ドライバーのリバウンド、意識してますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.11.07
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

リバウンド。

もちろん、ダイエットの話ではなく、
ドライバーショットの話です。

ダイエットで起こるリバウンドには、
良いイメージをお持ちでないと思いますが、

ドライバーショットのリバウンドは、
ぜひあなたにも取り入れていただきたい
飛距離アップの要素の1つです。

とはいえ、リバウンドという現象自体、
あまり馴染みのない方が多いかもしれません。

「ドライバーショットのリバウンドって何!」

もしあなたが今、
こんなことを心のなかで叫んだとしても大丈夫。

リバウンドという名称は知らなくても、
きっとテレビで見たことあると思いますし、
自然とやってしまっている方もいるかもしれません。

もし本当に知らなくても、
今日私が動画でお伝えする内容を、
しっかりと頭の中に入れていただいて、

次にドライバーでボールを打つ機会、
練習場やコースでは「リバウンド」を意識して
スイングしていってくださいね。

それでは、本日のレッスン、
ドライバースイングのリバウンドについて
こちらから動画をご覧ください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら



リバウンドとは、
英語で「跳ね返る」という意味。

ドライバーショット後に、
フィニッシュで跳ね返ったクラブが
自然と身体の正面に戻ってくる現象を
リバウンドというわけなのですが、

このリバウンドが起こるということは、
スイング時の力みが取れている証拠です。

スイングが力んでいたら、
フィニッシュで跳ね返ろうにも
クラブは戻ってきませんからね。

腕をしなやかに、
そして、ローテーションが上手く使えると、
上半身と下半身の捻転差が大きくなって、

フィニッシュの強いねじれに身体が絶えられず、
クラブが身体の正面に戻ってくるというカラクリです。

この動きが自然に起これば、
あなたのドライバーショットはもう完璧です。

事実、

石川遼選手やローリー・マキロイ選手など、
世界中のトップアスリートのドライバーショットでも、
このリバウンド見ることができるはずです。

ぜひ、あなたも自然とリバウンドできるように
ドライバーショットの練習をしてみてください。

服部コースケ




追伸:

Q1. あなたは50歳以上ですか?
Q2. 飛距離アップのために1日1分
  必ず時間を作って練習する覚悟がありますか?
 

もしあなたがこの2つの質問に対して
「YES」と答えるのであれば、、、

私が作ったこのプログラムで、
若い頃を上回る飛距離を
手に入れられることでしょう。


https://g-live.info/click/hattori/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

ドライバーのリバウンド、意識してますか?」への2件のフィードバック

  1. kitaさん

    ドライバーのリバウンドの意味は分かりました。プロのプレイでは良く見ますが、今まで意識していませんでした。むしろ、フィニッシュで数秒間止まることが大事だ思って、ふらつかないように意識しています。そのこととの兼ね合いはどう考えたらよいでしょうか?ご指導のほどよろしくお願いします。

    返信
  2. みむちゃん

    いつもながらの服部プロのご指導、感心、納得です。最近「ビデオ」多いのでありがたいです。とても解りやすいです。有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。