正しい前傾を身に付ける簡単な○○ドリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.07.25
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

本日ご紹介するドリルは、
もしかしたらあなたの飛距離アップに
革命的な練習ドリルかもしれません。

ドライバーの方向性を良くするために。
格好いいスイングを身につけるために。
飛距離を伸ばすために。

このドリルは、
とっても役に立つでしょう。

急にドライバーが
右に飛び出すようになったり、
球が上がらなくなった時に、

このドリルで正しい
ドライバーの感覚を取り戻すことで
一気に方向性や弾道が改善
されるかもしれません。

 「今日のドライバーは
  調子がすこし悪いなぁ…」

そんな風に悩んだ時に、
たった5分だけでもいいので
実践してみてください。

たった数回スイングしただけでも、
あなたのドライバーの悩みは吹き飛び
気持ちよく飛ばせるようになるでしょう。

では、一体、
その「ドライバーの感覚」を取り戻す
簡単なドリルとはなんなのか?

この動画から
今すぐ確認してください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



ドライバーをまっすぐ
遠くに飛ばすためには「前傾」を
崩さないことがとても重要です。

アドレスの前傾が崩れて
上体が起き上がってしまったり、
頭が上下左右動いてしまうと

インパクトで
フェースが開いてスライスしたり、、、

ダフったりトップして
球が上がらなかったり、、、

飛距離を大きくロスしたり、
林に打ち込んだりOBしてスコアを
大きく損する原因にもなります。

と言っても、確認するのがなかなか
難しいのが前傾というもの。

普段スイングをしていて、
「あ、前傾が崩れたな」と自力で
気付ける人はとても少ないはずです。

とはいえ、
全身が映る姿見の前でドライバーショットを
打つ機会なんて滅多にありませんし、

もしあったとしても、
スイング中に常に、鏡で自分の前傾を
確認しながらスイングするのも
とても難しいはずです。

さらに言ってしまえば、
自分一人で、自分のスイングをビデオに収め
都度ビデオをチェックしながらスイング
練習をすることも手間だと思います。

そこで、手軽に、
前傾を崩さずにスイングできているか
確認できるのがこのドリルです。

ドライバーショットの直前に、
たった10回すイングするだけでも
感覚をつかめる

とっても効果の高いドリルですので
ぜひ覚えておいてくださいね。

服部コースケ




<本日のオススメ>

私の飛距離アッププログラム
「マスタードライブプログラム」が

ゴルフライブ
夏のボーナスキャンペーンとして
期間限定で公開中とのことです!

このプログラムは3ヶ月以内に
70代以上の飛距離に悩むゴルファーへ
250yのビッグドライブを手に入れていただく
とても人気なプログラムです。

同世代からコツを教えてとせがまれるような
とにかく飛ぶドライバーショットを手にしたいと思うなら
こちらのページをご覧ください。

https://g-live.info/click/masterdrive2007/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

正しい前傾を身に付ける簡単な○○ドリル」への1件のフィードバック

  1. やっちゃん

      服部先生有難うございました。とてもシンプルで今からミラーの前で実行します。
     左右の手の位置を確認しながら10回は繰り返します。来月のコンペに役立ちますね。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。