける力だけにします。

受ける力とは、脚の動きで体幹がターンすることに対して
ヘッドが置いていかれない程度のギリギリの力を出すことです。

ヘッドから遠いところから順番に動けば、
受ける力だけでの動きが簡単にできますからやってみましょう。

また、コックの入れ方としては、
力で入れようとすると入れすぎになったりします。

バックスイングでヘッドを振り出し後方へ真っ直ぐに
できるだけ低く出しながらフェースをボールに向けていようとすれば、
ちょうど良い具合にコックが入ります。

試しにヘッドを真っ直ぐに動かしながらバックスイングして
脚を使い切ったところで止めて、
下半身だけセットアップのポジションに戻してみます。

そうすると、上手くバックスイングできていれば、
コックだけが案外多く入っていることがわかります。

そして、バックスイングで右膝が伸びきるまで脚を使い切るまで
ヘッドを真っ直ぐに動かす意識にすれば、
振り幅に応じたちょうど良いコックが入ります。

ここで、右肘を力で曲げるなど、
コック以外で受ける力以上の力でクラブを上にあげようとしてしまうと、
スタンスの幅に連動した振り幅にならずタッチが合いません。

脚を使い切ったところで、それまでのヘッドの勢いで
右肘が押されて曲げさせられてトップとなる意識が
良いバックスイングにとって大切です。

また、スタンスの幅が腰の幅でのヘッドスピードよりも落としたい場合には、
スタンスの幅は腰の幅のままで動く速さを遅くすれば良いです。

ヘッドや体を動かす速さなら、小脳が大活躍してくれます。

スタンスの幅にヘッドスピードを連動させるとか、
動きの速度をイメージすることで、
セットアップでタッチを確定させましょう。

手では再現性を高くすることは難しい

手先などには多くの神経がいき渡り、脳の中でも広い領域に渡って
手のコントロールに関連する領域が存在します。

ところが、手に比べて脚は、筋肉量の多さに対して
それほど脳の中のコントロール領域が多いわけではありません。

このような生理学的な理由もあり、手に比べて脚はある意味不器用です。

え、不器用、ならば使わないほうが良いのではなんて言っていませんか。

しかし、不器用なほど同じ動きしかできないわけですから、
脚では逆に動きの自由度が少ないことになります。

そして、この動けるバリエーションが少ないことは欠点ではなく、
利点になります。

さらに、ゴルフのセットアップで骨盤を前傾させて
クラブを持った状態での下半身の動きを見てみると、
かなり決まりきった動きしかできません。

確かに、バックスイングで手なら
本当にいろいろなところにクラブを運ぶことができますが、
脚の動きだけだと動ける範囲はかなり限定されます。

そうなると脚のほうが手先を使うより再現性の高い動きができ、
しかも手先よりも力が強いので脚をできるだけ使った方がお得です。

多くの練習を積むなら、自由度が高い手先を使っても
再現性は高度に発達させることもできます。

しかし、ツアープロ並にはなかなか練習できません。
そうなると手先よりも脚を使って動く方が簡単です。

スタンスの幅は狭くても腰幅まで

腰の幅よりもスタンスを狭くしてしまうと
両脚でできる形は逆三角形となり、
通常のショットの形とは異なることになります。

そして、逆三角形の脚の形では、
バックスイングでは腰を振り出し方向である左へ
シフトさせなければなりません。

また、ダウンスイングからボールヒットにかけては
腰を振り出し後方である右側にシフトさせなければ
左脚で地面を縦に踏むことができません。

腰の幅のスタンスなら、バックスイングでは右脚を
いきなり地面に対して縦に伸ばせば、
右脚で地面をしっかり踏むことができます。

そのため腰の幅程度のスタンスの幅でショット練習を積み重ねることで、
右脚で地面を縦に押して伸ばす動きが小脳にプログラムされて
体は自動的に動くようになります。

そして、右脚がバックスイングで地面を縦に踏むことを覚えたなら、
スタンスを広げていっても右脚でまっすぐに地面を踏もうとします。

結果として右脚で地面を真っ直ぐに踏めるところまで、
腰は振り出し後方へ勝手にシフトしています。

これは、体重移動しようとしての結果ではなく、
右脚で地面を真っ直ぐに踏もうと本能的に動いた結果となります。

これなら腰の右への動きは過不足なく行われ、バックスイングでしっかり
右脚の動きで腰が右にターンし始めることができます。

同じことは、ボールヒットに向かうタイミングでも発生し、
ダウンスイング開始では一旦両脚で地面を踏もうとする形になります。

そして、一旦両脚で地面を踏めたところから
両脚でパワーを出し始めます。

両脚で地面を踏んだら次に左脚で地面を真っ直ぐに踏もうとして、
左脚で地面を真っ直ぐに踏めるところまで腰は振り出し方向である
左方向へ勝手にシフトしてきます。

このボールヒットに向かっての腰の左シフトは、
体重を移動しようとするのではありません。

左脚で地面を真っ直ぐに踏もうとすることで、
左に動きすぎて地面を縦に踏めないスウェイや、
左に動き足りないでやはり地面を縦に踏めないスピンアウトにもなりません。

このように通常ショットでの下半身の動きで
自動的に良い地面の踏み方ができるためにも、
腰幅のスタンスでしっかり左右の脚で地面を縦に踏む動きを覚えたいものです。

そして、脚を地面に対して縦に伸ばす動きで腰が勝手にターンして、
フィニッシュでは腰はフルターンさせることが
シンプルで再現性が高いショットのためには大切となります。

スタンスの幅や動きの速さのイメージというスイングを始める前に
確定できることを基にして、安定したタッチや方向性を手に入れて
ショートゲームを楽しみましょう。

小脳の驚くべきこと

そして、驚くことに小脳は大脳の大きさの5分の1ぐらいですが、
神経回路の数は5倍以上あります。

小脳の細胞数は銀河の星ほどもあり1000億個、
神経同士の結合数は一つの神経細胞を見ただけでも20万、
小脳全体では100兆と言ったオーダーの神経間結合が有ると言われます。

そんなにも想像を絶する数の神経やその結合があれば、
動きの予測も易々とできてしまうことが納得できます。

タッチにとっても、ヒトの体に備わった凄い能力が
使える状態にしてあげましょう。

追伸:これが最終案内となります…

私が主宰する「大森睦弘・脱力み飛ばし塾」
これで最終のご案内となります。

まだご覧になっていない方は、こちらからどうぞ。

続きはこちらをクリック
 

決してあなたに損はさせません。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

一般的には知れていないことですが…

コレは、超が付くほど有名なツアープロ達が
必ずといっていいほど導入している手法です。

この手法を導入している
プロのスウィングについても詳細に解説しています。

続きはコチラをクリック!

明日4/1(月)で公開終了

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, コック, スタンス, ビデオ, ヘッドスピード, 下半身, 再現性, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】タッチを確定する極意」への2件のフィードバック

  1. YAYASU

      有難うございました。正面と側面からのビデオは、とても理解しやすいです。今後もよろしくお願い申し上げます。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      タッチは、小脳の素晴らしい能力を使い切っているゴルファーが案外少ないので、もったいないです。しっかり小脳のイメージ力を活用して、能力の限界までのタッチを出しましょう。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。