フォローで左肘が引けるのを直すには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.04.30
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「フォローで左肘が引けるのを直すには?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

プロの流れるようなスウィングを見て、
「よし、自分も!」と思い
同じように振ってみたものの、

いざ、そのスウィングをビデオに撮って客観視してみると、
フォローで左ひじが引けていて
プロのそれと比べるとあまりにもかっこ悪かった。。。

あなたはそんな苦い経験をお持ちではありませんか?

今日はそんなあなたのためのレッスンです。

やはりアマチュアの方には多い

程度の差こそあれ、フォローで左肘が引けてしまうのは
アマチュアの方をよく見かけます。

では、その最大の原因は、一体何でしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

結論から先に言いますと、左肘が引ける最大の原因は

スウィング中にフェースが開いてしまうこと

にあります。

そのために軌道がアウトサイドインになり、
左肘の抜け道が無くなってしまうというわけです。

スウィング中にフェースを閉じて使うようにすれば、
肘の問題は修正できるのですが。。。

ハンディキャップの多い方にとっては、
最初はなかなか難しく感じるかもしれません。
 

そこで今日は、誰でもできる練習方法を
あなたにご紹介します。
 

まずは、
 

 1.クラブの代わりに、2メートルくらいの
   長い棒を持ってスウィングする。

 

この練習をすることによって、左肘が畳まれて
抜けていく感覚が自然と身に付きます。
 

次に、
 

 2.普通のクラブに持ち替えて、
   極端なくらいにインサイドアウトの素振り

 

この練習をする時には、
 

 ・グリップはできるだけソフトに握り

 ・手と腕の力を抜いて

 ・グリップと肘をやわらかく使うように意識
 

するようにしましょう。

そして、でき得る最大限の
インサイドアウト軌道をたどるように素振りをします。

最後にフェースコントロール

これが終わったら、ようやく
 

 3.フェースのコントロール
 

に入ります。
 

 ・テークバックとダウンスイングでは
  フェースが地面を向き

 ・トップではフェースが空を向くように
 

この点を意識するようにします。
 

以上が、誰でもできる3つの練習方法になります。
 

往々にして、この左肘が引ける動きは
程度の差こそあれ、頑固なケースが多いです。
 

しかしながら、今回ご紹介したドリルを根気よく
続けていけば、必ず直せます。

ですのでこの点は、信じて続けてみてください。
 

クラブの行きたい方向を邪魔しない
体の動きを身につける。。。

これこそが、左肘の引けを直す秘訣と言えるでしょう。
 

今日は平成最後の日ですが、
もし、この長期連休中にお時間のある方は
ぜひお試しください。

追伸:このメルマガ読者限定のご案内
(特別セミナー開催)

実は来月、ゴルフライブで私のセミナーを開催します。

 「江連忠のベン・ホーガン・スウィングセミナー」

一部の方だけにご案内していたのですが
メールマガジンの読者限定で特別にご案内します。

席数が残り少なくなっているようですので
今のうちに、下記よりチェックしておいて下さい。

コチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

先日からご案内している
『岡本啓司の痛みゼロ&飛ばしの方程式』

今だけもらえる4+1つの特別特典が
無料で手に入るのは、
本日までとなっています。

「平成最後のプレゼント」もご用意していますので
今すぐチェックしてください。

4+1つの特別特典付きで申し込む

コチラをクリック

本日4/30(火)まで

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, スイング, ビデオ, フォロー, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

フォローで左肘が引けるのを直すには?」への1件のフィードバック

  1. 福井正躬

    81歳の男 2mの竹竿と仲良くし令和を迎え5月9日のコンペを楽しみにしています。
                      平成31年4月30日
                                    福 井 正 躬

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。