ちょっと困った質問をいただきました…(汗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.06.27
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

さて、今日はこんな質問をいただいたいので
お答えしたいと思います。
 

 「アイアンは5番から入れていますが
  全て20~30度開いて打っています。

  距離は1番手落ちますが
  ソールを滑らせ気味に打つ方が安心感が有ります。

  この場合の注意点教えてください。」
 

うーん。。。今回はかなり
マニアックな感じの質問ですね。

これについては、

なぜ、開いて打つ必要があるのか?

この質問者様の場合
開いて打っているのに真っすぐ飛んでいる、
ということなんでしょうが

逆に言うと、正しく構えると左に行ってしまうから、
なんとか真っすぐ飛ぶように開いて打って
帳尻を合わせている。。。

という感じなんでしょうかね?
 

実際にどのような状況なのかがわからないので
なんとも言えないところではあります。
 

そして、
「この場合の注意点教えてください。」
ということなんですが、
 

ちょっと、申し上げにくいのですが。。。

どんなやり方であろうと、問題はない

毎回ちゃんとそれで納得のいく距離を
飛ばせているのであれば、
どんなやり方であろうと問題はないんです。
 
 

はい、ということで質問は以上です。
  

 ・
 

 ・
 

 ・
 
 

。。。という感じで終わらてしまうのは
せっかくご質問いただいたのにアレなので(笑)
 

ほんの少しだけ踏み込んで、考えてみたいと思います。
 

もし、本当にフェースを20~30度開かないと
真っすぐ飛ばないのであれば、
 

 そもそも、そのクラブが合っていないのでは!?
 

もし、クラブが合っていないのであれば
「そのクラブを使い続けて良いのか?」
ということも、考えなければいけないですよね。
 

ただ、この「フェースを開く」ことについて、
質問者様としては特にこのやり方がおかしいとは
自分で思っていないのであれば。。。

ご本人がそのやり方で満足されているわけですから、
私のほうからは、何も言うことはありません。
 

ですがもし、どこかでレッスンを受けた際や、
ゴルフで仲間などに「その打ち方おかしいよ」と言われ、
不安になって私に質問してきてくださったのであれば。。。
 

 「やっぱり正しいセットアップじゃないので
  そこは直したほうがいいかもしれませんね。」

 

そんなふうに言わせていただかざるを得ないと思います。

(もしこの質問者様がゴルフパフォーマンスに
 レッスンに来て下さっている方なら、なおさらです)

推測でしかないのですが、やはり…

しかも「20~30度開く」と言っておられるわけですが、
20~30度は、結構フェースを開いた状態です。
 

しかも、アイアンの全てのクラブでというのは。。。
 

推測でしかないのですが、やはりこの方は
正しいアドレスで打つと左に飛んでいってしまうから、

開いて打って、なんとか真っすぐに
打っているのではないでしょうか?
 

そうするとやはりボールは上に行ってしまうので
本人が言うように距離が出ないのはしかたがありません。
 

常にサンドウェッジでロブショット打ってるのと
同じ感じになってしまっているわけですから。。。

それはとてももったいないですよね。
 

もちろん、インパクトで正しいところに戻ってくるなら
ロフトなりの弾道になるのかもしれませんが、

イマイチ飛んでないということはやはり
ロブショットといっしょになってる感じが否めません。
 

ということで、最終的な結論を言えば、

20~30度開いて打つのが「正しいかどうか?」と言われれば
疑問は残りますけれど、そこは本人の満足次第次第、
ということになります(繰り返しになりますが)。
 

そして、この質問者様は真っすぐ飛ばすために
苦肉の策でこうやって打っているのでしょうけれど、

要はその幅に再現性があって、そこそこの距離が
狙った場所に打てていて、スコアもまあまあなら
それも選択肢の一つではあるかもしれない。
 

ただ、どこか心の片隅に、今よりもっとゴルフのレベルを上げたい、
その為に何か実践したい、と思っているのであれば。。。

そのフェースを開く打ち方は
クエッションと言わざるを得ないかもしれません。
 

今日は、クラブの話からは
ちょっとだけ離れた話になってしまいましたが、
たまにはこういうのもいいですかね。

「チーム徳嵩」フィッティング

今回に話題は、ちょっとだけ特殊なご質問でしたが、
あなたに最適のクラブを提案させていただく
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」では。。。
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

させていただいています。
 

枠数が少ないのですが、
少しだけご用意することが可能です。

詳細はコチラをクリック!
 

東京千葉大阪
各3店舗でお申込みいただけます。

しかしながら、こちらからのお申込みで予約確定ではなく
後日担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。
(必ずご連絡は行きますので、ご安心ください)
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

今、自分の飛距離に満足してないゴルファーへ…

これからゴルフで結果を出したいと考えているなら、
まずはコレを実践することをお勧めします。

ゴルフは難しいスポーツだからこそ
考えることを減らした方が絶対に上手になります。

コレさえやれば、結果が出るという方法です。

1つのことだけをやる覚悟

詳細はコチラをクリック!

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アイアン, アドレス, サンドウェッジ, セットアップ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。